Grüss Gott! ようこそ

「オペレッタにはまっている男」ことFeriのブログ「オーストリアこぼれ話」へようこそ notes

このブログは、2004年秋から、ウィーンを中心にオーストリアに関連する話題を扱っています。オペレッタやオペラといった音楽の話題から、街角で見かけた(現地の方もあまり知らない)話題まで、幅広い内容を camera 写真入りお届けしています。

当ブログの記事は、お陰様で2600件を越えました。「過去の記事」をお探し場合、左下にある「Categories」で、ご興味のあるジャンルを選択すると、カテゴリー毎に記事を絞り込むことができます。どうぞご利用ください。また、会場や公演情報といった継続的にご利用いただける情報については、Austria-fan.comさんにお願いして、情報を掲載してもらっています。合わせてそちらもご覧いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

|

January 27, 2015

Feriの朝食

Img_2014_05_3687_001


さて、今日は「朝食の話題」をお届けしましょう。

ホテルに滞在している時代は、「定番の朝食」だったのですが、アパートで生活をするようになってから、朝食のパターンが変わりました。

一番、変わったのは、ブロートでしょうか。特にキッチンにオーブンがあるので、「半生のブロート」をスーパーマーケットで買ってきて、朝、これを焼くようになりました。種類によって時間は異なりますが、おおむね8分程度で焼き上がります。

ベッカライなどに毎朝、買いに行けば、焼き立てのセンメルを食べることができますが、横着なFeriは、アパートで焼く方を選んでいます。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 26, 2015

これは大変 軌道に何が?

Img_2014_12_9274_001

早いもので、1月も最終週に突入しましたね。年齢を重ねると1年の流れが速く感じると言いますが、本当に、その通りです。ところで、ウィーンでは24日夜から25日にかけ雪が降りました。

さて、今日は「路面電車の話題」をお届けしましょう。

先日、所用があって旧市街に出た折、帰りに国会議事堂前を歩いていたら、リンクの走る内回りの線路沿いにWiener Linienの係員が2名、待機していました。電車がやってくる前、停留所で見ていると、線路の様子を観察しています。

どうやら、線路に何らかの不具合が発生しており、安全に電車が通過できるように監視しているようでした。
電車が通っていない時は、線路の上を足で確認しているところをみると、軌道が陥没した、軌道にヒビが入った、起動が歪んだといった可能性があります。

ちなみに、この時は路面電車では非常に珍しい「臨時速度制限標識」が徐行箇所に設置されていました。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 25, 2015

Lungauringとは?(動画付き)

Img_2014_08_4989_001

今日は「冬のアウトドアレジャーにまつわる話題」をお届けしましょう。

オーストリアではウィンタースポーツと言えば、スキーやスノーボードなどが中心で、各地にスキー場が開設されています。

その昔、一度、オーストリアでスキーをやりたかったFeriですが、諸般の事情があって、結局、未だに実現できていません。

さて、Feriが夏に訪れているSalzburg州Lungauにもスキー場が多数、存在します。そんなLungauですが、実は麓の平地で、夏に写真のような看板を見つけました。名称は「Lungauring」。ズバリ「冬季限定の雪上サーキット場」です。

場所はSt.Michaelですが、地図を見ると、夏にフリューゲルフェストを開催しているフルークプラッツの先にあるようです(フリューゲルフェストの模様は2011年9月の記事ご覧ください)。結構、広大なエリアですが、夏は牧草地になっているようです。ちなみに右隣にはゴルフクラブがあります。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 24, 2015

バイク便専用特殊バイク

Img_2014_10_7568_001

今日は「乗り物の話題」をお届けしましょう。

ウィーン市内は狭い道も多いので、バイク便が結構、活躍しているようです。日本でも書類などは、通常の自転車で運んでいるケースが多いようですが、ちょっと大きな荷物になると通常の自転車では対応が難しくなります。日本の宅配便業者さんは、カートのような手押し車を使っているところもあるようですね。

先日、アパートの近くで写真のようなちょっと変わった形のバイクを見かけました。荷物の運搬に特化したバイクです。

通常、この手のバイクでは荷台がオープンタイプのものが多いのですが、これはコンテナのような箱を搭載しており、雨が降っても大丈夫な仕様です。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 23, 2015

謎のピクトグラムシリーズ KURPARK OBERLAA編

Img_2348_001

1月14日から26日まで、アン・ディア・ウィーン劇場でグルベローヴァさんが出演するベルリーニ作曲のオペラ「La Straniera」が上演されています。

グルベローヴァ・ファンのFeriですから、当然、観に行っているとお考えの方も多いと思いますが、今回は諸般の事情でパス‥ という訳で観劇レポートはございません。ご了承ください。新しい演目だったので観たかったのですが‥

また、今日、1月23日から恒例となっているウィーン市庁舎前の「Wiener Eistraum 2015」が始まります。今年は3月8日までの営業予定ですが、ちょっと気温が高めなので、リンクの維持が大変そうです。

Img_2340_001a

さて、今日は久しぶりに「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

現在、地下鉄U1の延伸工事が進むOBERLAA周辺ですが、今日は「KURPARK OBERLAA」で見つけたピクトグラムです。

ご存じの方も多いと思いますが、KURPARK OBERLAAはかつて路面電車67系統の終点があった場所に隣接する温泉施設Termalhalleが有名ですが、1974年に完成したKURPARK OBERLAAは850000平方メートルの敷地面積を誇る広大な公園で、温泉施設は、その一部です。

公園と言えば、当然、各種の注意があるのでピクトグラムの出番です。写真は園内の案内図ですが、ご覧のようにピクトグラムが沢山描かれています。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 22, 2015

