« 不思議な機械…その実態は? | Main | 「夏休み」の出来事 »

November 22, 2004

KTMは「豪のメーカー」ではありません

1992_08_01.jpg


今日はモーターサイクルのお話です。
オーストリアは、一般的に工業国ではないというイメージがありますが、1934年設立のオーストリアでは歴史あるモーターサイクル・メーカーにKTM(KTM-Sportmotorcycle AG)という会社があります。
私はモーターサイクルには縁がないので、詳しくはありませんが、オフロードバイクの世界では有名な会社です。本社はザルツブルクに近いMattighofenという町にあり、日本法人も設立されています(KTM-Sportmotorcycle Japan K.K 東京都目黒区上目黒にあるようです)。50ccクラスのモーターサイクルも発売していますが、さすがに日本では、あまり見ることはありません。

さて、先日、日本で、同社のリコールが報道されました。自動車やバイクのリコールは、珍しくありませんし、輸入車では、比較的多く見かけます。
ところが、某有名経済紙(これで、わかってしまいますよね)の記事に、「豪バイクメーカーKTMリコール」という見出しが…
“おい、おい、ちゃうだろう!” 実際、私もオーストリアに詳しくない知人に旅行の話をすると、必ず、「カンガルー」が生息する方のオーストラリアだと勘違いしている人がいます。

そういえば、ウィーンの土産物店では、自虐的?にカンガルーに「×マーク」を付けたTシャツとは売っていますよね。
ウィーンやザルツブルクは有名ですが、オーストリアという国自体は、まだまだ知名度が低いようです。

ところで、余談ですが、日本では鉄道模型メーカーでKTMという略称を使っている会社があります。
こちらも老舗のメーカーさんで、正式名称はカツミと言います。

写真はオーストリアの地方都市で見かけたKTMのバイクです。

|

« 不思議な機械…その実態は? | Main | 「夏休み」の出来事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KTMは「豪のメーカー」ではありません:

« 不思議な機械…その実態は? | Main | 「夏休み」の出来事 »