« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

「追跡 第三の男」

IMG_9775
2005年2月23日に、NHK-BS2で「追跡 第三の男」というドキュメンタリー番組が放送されました。実は、その前日、「第三の男」も同チャンネルで放送されていますので、ご覧になった方も多いでしょう。
今回、私も両番組を見ましたが、以前と異なり、オーストリアやウィーンに、ディープにはまっている今見ると、非常に興味深いシーンの連続でした。
本編では、「あっ、あの街角ではないかな?」、「おっ、昔も今もほとんど変わっていないじゃないか」、「中央墓地のシーンは、後ろに映っている礼拝堂の位置から、おそらくあの辺だろう」と、一人でブツブツいいながら見ていました(陰の声 なんてヤツだ)。

しかし、本編以上におもしろかったのが「追跡 第三の男」(SHADOWING THE THIRD MAN/シルヴァーアップルズ、メディアヨーロッパ、NHKの国際共同制作)の方でした。さすがに当時の関係者でもお亡くなりになっている方も多いので、「伝聞」も含まれていました。
さて、興味深かった内容をいくつかピックアップして、ご紹介しましょう。

○ウィーンでは脇を固める俳優の方が有名だった
ロケ中心の「第三の男」では、深夜に撮影現場付近のアパートを訪問し、スタッフが協力を依頼したそうです。その際、オーソン・ウエルズやジョゼフ・コットン、アニタ・バリが出る映画ですから…と説明しても、協力が得られなかったそうです。そう、ウィーンの住民は、彼らのことを知らなかったのです。つまり、オーソン・ウエルズはウィーンでは無名だったのです。
ウィーンで有名だったパウル・ヘルビガーの名前を出したところ、住民の態度が一変したと、当時、助監督だったガイ・ハミルトンが語っています。それ以来、ロケ地での協力依頼では、ご本人が出る、出ないは別にしてパウル・ヘルビガーの名前を出していたそうです。しかし、私などが「第三の男」を見ると、たどたどしい英語で話すパウル・ヘルビガーに、リアリズムを感じてしまいます。
また、アパートの管理人役で登場していたヘドウィッヒ・ブロイブトロイも、現地の人の雰囲気をだしていましたね。アパートの捜査に来た占領軍警察に「ドイツ語は話せないのか」というあたりは、思わず納得の場面です。このほか、映画の中で「人殺し、人殺し。パパ、この人が犯人だよ」と言う子役がいますが、この子供、実は素人だったんですね(今のご本人が出ていました。ヘルベルト・ハルビクとう方です)。

○多国籍チームの作品
プロデューサーのコルダはハンガリー生まれ、脚本はイギリスの作家であるグレアム・グリーン、監督はイギリス人のキャロル・リード、オーストリアの撮影所を仕切るカール・ハートル(サシャ・フィルム代表)、アメリカのプロデューサー、セルズニック(「風と共に去りぬ」のプロデューサー)。

○闇市の時代
当然、私は知りませんが、終戦直後の日本と同じような状況だったことが、良くわかります。物が不足しており、闇市が花盛り。ただし、日本以上に大変だったのは米英ソ仏の4ヵ国に分割占領されていたことでしょう。当然、当時のウィーンの風景が映りますが、爆撃により破壊された町が、痛々しさを感じます。日本では、最終的に戦前の町並みは再現されませんでしたが、ウィーンではこれだけ破壊されながら、良く戦前の雰囲気を残しているものだと、改めて感心させられます。

○遊び心が制作スタッフにあった
キャロル・リードやグレアム・グリーンは、夜は、ウィーンのクラブやカフェで遊び歩いていたようです。カサノバ・クラブが、その代表として紹介されています。

○地下下水道の追跡シーン
有名な下水道の追跡シーンは、今と違い、本物のウィーンの地下下水道を使っています。ところが、滑りやすく、俳優では滑って難しいので、実は、本物の警察官が登場しているのです。また、我が儘なオーソン・ウエルズが汚れた下水に入ることを嫌がり、ご本人の顔が映るシーンだけは、ロンドンのスタジオで撮影したそうです。そのため、冬の撮影にもかかわらず、オーソン・ウエルズがアップになる場面だけは、息が白くなりません。

○チターとの出会い
キャロル・リードは、カール・ハートル主催のパーティーでチターを弾くアントン・カラスと出会ったとのことです。しかし、録音がホテルの一室だったとか。今では考えられませんね。

○深夜の散水
石畳が反射する印象的なシーンがありますが、これは毎晩、消防車が来て水をまいたそうです。そう言えば、映画の中でも、水をまいているシーンがちょっとだけ映りますね。

