Grüss Gott! ようこそ

「オペレッタにはまっている男」ことFeriのブログ「オーストリアこぼれ話」へようこそ notes

このブログは、2004年秋から、ウィーンを中心にオーストリアに関連する話題を扱っています。オペレッタやオペラといった音楽の話題から、街角で見かけた(現地の方もあまり知らない)話題まで、幅広い内容を camera 写真入りお届けしています。

当ブログの記事は、お陰様で2600件を越えました。「過去の記事」をお探し場合、左下にある「Categories」で、ご興味のあるジャンルを選択すると、カテゴリー毎に記事を絞り込むことができます。どうぞご利用ください。また、会場や公演情報といった継続的にご利用いただける情報については、Austria-fan.comさんにお願いして、情報を掲載してもらっています。合わせてそちらもご覧いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

|

September 19, 2014

ウィーン路面電車博物館がremiseとして新装オープン

Img_2014_09_5860_001

今週末、ウィーンではイベントが目白押しです。先日、ご紹介した「Mistfest」の他、20日にはHeldenplatzで「Tag des SPORTS」というスポーツイベントが大々的に開催されます。

さらに21日には「Velothon vienna2014」が開催されますが、Schottentor-Schwarzenbergplatz間のリンクが路面電車も含めて一部、通行止めになるため、観光客の皆さま、ご注意ください。

さて、先日、オープニングフェスティバルの予告を行ったウィーン路面電車博物館(Wiener Strassenbahn Museum)改め「Verkehrsmuseum der Wiener Linien」(交通博物館)が9月17日から正式に営業を始めました。

さっそく、Feriも訪ねてきたので、その様子をお伝えしましょう。「Verkehrsmuseum der Wiener Linien」には「remise」という愛称がついています。

Remiseに到着したところ、博物館の外観は、従来の古い車庫を転用した路面電車博物館時代と全く同じで一安心。

以前、倉庫だった左側の建物がエントランスホールになっており、ここがミュージアムショップを兼ねていました。気になる入場料は大人6Euroです(このほかに各種の割引料金も設定されています)。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 18, 2014

立派な犬小屋

Img_2014_08_5026_001

今日は「ペットの話題」をお伝えしましょう。

オーストリアにも犬派と猫派がいらっしゃるようですが、どちらの方が多いのかは、残念ながらFeriにはわかりません。

犬は散歩という形で表に出てくることが多いので、街中でもよく見かけますが、猫は表に出てきても活動時間が違いますからね‥

さて、犬ですが、ウィーンではアパートで飼っている愛犬家も多いようですが、地方になると、敷地にゆとりがある上に、大型犬が中心なので、屋外で飼っているケースも多いようです。

さて、冒頭の写真は、今夏、シュタイヤマルク州で見かけた立派な犬小屋です。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 17, 2014

これが本当の「お役所仕事」?

Img_2230_001

今日は「お役所の営業時間の話題」をお届けしましょう。

日本では、「お役所仕事」と言うと「形式主義に流れ、不親切で非能率的な役所の仕事振りを非難していう語」という意味で使われるケースが多いようですね。

ところで、オーストリアは「公務員天国」と言われるように、公務員が非常に優遇されています。それにもかかわらず、公立学校の先生が「待遇改善」を要求してデモを行うことも‥という訳で「お役所仕事」は、今の日本よりもオーストリアにピッタリの言葉かもしれません。

さて、今日、ご紹介するのはLungauの某町で見かけた「市役所の営業時間」のご案内です。ちなみに冒頭の写真ですが、左側の立派な建物が市庁舎、右の青い建物は銀行です。

なお、今回、営業時間の看板は、愛する街を辱めるつもりはないので、街の名前はぼかしてあります。とは言っても、わかる人には、すぐにバレてしましますが‥

-Montag(月曜日):8時00分~12時00分/14時00分~18時00分

» Continue reading

| | Comments (2)

September 16, 2014

田舎の駅ナカ

Img_2014_08_5469_001

今日は「駅に付帯した商業施設の話題」をお届けしましょう。

日本ではJRを中心に「駅ナカ」が大繁盛だそうですが、こちらでもウィーンではBahnhofCityという駅付属の商業施設建設が盛んに行われています。日本のように改札口の中と外という概念がないので、実質、駅ナカみたいなものですが‥

これは地方のHauptbahnhof(中央駅)でも似たような傾向が見られますが、ウィーンほど大規模な開発は進んでいないようです。

さて、先日、開業120周年を迎えるムールタールバーンの話題をお伝えしましたが、とにかく地方のローカル線ですから、あらゆる機会を使って収入増加と経費削減を図っています。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 15, 2014

変わった湖上射撃大会“Wasserscheiben Schießen”

Img_2014_08_5348_001

今日は「湖上射撃大会の話題」をお届けしましょう。

日本よりも狩猟が盛んなオーストリアでは、時々、射撃大会も開催されます。その中で、ちょっと変わった湖上射撃大会がLungauで行われています。

この射撃大会はプレーバーゼー(Prebersee)で行われているのですが、湖畔にある小屋が射撃地点になっており、ここから湖を挟んだ反対側にある的に銃弾を撃ち込むものです。しかし、これだけだったら、通常の射撃と同じ。

