« 「鉄道博物館」、その実態は… | Main | お昼休みあれこれ »

November 02, 2004

自宅にある「本物のステファン・ドーム」

img_8187b.jpg


私の自宅には、本物のステファン・ドームがあります。「本当?」「嘘だろう!」と思う方が多いと思いますが、これは事実です。というわけで、今日は、このお話です。

ウィーンを訪問した方は、必ず旧市街の中心部にあるステファン・ドーム(日本では「ステファン寺院」と記載されるケースがありますが、私は今ひとつピンと来ません)を訪れると思います。いつ訪れても観光客が途切れることがありませんね。
このステファンには、入口から入って左側にドーム・ショップがあります。さすがに教会のショップだけあって、絵はがきやガイドブックなどの観光客向けのお土産以外にも、信徒向けの宗教グッズも各種販売されています。実は、ステファン・ドームで使われているろうそくも販売されています。とくにガラスのろうそく立てはお勧めです。また、時々、新しいオリジナル・グッズが発売されるので、ウィーン訪問時には、毎回訪れています。

さて、実は「自宅にあるステファン」とは、そこで購入した写真のピンバッジです。
なぜ、これが「自宅にあるステファンなのか?」ということですが、このピンバッジについていた説明書には、次のような文章が書かれています。
「このピンに取り入れられる石は、完全にオリジナルである」(der in diesem pin eingearbeitete stein ist ein originalstein)。ちょっとわかりにくいですが、ステファン・ドームの有名なモザイク屋根を模したデザインの右上に「石」がついています。
このピンバッジは「ステファン・ドーム850年」を記念して、献金の目的で発売されたものです。当然、完売となり、今は見かけませんが、私にとって大切な「一品」で、趣味のコレクションを飾ってある棚に鎮座しています。
というわけで、自宅にある「本物のステファン・ドーム」と言っても、自宅に本物の建物が建っている訳ではありません。ごめんなさい。
また、もう一つ「レーザー光線でガラスの内部にステファン・ドームを描いた置物」も持っています。なぜか、ステファン・ドームにも「はまっている私」でした。


|

« 「鉄道博物館」、その実態は… | Main | お昼休みあれこれ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自宅にある「本物のステファン・ドーム」:

« 「鉄道博物館」、その実態は… | Main | お昼休みあれこれ »