しかし、オペラやオペレッタもそうですが、色々な裏話を聞くと、楽しさが倍増します。
写真は「第三の男」でも有名なシーン、中央墓地です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 21, 2005

ウィーンの地下鉄、あれこれ

IMG_9163B
今日は地下鉄の話題です。

変わらないようで、変わっている街「ウィーン」ですが、地下鉄にも「変化の兆し」が見られます。ウィーンを訪問された方は、「ウィーンの地下鉄」=どの路線でも例の「正面の下に、光る帯の入ったアルミの電車」を思い浮かべると思います。実は製造年次が長いため、意外と細かいところが違うのですが…

また、最近では路線延長に伴って、本格的なモデルチェンジ車両も登場しています。ただし、こちらは本数が少ないので、あまり乗るチャンスはないかもしれません(余談ですが、交通局の案内所で、新型地下鉄の模型も売っています)。

一方、在来の車両でも一部変化が始まっています。まぁ、普通の人にはどうでも良いことですが…
まず、正面の行き先表示が、字幕式からLEDを使った電光式に変わった車両が現れました(つまらないところを見ているなとウィーンの方に叱られそうですが…)。たしかに、この方が見やすいかもしれません。
そして、もう一つ、在来車両にも、最近、インフォメーションシステムが導入されはじめました。まだ、少数なので、なかなか装備車両に当たりません。

インフォメーションシステムですが、社内に液晶モニターが取り付けられており、にウィーンに関連したニュース(私が乗ったときは交通関係の内容が多かったようです)などを流しているものです。モニターは、車端上部の他、ドア横の風よけガラス部分にもついています。たしか、最近導入された新型地下鉄にも装備してあったような…
なかなか興味深いのですが、ウィーンの人はあまり関心がないのか、見ている人があまりいないようです。

そういえば、ホームにある「次の列車まで○分」という表示も、あまり評判が良くないとか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

お悔やみ マルチェッロ・ビオッティ氏亡くなる

IMG_9799_012月5日、ウィーンシュターツオパーで、グルヴェローヴァさん主演の「ノルマ」プルミエを指揮したイタリア人のマルチェッロ・ビオッティ氏が、2月16日、ドイツ・ミュンヘンで亡くなりました。

体調不良で、数日前から入院していたとのこと。当初予定されていた10日の「ノルマ」も指揮を代わっています。結果として、5日の「ノルマ」プルミエが、「ウィーン最後の公演」となってしまいました。

シュターツオパーでは、グルヴェローヴァさんとの競演も多く、私も何度か、ビオッティ氏の指揮でオペラを鑑賞しています。

享年、50歳とのこと。大変残念です。

なお、ビオッティ氏は、2002年にベネチア・フェニーチェ歌劇場の音楽監督に就任しており、今年5月に同劇団と来日公演を行う予定でした。


もう、グルヴェローヴァさんとの競演を見ることができないかと思うと、残念です。
どうぞ、安らかに…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 14, 2005

レジ袋は有料です

IMG_9489B
今日は、「お買い物」にからんだお話です。

ウィーンに限らずオーストリアでは、スーパーで買い物をする際、日本で言う「レジ袋」はいただけません。
ご存じの方も多いと思いますが、「レジ袋」は有料で販売」されています。BILLAなどでは、ビニール製のものと、紙製のものがありますが、いずれも有料で、レジのところで販売されています。
そのため、自分で買い物袋や買い物かご(なつかしい)を持ってくる人が大多数です。しかし、オフィス街などでは、「レジ袋」を買っている方も結構いるようです。また、観光客の皆さんも「レジ袋」愛用者でしょうか?
ちなみに私は、いつもトートバックを持って、スーパーに買い物に出かけます。

日本でも「レジ袋」を少しでも減らそうという動きがありますが、オーストリアと違って「無料が基本」であるため、なかなか普及しないのが現状です。
逆に、こちらでは「有料が基本」となっているため、買い物袋を持って来店する方が多いようです。さらに、こんなメリットもあります。

日本ではレジ袋が無料なので、自宅に帰るとすぐに捨ててしまうことが多いようです。しかし、オーストリアでは、「せっかくお金を出して買った袋」なので、その後も、長く使う方が多い…ということです。そのため、町中でも「レジ袋」を持っている人を結構見かけます。いずれも「今日新しく買った」というよりは、以前買ったものを使っている…という感じです。
これが結果的に、資源の有効活用につながっているのであれば、大変結構なことだと思います。
さて、資源の少ない日本では、今後、「レジ袋」はどのようになるのでしょうか(そう言えば、東京都中野区に「レジ袋税」というのがありましたね)。

