« シャーフベルクの雪 | Main | 誕生日を迎えた「陽気な未亡人」 »

June 03, 2005

今日もバイスルから市民を見つめる「愛しのアウグスティン」

IMG_0142B
「街角シリーズ、その2」です。
ウィーンでも有名なバイスルである「グリーヒェンバイスル」には等身大の「愛しのアウグスティン」が居ます。

このお話ですが、ペストが流行していた頃、歌手のアウグスティンが飲み過ぎて道路に寝てしまったとか。墓堀人は、彼をペストの死人だと勘違いして、墓地まで運んで、墓穴へ投げ込んでしまったそうです。アウグスティンは泥酔していたために気づかず、午後になって暗い穴の中で死体に囲まれているのに気づき、大あわて。たまたま持っていたバグパイプを吹き始めたところ、奇跡的に救い出された…というお話です。

グリーヒェンバイスルの壁には、バグパイプを吹くアウグスティンの姿を見ることができます。こんなエピソードを仕入れた上で、グリーヒェンバイスルに行くと、また興味がわいてくるのではないでしょうか。

|

« シャーフベルクの雪 | Main | 誕生日を迎えた「陽気な未亡人」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今日もバイスルから市民を見つめる「愛しのアウグスティン」:

« シャーフベルクの雪 | Main | 誕生日を迎えた「陽気な未亡人」 »