« 拍手のフライング | Main | ○○13%増量中 »

January 31, 2005

シシイとフランツル

376_7653
今週はシェーンブルン動物園の大スター、パンダのお話です。

動物界のアイドル「パンダ」ですが、実は、私はウィーンのシェーンブルン動物園で初めて、本物を見ました(何と、日本国内では見たことがありません。自慢になりませんが)。

到着当初、ウィーンでも大変な人気者だと聞いていたので、パンダ舎は込んでいるのかな…と思っていました。何しろ、公開直後には1万人を越える見物人が来た…と聞いたものですから。

さて、私がパンダを目当てにシェーンブルン動物園を訪問したのは、真冬の2月でした。さすがに寒いこともあって、小学生の遠足も少なく、来園者もまばらでした(しかし、日本の寒冷地では、冬季は閉鎖されているところが多いので、開園していること自体、驚きでしたが…)。何しろ寒いので、元気なのは寒冷地系の動物たちです。

さて、パンダ舎に向かうと、何とパンダが、表の運動場、ノソノソと歩いているではありませんか。どうもパンダ舎の清掃作業があるため、一時的に運動場に出されたようです。運動場も大変広いのが印象的でした。新しく新設されたパンダ舎は1100平方メートルとか。
写真は、その時のものです。ちょうど、運動場の周囲に小川があり、そこへ水を飲みにやってきた帰りです。パンダ舎でゴロゴロしているためか、あまりきれいではありませんが、何となく「パンダのふるさと」を思わせる雰囲気ではありませんか。
ウィーンも熱心なパンダファンがいらっしゃるようで、当日も、女性が一眼レフカメラを持って運動場を元気に動き回るパンダを撮影していました。

ところで、パンダ舎の中には、パンダをレンタルするために協力した企業の看板が掛かっています。まさに、オーストリア上げてのパンダプロジェクトであることがわかります。

ウィーンのパンダですが、中国名は“ヤンヤン”と“ロンフイ”と言うそうですが、ウィーンに来てから、“シシイ”と“フランツル”という皇帝夫妻の名前になりました。確かに、立派なパンダ舎に輸入食材と、皇帝夫妻にふさわしい扱いではありますが…

レンタル期間は10年とのことです。日本にもレンタルでパンダが「来日」していますが、子供が生まれた場合、中国側と一定の約束があるようで、全数は日本国内にとどまることはできないようです。さて、ウィーンのパンダ夫妻、二世が生まれると良いのですが…

|

« 拍手のフライング | Main | ○○13%増量中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シシイとフランツル:

« 拍手のフライング | Main | ○○13%増量中 »