« ニワトコの天ぷら | Main | シュパーゲルのシュニッツェルとは? »

June 16, 2005

北海道からウィーンに直行便が!!

IMG_9792B
先日、仕事で札幌を訪れたときのことです(ちゃんと、日本でも仕事もしています)。市内の某旅行代理店で「新千歳-ウィーン直行便で行く世界遺産を巡る8日間」というポスターを見かけました。
興味があったので、パンフレットを見ると、現在はオーストリア航空グループに属しているラウダ航空のチャーターフライトを使うようです。
パンフレットにはオーストリア周遊コースを始め、ハンガリーやチェコ、ドイツなどウィーンを起点に周遊する「団体旅行」の内容が詳しく載っていました(それにしても、日本人は護送船団方式の「団体旅行」が好きですね)。

チャーターフライトなので、オールエコノミー運用となりますが、しっかりビジネスクラスのシートを追加料金で利用できるシステムになっています(ただし、チャーターフライトなので、食事などのサービスは全席同一だと思われます。要するに席が広いだけ)。
私は、団体旅行は好きではないのですが、ラウダ航空のチャーター便そのものには、興味があります。おそらく機材は中型機ボーイング767-300だと思われます(ラウダ航空は777も所有していますが、集客を考えると767が妥当でしょう)。

ところで、ヨーロッパではバカンスシーズンには観光客を運ぶためにチャーター便が、多数運航されます。逆に日本のように定期便に団体客をわんさか乗せるということは、あまりありません。そのため、ヨーロッパ内の定期便は定員160名以下の小型機が中心です(だから、日本の団体客が乗ると目立つんですね)。

ザルツブルク空港などには、地中海方面に向かうチャーター便がよく飛来します。日本は国の方針や極端な一極集中という特徴から、チャーター便が少ないのが惜しまれます。特に国内線は、ほとんどありません。以前、友人から、「定期便ながら修学旅行生が搭乗者の90%近くを占めていて、一般客は数えるほどだったという経験をした」という話を聞いたことがあります。

いずれにしても、8月と9月にはラウダ航空の機材が新千歳空港の飛来することは、間違いないようです。問題はツアーのお客様が、どのくらい集まるかということでしょう。こちらもまた、興味があります。
なお、ラウダ航空は、過去何回か、チャーターフライトで我が国に飛来しています。

|

« ニワトコの天ぷら | Main | シュパーゲルのシュニッツェルとは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52873/4585423

Listed below are links to weblogs that reference 北海道からウィーンに直行便が!!:

« ニワトコの天ぷら | Main | シュパーゲルのシュニッツェルとは? »