« 新シーズンからフォルクスオパーの料金、値上げ | Main | メーデーのビアガルテン »

April 25, 2005

グロース・グロックナーを越えて

1998_08_01b
オーストリアの山岳地帯で「ハイライト」といえば、グロース・グロックナーの「ホッホアルペン街道」でしょう。私も今までにレンタカーで何回か走っています。
「ホッホアルペン街道」は1935年に開通した有料道路で、山岳と氷河の雄大な眺めを楽しむことができます。事実上の観光道路だけに、景色の良い場所には必ず駐車スペースが設けられています(よく考えられています)。この峠道は昔から使われていたようで、道路工事中にローマ時代の遺物などが発掘されたとか…。歴史を感じさせます。私は通常、ザルツブルク方面からツェル・アム・ゼー、ブルックを経由して「ホッホアルペン街道」に入ります。この、ブルックも楽しい強烈な思い出があります。

「ホッホアルペン街道」のハイライトは、グロース・グロックナーをのぞむ、フランツ・ヨーゼフ・ヘーエでしょう。街道の最高点はホッホトアと呼ばれる場所で、何と標高は2505メートルもあります。ザルツブルク方面からは、この最高点ホッホトアを過ぎて、右の脇道にはいると、終点がフランツ・ヨーゼフ・ヘーエです。大規模な立体駐車場が完備されており、駐車場で困ることは、まずありません。展望台からは、パステルツェ氷河を隔てて、グロース・グロックナーの勇姿を見ることができます。天気の良い日は、本当に引き込まれる雄大な景色が広がります。また、この周辺で有名な動物が「アルペン・マーモット」です(以前、このブログでご紹介した「山ラッコ」です)。

普通、フランツ・ヨーゼフ・ヘーエで、ザルツブルク方面に折り返してしまう人も多いようですが、そのままハイリゲンブルート方面に向かうと、また楽しい旅になります。とくにハイリゲンブルートは山間の美しい村です(最近は日本の団体客も宿泊するようになりました)。

と、これまででは、単なる旅行記で面白くありませんね。
そこで、こぼれ話。
ホッホアルペン街道での思い出は色々あるのですが、その中で強烈な印象に残っているのは、「自動車のギヤチェンジ」です。ホッホアルペン街道から途中の展望台へ向かう脇道は、結構勾配がきつい箇所があります。初めて友人と訪れた際、小型乗用車に3人で乗っていたのですが、脇道に入ったとたん、速度がどんどん低下していきました。当然、エンジンのうなりは高まります。日本の教習所では、あまり低速ギアの使用は勧めませんが、この時は日本の常識である2速(5段シフト)を使っていたのですが、正直、「エンストするのではないか?」と焦りました。後続車も多く、急な坂道でのエンストしてしまえば、迷惑をかけてしまいます。友と顔を見合わせて、即、1速にシフトチェンジを敢行しました。
この時、初めて、1速が「始動ギア」だけではなく、「トルクが必要な場合に使うギアであること」を実感しました。実は、ヨーロッパ車の多くは、日本と異なり、トルクが必要な場合は低速ギアで引っ張るという運転方法をとります。つまり、ギアレシオが日本車とは違っているようです。まさに、この話を実感した出来事でした。

このホッホアルペン街道での経験が、その後のドライブに大きな影響を与えたのは、言うまでもありません。

|

« 新シーズンからフォルクスオパーの料金、値上げ | Main | メーデーのビアガルテン »

Comments

私も、オーストリアに6回も旅行しましたが、残念ながらグロスグロックナーには未だ一度も、いっておりません。遠くから眺めるだけで、その雄大な景色を見て楽しんでいます。私は、モーツァルトの音楽大好き人間で、もっぱらモーツァルトに浸っていますが、それでは片手落ちでしょうか?ウィーンとザルツブルクには友人がおりますが、時々メールでやり取りしております。ウィーンとザルツブルクに行かれる予定の方、ご案内いたしましょうか?

Posted by: 栗田久暉 | May 27, 2005 at 03:07 PM

私も、オーストリアに6回も旅行しましたが、残念ながらグロスグロックナーには未だ一度も、いっておりません。遠くから眺めるだけで、その雄大な景色を見て楽しんでいます。私は、モーツァルトの音楽大好き人間で、もっぱらモーツァルトに浸っていますが、それでは片手落ちでしょうか?ウィーンとザルツブルクには友人がおりますが、時々メールでやり取りしております。ウィーンとザルツブルクに行かれる予定の方、ご案内いたしましょうか?

Posted by: 栗田久暉 | May 27, 2005 at 03:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52873/3837508

Listed below are links to weblogs that reference グロース・グロックナーを越えて:

« 新シーズンからフォルクスオパーの料金、値上げ | Main | メーデーのビアガルテン »