« オーストリア航空の機内で見つけたシュターツオパー | Main | 三位一体教会 »

October 07, 2004

E-boot発進

オーストリアは湖の多い国です。ザルツカンマーグートの各湖をはじめ、ノイジードラーゼーなど、大小さまざまな湖があります。
日本のように大規模な開発をしているところが少ないので、自然が残っているところも魅力です。とは行っても、湖ですから、水上レジャーが盛んです。ヴァッサ-スキー(水上スキー)を始め、最近ではパラセーリングも多くなったようです。

その中で、各湖で必ずといっていいほど見かける「乗り物」がE-bootです。U-bootではありませんし、その仲間でもありません。E-bootとは、ズバリ、バッテリーと電動モーターで動く「電気ボート」です。電動モーターなので、アクセルを強く踏んでも、スピードはあまり出ず、初心者にも安心して乗ることができます。事実、動力付きながら「免許なし」で乗ることができます。貸しボート屋さんが持っていることが多く、「手漕ぎや足漕ぎのボートは、ちょっと疲れそう…」という軟弱なお客様がよく利用しています。そういう私も、以前、友人夫婦とオーストリアで落ち合った際、ウォルフガングゼーでE-bootを借りて楽しい一時を過ごしました。たしかに、ガソリンエンジンを使うわけ出はないので、音も静か(本当に音がしません)ですし、公害の問題もない、ある意味、「オーストリア的なレジャーボート」かもしれません。

今年の夏、久しぶりに「ザルツカンマーグートの真珠」と言われるゴーサウゼーへ行ったのですが、人工的な音がほとんどしない静かな湖を、静かに進むE-bootに、その良さを再び実感しました。最近は、一人で乗ってもおもしろくないので、ご無沙汰ですが…

えっ、なんで、E-bootなのかって。それは、「電気」の頭文字からとっているようです。

当時、一緒にE-bootに乗ったSさんご夫婦、次はお子様と一緒にオーストリアの湖で、E-boot体験はいかがですか

|

« オーストリア航空の機内で見つけたシュターツオパー | Main | 三位一体教会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference E-boot発進:

« オーストリア航空の機内で見つけたシュターツオパー | Main | 三位一体教会 »