中央駅周辺の再開発工事が本格化しました

Img_2014_12_9701_001

今日は、昨年12月に本格営業を開始した「ウィーン中央駅周辺の話題」をお伝えしましょう。

このブログでも、何回か取り上げていますが、ウィーン中央駅に関するプロジェクトは駅施設の建設や交通網の整備だけでなく、周辺部の再開発も含めた大規模なものです。

Wien HauptBahnhofの完成を受けて、周辺部の再開発事業が本格的にスタートしています。工事現場に一般人は入ることはできませんが、2014年12月で営業を終了した展望タワーbahnoramaからは、再開発エリアの工事状況を見学することができました。

2014年12月に登った時には、以前は見かけなかったアパートなども姿を現していました。ちなみにトップの写真は、建設が進むアパートです。また、2枚目は、すでにオープンしているÖBB本社裏の状況です。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 21, 2015

謎のゴミ箱“BigBelly Solar”

Img_2014_08_4744_001

今日は「一風変わったゴミ箱」のご紹介です。

どこの国でもゴミ処理に関しては色々と問題がありますね。量が増えるとゴミの回収も時間がかかります。そう言えば、ウィーン市内では、いつもゴミ収集車が走っているような気がします。

さて、以前、SalzburgにあるRedBullの博物館「ハンガー7」を訪れた際、駐車場で一風変わったゴミ箱を見つけました。

ポイントは上部についているソーラーパネルです。正直、Feriは、最初、このソーラーパネルで発生する電力を何に使うのかが全くわかりませんでした。

単純に発電して、売電するにしては、パネルの規模が小さすぎます。では、ゴミ箱に電力を供給して何をするのか‥まったく予測がつきませんでした。

残飯に代表される生ゴミでしたら、コンポストにするための特殊ゴミ箱という見方もできますが、如何せん、公共の場所に設置してある汎用ゴミ箱ですから、その可能性はゼロ‥

頼りは、ゴミ箱に書かれていた「BigBelly」という商品名です。このテーマは、しばらく忘れていたのですが、デジタル写真を整理しているうちに、たまたま出てきて、思い出しました。

» Continue reading

| | Comments (2)

January 20, 2015

Mannergarageができました

Image_99061_40934

今日は「ガレージの話題」をお届けしましょう。

ウィーンの街を歩いていると、路上の駐車スペースが充実していると同時に、建物内や地下の駐車場(ガレージ)が意外と多いのに気づきます。それでも、街中は車であふれていますが‥

Feriはウィーン市内では自動車を運転しないので、ガレージを使うことは全くありませんが、ドライバーの皆さんにとっては、車の駐車場所は大きな問題です。

ウィーンの場合、伝統的な建物が多いため、中心部では地下駐車場が多いようですが、郊外では再開発に合わせて駅周辺などに大規模な立体駐車場を建設することもあるようです。

駅に隣接した駐車場は、いわゆる「P+R」(park and ride)に対応したものですね。

» Continue reading

| | Comments (0)

January 19, 2015

食堂車の思い出、そして今は‥(下)

373_7340_001

今日も昨日に引き続き「食堂車の思い出話と“今”」をご紹介しましょう。

ÖBBでも、RailJetの前身にあたる4010系特急電車にも食堂車または半室食堂車(Halbspeisewagen)が連結されていました。

食堂車の座席は、通路を挟んで2人席と4人席です。Feriは、何回か4010系使用のICに乗車していますが、残念ながら時間帯が悪かったため、食堂車で食事を楽しんだ経験はありません。ビアは飲んだことはありますが‥ 

比較的古い電車なので、昨日のトップ写真のように、車内のデザインも落ち着いており、なかなか良い雰囲気でした。

なお、4010系については、車両の引退前、1990年代に入ってから食堂車の連結が中止されたようです。そして2008年には運用が終了しています。

また、ÖBBの食堂車(客車)は、テーブルの上に丸いシェードが付いたランプが置かれているのが特徴でした。そのため、夕方から夜にかけて表から食堂車を見ると、そのランプが良い雰囲気を醸し出していました。

» Continue reading

| | Comments (4)

January 18, 2015

食堂車の思い出、そして今は‥(上)

1994_12_25

今日は「鉄道の食堂車にまつわるお話」です。

昨年(2014年)、9月、ドイツ遠征の際、久しぶりに食堂車(Speisewagen)を利用して、色々と思い出したことがありますので、「食堂車の思い出話と“今”」を2回に分けてご紹介しましょう。トップの写真は、今は無きÖBBの特急電車4010系の食堂車車内です。

今の日本では、JRでも食事を目的とした列車、イベント列車以外では食堂車が連結されている列車が極端に少なくなりましたね。

ヨーロッパでも以前は長距離を走る特急列車には、国内運行の列車でも必ず食堂車が連結されていましたが、最近では、ご多分に漏れず、連結される列車が少なくなる傾向があります(トップの写真は、今は無きÖBB4010系電車の食堂車車内です)。

ÖBBの場合、国内路線ではRailJetには半室食堂車が連結されていますが、客車を使う国内ICには食堂車は連結されなくなりました。また、ドイツから乗り入れてくるICE-Tには食堂車が連結されていますが、メニューなどは昔に比べるとずいぶん簡素化されています。

Feriが30年前にはじめてヨーロッパに来たときは、まだまだ食堂車全盛時代。しかも、列車(というか国)によっては、かなり気合いの入った営業をしていました。

» Continue reading

| | Comments (4)

«番外編 阪神・淡路大震災から20年