« レジ袋は有料です | Main | ウィーンの地下鉄、あれこれ »

February 17, 2005

お悔やみ マルチェッロ・ビオッティ氏亡くなる

IMG_9799_012月5日、ウィーンシュターツオパーで、グルヴェローヴァさん主演の「ノルマ」プルミエを指揮したイタリア人のマルチェッロ・ビオッティ氏が、2月16日、ドイツ・ミュンヘンで亡くなりました。

体調不良で、数日前から入院していたとのこと。当初予定されていた10日の「ノルマ」も指揮を代わっています。結果として、5日の「ノルマ」プルミエが、「ウィーン最後の公演」となってしまいました。

シュターツオパーでは、グルヴェローヴァさんとの競演も多く、私も何度か、ビオッティ氏の指揮でオペラを鑑賞しています。

享年、50歳とのこと。大変残念です。

なお、ビオッティ氏は、2002年にベネチア・フェニーチェ歌劇場の音楽監督に就任しており、今年5月に同劇団と来日公演を行う予定でした。


もう、グルヴェローヴァさんとの競演を見ることができないかと思うと、残念です。
どうぞ、安らかに…

|

« レジ袋は有料です | Main | ウィーンの地下鉄、あれこれ »

Comments

はじめまして。マルチェロ・ビオッティ氏の逝去を聞き、大変ショックを受けました。フェニーチェの年末年始のコンサートも彼に会うために行きましたが、彼は指揮をしていませんでした。フェニーチェ再開後のカポダンノコンサートなのに、なぜなのかな?と残念に思っていました。
 「2005年日本でお会いしましょう」、とマリブランの舞台で流暢な日本語で挨拶していたのが、昨日のことのようです。
 この春には日本にいらっしゃるはずでしたのに。彼のホームページを見て涙が止まらなくなりました。

Posted by: anitanataly | February 19, 2005 at 10:51 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52873/2970242

Listed below are links to weblogs that reference お悔やみ マルチェッロ・ビオッティ氏亡くなる:

« レジ袋は有料です | Main | ウィーンの地下鉄、あれこれ »