« 西洋なし | Main | “地ビア”万歳 »

November 28, 2004

エディタ・グルヴェローバさんのドナ・アンナがウィーンで実現

今年のウィーン国立歌劇場来日公演は、台風が来るは、地震が起こるはで、来日された歌手、楽団員をはじめとする皆様は、さぞかし驚かれたと思います。でも、次も来てくださいね。さて、

2005年1月にウィーンシュタットオパーで上演される「ドン・ジョヴァンニ」に、エディタ・グルヴェローバさんが出演することが決まったようです(役はドナ・アンナです)。
指揮は、小澤征爾さんが予定されており、来日公演の再演(トーマス・ハンプソンさんは出ませんが)となります。私は、小澤征爾さん指揮のモーツァルトをウィーンで聴いたことがありませんので、何もコメントできませんが、現地でどのような評価が下されるか、興味深いところです。

あいにく、私は現地には行けませんが…

ご存じのようにエディタ・グルヴェローバさんの、2004/2005年シーズン最大のハイライトはシュタットオパーの「ノルマ」上演でしょう。

|

« 西洋なし | Main | “地ビア”万歳 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エディタ・グルヴェローバさんのドナ・アンナがウィーンで実現:

« 西洋なし | Main | “地ビア”万歳 »