« 路面電車に乗る郵便屋さん | Main | シュターツオパーの「ノルマ」初演 »

February 06, 2005

1系統・2系統に超低床式電車登場

IMG_9761B
今日は、ウィーン市内の移動では欠かせない乗り物、路面電車の話題です。
ウィーンの路面電車には最新式の、超低床式車両が在籍しています(Straßenbahn - Gelenktriebwagen Type Eと呼ばれています)。しかし、今まではリングから放射状にのびる路線(J系統や71系統が代表的ですが)に使われており、観光客の皆さんにおなじみの環状路線1系統・2系統には使用されていませんでした。

この路線は、利用者も多く、停留所の間隔が短いので、乗り降りが楽な、超低床式車を投入すれば良いと思っていましたが、長く、連接車+トレーラーという在来型の車両が使用されていました。

ところが、2月5日にリング沿いの某停留所に向かったところ、何と1系統に、超低床式車が入っているのを発見しました。最初は、J系統かと思いましたが、編成が長く、しっかり行き先表示にも1系統の文字が…。その後、私が乗った2系統も超低床式車でした。なお、今までと同等の輸送力を確保するため、7ユニット仕様の車両投入されているようです。

どうも、2月5日から一斉に投入されたようです。
窓が大きく、乗り降りが楽な超低床式車に大いに期待したいものです。

|

« 路面電車に乗る郵便屋さん | Main | シュターツオパーの「ノルマ」初演 »

Comments

2月5日から1,2系統に超低床車両が導入されてうれしいです。でも,これが導入されたのは,U2が延伸工事の影響で3月28日まで全線で終日運休となったからだそうです。1,2系統は,U2の振替輸送の役割を背負っているのです。このため,身障者の便宜を図るために1,2系統に超低床車両を導入するとともに,大幅に増便したというのです(オーストリアの新聞「KURIER」)。U2の閉鎖は3月28日までですから,U2の運転再開とともに再び1,2系統から超低床車両が消えてしまうかも??要チェックです。

Posted by: ジョーとサリー | February 24, 2005 00:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1系統・2系統に超低床式電車登場:

« 路面電車に乗る郵便屋さん | Main | シュターツオパーの「ノルマ」初演 »