ところで、ウィーンでもレジ袋が「無料」でもらえるスーパーもあります。さて、そのお店は… その代表格は、グラーベンの突き当たりにある高級スーパーのJuliusMeinlです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 08, 2005

シュターツオパーの「ノルマ」初演

IMG_9781_1_2_1IMG_9787_1_1_1

2005年2月5日、待ちに待ったエディタ・グルヴェローヴァ主演のオペラ「ノルマ」がウィーンシュターツオパーでプルミエを迎えました。幸運にもチケットを手に入れることができ、鑑賞することができました。

まず、興味深かったのは、「常設の歌劇場でどのようにコンツェルタント(コンサート形式)で行うか?」という点です。実は、2004年5月にドイツのバーデン祝祭劇場で、エディタ・グルヴェローヴァ主演のオペラ「ノルマ」を鑑賞しました(「オペレッタにはまっている男」ですが、美味しいオペラは欠かせません。また、エディタ・グルヴェローヴァ世界初演と銘打った「日本公演」にもしっかり行っちゃいました)。こちらもコンツェルタントでしたが、同劇場は、いわゆる多目的音楽ホールなので、予想通り、舞台上に後ろから合唱団、オーケストラが並び、最前列に指揮者(このときはグルヴェローヴァさんの旦那さんであるフリードリッヒ・ハイダーさんが指揮を勤めました)。とソリストが位置するというパターンでした(ちなみに日本公演も同じスタイルでした)。

さて、当日、シュターツオパーに入って舞台を見ると…結局、バーデン祝祭劇場と同じパターンでした。ただし、オーケストラピットが舞台と同じレベルまで、ジャッキアップされていました。そして、ソリストとオーケストラは、せり上がったピットを使っていました。合唱団は舞台の最前列を使用していました。なお、ご存じの方も多いと思いますが、コンサート形式の場合、出入りを少なくするため、合唱団とソリストには椅子が用意されます。
また、今回、オーケストラには女性団員が3名(バイオリン、チェロ、ファゴット)参加されていましたが、これも珍しいと思います。

さて、肝心のプルミエですが、バーデン祝祭劇場で鑑賞したときは、まるで別の演目のように感じました。失礼ですが「劇場の格」とオーケストラの違いもあったと思います。感激・感動の3時間でした。また、いらっしゃっている方も詳しい方が多いようで、「拍手のフライング」は皆無でした。これでなくっちゃ!

その後、ウィーン在住の親しい方から、現地の新聞評を教えて頂きました。
“マリア・カラスと比較することはできない、それぞれが自分の世界を歌っているから…”(これは納得)
“指揮者は80点、合唱団の指揮に少々難あり。アダルジーザのNadia Krastevaは健闘するも、ノルマのライバルとしてはおとなしすぎた。しかし、グルヴェローヴァ相手ではしかたなし。ポリオーネのSalvatore Licitraはワグナー向き。いま不調なのか、高音をいくつかサボった。Dan Paul Dumitrescuはエレガントな声で拍手も多かった」
といったところのようです。

ウィーンの皆さんは、グルヴェローヴァさんは大好きなようです。というのは、西側デビューを果たしたのが、シュターツオパー(「魔笛」の夜の女王でした)であったこと、これがきっかけになり「世界のディーヴァ」に羽ばたいていったことから、「ウィーンの観衆が育てた」という自負があるのかもしれません。
それと同時にグルヴェローヴァさんの人間性にも惹かれるものがあります。現地では、どんなに疲れていても、観客のサインに応じてくれます。2月5日は、プルミエのパーティーがシュターツオパー内であったため、劇場を後にしたのが12時を回っていました。
しかし、数名の熱心なファンが楽屋口で待っており、それを見つけると、“遅くまでありがとう”という雰囲気で、サインに気軽に応じてくれました。

ところで、なぜ、この時期に「ノルマ」がコンツェルタントで行われたでしょうか?
シュターツオパーの実力を持ってすれば、十分、本来のオペラが可能なはずです。
新聞評にはコンツェルタントにしたホーレンダ氏(総裁)は正しかった。舞台演出でブーングーが出ないから…」というものもあったようですが、私はホーレンダ氏の「したたかさ」を感じました(個人的な感想です)。
というのは、前々日(2月3日)は、あの有名な「シュターツオパー・バル」(歌劇場舞踏会)です。テレビ報道でご覧になった方も多いと思いますが、実は平土間の上をホールにしてしまう以外に、舞台側にもロージェ(個室)を仮設しています。そのため、設営には2日以上かかります。しかし、スケジュールを見ると、現状復帰の日程があまりにも少ないのです。翌日は休演ですが、午後から子供用のフェスティバルを実施しています。普通に考えると現状復帰にも1日以上かかるはずです(日本なら徹夜で現状復帰してしまうでしょうが、オーストリアでは考えられません)。しかも、この時期にわざわざ「ノルマ」のプルミエを行う理由も見当たりません。
そこで、ホーレンダ氏が考えたのが、今回の「秘策」ではないでしょうか。

