« 電柱と電線(その1) | Main | こっそり、ひっそり、目立たない場所に… »

March 29, 2005

メルビッシュのオペレッタ…あれこれ

IMG_8441B
今や「夏の風物詩」となった間のあるメルビッシュのオペレッタです。2005年は、100年を迎える「メリーウィドウ」(原題はご存じ「陽気な未亡人」)が上演されます。さすがに、人気演目だけあって、すでに良い席は「売り切れ」状態です。といっても、これには「仕掛け」があります。常設の劇場以上に、「団体枠」が設定されているようで、現地の旅行会社に席が割り当てられているようです。実は、2004年に現地の旅行会社にふらりと立ち寄って、「マリッツァ」の空席を聴いたところ、ネットで確保できる場所よりも良い席が空いていました。即、購入したのは言うまでもありません。
さて、このメルビッシュですが、最近ではNHKで、その模様が放送されるので「舞台風景」はご存じの方も増えていると思います。

しかし、なかなか舞台裏というか、客席のバックヤードの模様は紹介されないので、今日は、客席やバックヤードの様子をご紹介しましょう。
まず、最初に訪問したとき、観客席に入ってびっくりしました。「ここは、野球場か?」と見間違うような構造になっています。しっかりとしたコンクリートの構造物です。とくにカテゴリー8や9という後方の座席は、さしずめ甲子園球場の「アルプススタンド」の様相です。また、後ろの席ほど、前後の段差が付けられており、意外と見やすいのも特徴です。ただし、遠い…。オペラグラスは必需品です。音声に関しては、すべて舞台両脇のスピーカーを通して流されますので、大変良く聞こえます。

座席ですが、屋根のない屋外なので、カテゴリーにかかわらず、すべて金属製です(出入りを考慮し、折りたたみ方式)。そのため、常連の皆様は、必ず、座布団を持参しています。

私は、「人間座布団状態」なので、あまり必要性を感じませんが、あった方が快適に鑑賞できること、請け合いです。
スタンドの裏側は、野球場さながら、レストランや化粧室になっています。スタンドからの出入り口は、比較的狭いのですが、スタンド裏の階段は、広い作りになっています。また、何箇所かに売店も設置されています。売店には、おなじみの公演プログラムやCD、DVDに加えて、座布団やビニール製の雨合羽などを売っているところが、屋外オペレッタらしいところです。

メルビッシュでは、レストランは屋内だけではありません。どちらかというと、スタンド裏の広場にある屋外(早い話、屋台)がメインです。「リゾート地の夜」なので、通常の劇場とは異なり、お食事ものが比較的充実しています。また、温かいお料理も提供されます。

もちろん、お飲み物も充実していますが、やはり、ワインの産地だけあって、ワインをお召し上がりになっているお客様が多いようです。

このワインですが、毎年、公演内容に合わせた専用のグラスが制作されます。当然、絶好のお土産品となります。ワインをオーダーすると、デポジット制(昨年は1ユーロ)になっており、空いたグラスをカウンターに返すと、グラス料金が返金されます。従って、お持ち帰りも、当然OKです。ただし、何度か使い回したグラスなので、お持ち帰りの際は、良く点検しないと、欠けているものや、ヒビが入っているものがあります。レストランに面した広場は暗いので、点検は容易ではありません。

|

« 電柱と電線(その1) | Main | こっそり、ひっそり、目立たない場所に… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メルビッシュのオペレッタ…あれこれ:

« 電柱と電線(その1) | Main | こっそり、ひっそり、目立たない場所に… »