« 「大きなお世話」の2パック販売 | Main | シャーフベルクの雪 »

May 23, 2005

国民歌劇場が欲しい

IMG_0190B
先日、秋からのオペレッタ、オペラ公演の日程が発表されました。きっと、ウィーンでも話題になっていることでしょう。

ところで、ウィーンフォルクスオパーは直訳すると「ウィーン国民歌劇場」となります。シュターツオパー(国立歌劇場)が「上流階級および外向き」といった雰囲気があるのに対し、「地元住民の娯楽の殿堂」(日本ですと、パチンコ屋さんのキャッチフレーズみたいになってしまいますが)といった位置づけなのでしょうか。

このことは、チケットの料金のシュターツオパーに比べて、お手頃価格になっていることからもわかります。何しろ最も高い料金の席でも65ユーロ(約9000円)ですから、「オペラのチケット=高額チケット」との感覚がある私たちからすれば、格安です(フォルクスオパーも2005/2006シーズンから、値上げになります)。

また、日本からウィーンを訪問すると、「現地では高額なチケット」であるシュターツオパーですら、安いと感じてしまうから、恐ろしいものです。何しろ、外国歌劇場の来日公演は最高カテゴリーでは60000円以上になることもあります。また、30000円程度の席だとかなり上層階になってしまいます。ただし、これは来日公演特有の事情があるようです(舞台装置は日本公演限定、スタッフの移動・宿泊等の費用、日本は物価が高い)。

従って、ある種、仕方がないと感じるのですが、国内組の公演が高いのにも、正直、閉口します。例えば、新国立劇場主催のオペラ公演は、普通、1階・2階の正面という席で21000円が標準です。さすがに、シュターツオパーのカテゴリーA(プログラム1の場合)で178ユーロ(約25000円)よりは安いですが…

それにしても、日本国内でも気軽にオペラやオペレッタが楽しめる環境が整う日は来るのでしょうか? 最も、オペレッタの場合、チケット代金よりも、上演自体が極めて少ないという問題の方が切実ですが。

こんな日本に、気軽に楽しむことができる「国民歌劇場」が欲しいと感じるのは、私だけでしょうか?

|

« 「大きなお世話」の2パック販売 | Main | シャーフベルクの雪 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国民歌劇場が欲しい:

« 「大きなお世話」の2パック販売 | Main | シャーフベルクの雪 »