何が違うかと言うと、実は直接、的に当てるのではなく、一旦、湖面に銃弾を反射させて、的に当てるという競技なのです。つまり跳弾を活用した競技ということになります(Wasserscheiben Schießenと言うそうです)。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 14, 2014

三角形のワゴン型屋台

Img_2014_08_5265_001

今日はフェストで見かけた「物販屋台のお話」です。

日本でもお祭りになると、必ずテキ屋と呼ばれる露天商が出店しますね。その中には子供さん向けのおもちゃなどを販売するテキ屋もあると思います。

さて、こちらでも子供さんが来場するフェストでは、お菓子やおもちゃなどを販売する屋台(テキ屋とは言いませんが…)が出店することが多いようです。その最大のものは、クリスマス市ですが‥

日本のテキ屋も、旅回りが商圏ですが、こちらでも車で各地のフェストを回って出店している業者さんが多いようです。

日本では、その都度、屋台を組み立てているケースが多いですが、こちらでは車両になっている屋台を利用するケースもあります。屋台の車両を牽引して会場へ移動するので、設営の手間が省ける‥という訳です。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 13, 2014

最近増えたRastplatz

Img_2014_08_5670_001_2

今日は「高速道路にまつわる話題」をお届けしましょう。

日本でも高速道路のサービスエリアやパーキングエリアは、最近、充実しているようですが、こちらオーストリアでも変化が起きています。

以前、アウトバーンにはガススタンドやレストラン、一部はホテルなどがあるRaststationen(レストステーション)と、簡単なトイレだけがあるParkplatz(駐車場)が設けられていました。

ところが最近、増えてきたのがガススタンドやレストランなどがなく、化粧室と無料の休憩施設を設けたRastplatzという施設です。一部ですが、化粧室内にシャワー設備を設けているところもあります。

従来の側道にあった駐車場を拡張した上で、近代的にしたような施設ですが、日本のコンビニエンスストアのようなショップも設置されているRastplatzもあります。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 12, 2014

地方のゴミ回収車は‥

Img_2014_08_5660_001

今日は久しぶりに「ゴミ回収の話題」をお届けしましょう。

オーストリアでは、基本的に地方でもゴミの回収方法はウィーンなどと同じだそうです。ただ、自治体によって細かい違いはあるようですが‥

先日、Lungauで、朝、ゴミ回収車を見かけました。各戸を回ってゴミを回収しているようです。ちょっと遠かったので、写真に撮影して、後で確認したところ、ウィーンなどで見かける通常のゴミ回収車とほぼ同じ仕様のようです。

直接、係員がゴミを投げ込む方式ではなく、ゴミ箱を車体後部の機具にセットして、大きくひっくり返す形で、ゴミを取り込む方式です。もちろん大きさは異なりますが、ゴミの回収システムは一緒ですね。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 11, 2014

牛さんが山から戻ってくる季節になりました

Img_2014_08_5401_001

今日は「放牧場の話題」をお届けしましょう。

ご存じの方も多いと思いますが、オーストリアでは夏の間、畜産農家は、所有している牛を山の放牧場で放し飼いにしています。完全な自然生育ですね。

そして、9月の上旬、放牧場から花で飾られ、カウベルをならしながら麓の農家に戻ってくるパレード(Almabtrieb、アルムアルプトリープ)と村祭り(Hoffest)が大々的に行われます。オーストリアの「秋の風物詩」と言っても良いでしょう。

ちなみにLungauでは、今年は、 St. Michaelで9月20日に行われるそうです。FeriがLungauで定宿にしているホテルは、畜産が本業ですからFeriが「Almabtriebを見にいくよ」と連絡したら、自慢の牛が出てくることもあり、女将さんが大歓迎してくれると思います。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 10, 2014

今日で10周年 「オーストリアこぼれ話」

Img_2004_09_8710_001

今日、9月10日は、2004年にブログ「オーストリアこぼれ話」を開設した日です。という訳で、10周年を迎えました。

最初は週1回の更新だったのですが、途中から、ほぼ毎日更新に切り替えたこともあり、今までにご紹介した話題は3000近くになっています。

時々、「番外編」が入っているので、純粋に「オーストリアの話題」ばかりではありませんが、Feri自身も「よく続いたもの‥」と思います。これも、皆さまの温かい励ましのお陰ですが、10年間、コンスタントに更新を続けているブログは少ないようですね。

ちなみに第1回の話題は、Feriのホームグラウンドになった「フォルクスオーパーの100周年記念ガラコンサート」の話題でした(第1回の記事はこちらから)。

ちなみに、この「ガラコサート」は第2部では、オペレッタの名曲も演奏されましたが、レハールの「メリーウィドウ」からは「ハンナ登場の歌」が選ばれ、中嶋彰子さんがハンナ役を演じました。そう、当時は中嶋彰子さんがアンサンブルで活躍していたのですよね。

» Continue reading

| | Comments (5)

«府中の高校生がHernalsを訪問