1.コンツェルタントなら舞台側は閉めたままでOK(舞台側のロージェを完全撤収しなくても上演できる)

2.しかし、普通のコンツェルタントでは、お客様も集めにくいし、そもそも値段を下げなければ厳しい(こんかいはカテゴリーA、普通のオペラと同じお値段でした)

3.グルヴェローヴァさんを呼び、プルミエを行えば、コンツェルタントでも間違いなくお客様呼べる(これは事実)

上記のような視点から、あえてこの時に、「ノルマ」のプルミエをぶつけたのでは…
ちょっと考えすぎでしょうかね?
世界のディーヴァ、エディタ・グルヴェローヴァさんの「ノルマ」プルミエを鑑賞できて、幸せな一時を過ごすことができました(陰の声:ホーレンダ氏の術中にはまったよ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

1系統・2系統に超低床式電車登場

IMG_9761B
今日は、ウィーン市内の移動では欠かせない乗り物、路面電車の話題です。
ウィーンの路面電車には最新式の、超低床式車両が在籍しています(Straßenbahn - Gelenktriebwagen Type Eと呼ばれています)。しかし、今まではリングから放射状にのびる路線(J系統や71系統が代表的ですが)に使われており、観光客の皆さんにおなじみの環状路線1系統・2系統には使用されていませんでした。

この路線は、利用者も多く、停留所の間隔が短いので、乗り降りが楽な、超低床式車を投入すれば良いと思っていましたが、長く、連接車+トレーラーという在来型の車両が使用されていました。

ところが、2月5日にリング沿いの某停留所に向かったところ、何と1系統に、超低床式車が入っているのを発見しました。最初は、J系統かと思いましたが、編成が長く、しっかり行き先表示にも1系統の文字が…。その後、私が乗った2系統も超低床式車でした。なお、今までと同等の輸送力を確保するため、7ユニット仕様の車両投入されているようです。

どうも、2月5日から一斉に投入されたようです。
窓が大きく、乗り降りが楽な超低床式車に大いに期待したいものです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 05, 2005

路面電車に乗る郵便屋さん

img_9491
ウィーンの市内移動には路面電車が便利ですね。ウィーンは、町の規模が路面電車に合っているのでしょう。さて、先日、ウィーンを訪れた際、朝、ホテル最寄りの停留所からリングを回る1系統に乗った時のことです。車内に郵便屋さんの小型カートが乗っているではありませんか。見ると、その前の座席には、郵便配達の方が座っておりました。

私が乗った停留所から、一つ目の停留所で郵便屋さんは小型カートを持って降りていきましたが、最寄りの集配局からの移動に路面電車を使っているのには、正直驚きました。確かに、カートを引いて歩いて配達地域までいくのは大変です。ウィーンでは、日本のように郵便配達に自転車を使う習慣がないようなので、カートの移動には路面電車が便利なのかもしれません。路面電車での移動は、「郵便局の公式移動手段」なのか、「個人的な工夫」なのか、わかりませんが、まぁ、「公式移動手段」と解釈しておきましょう。
ところで、この場合、路面電車の運賃は、どうなっているのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

○○13%増量中

IMG_9759B
オーストリアでスーパーの店内で時々、「増量中のビア」を見かけます。増量の対象となっているビアは、通常、500ミリリットル缶(いわゆるロング缶)です。今回見つけたのはゲッサー(Gösser)の製品で、「13%増量」でした。また、内容量の表記も「0.5L+13%、0.586L」となっています。ビアが大好きな私としては、同じ料金で、よけい飲める(大盛り)ですから、有り難いのですが、疑問も残ります。
まず、1.なぜ、中途半端な増量なのか(日本人の私から見ると13%は明らかに中途半端な気がします)、2.専用の缶を作ってまで「増量」して販促効果があるのか…などです。
実施には専用缶のコストに加えて、製造ラインを変える必要もあるかもしれないので、これらを考えると莫大なコストのような気がします。日本でも缶のデザインを変えることがあり、コレクションの対象になっているという話は聞いたことがあります。従って、缶そのものを作るコストはあまりかからないのかもしれませんが、容器の大きさを変えるとなると、意外と大変な気がします。
しかし、日本ではアルコール飲料に特別な税金(酒税)がかかるので、「増量キャンペーン」は難しいでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »