« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 30, 2006

ヨハン・シュトラウス像の思い出

80_07_04_wien05c
「ウィーンの思い出」シリーズ第2弾、今日は皆さんおなじみ、シュタットパークにある「ヨハン・シュトラウスの像」です。

私が初めてウィーンを訪問したのは、1979年です。しかし、この時は、他の場所へ向かう経由地としての利用だったため、本格的な市内散策は、翌年の1980年となりました。
この年は、オーストリア、東西ドイツ、スイスなどを巡る旅行一環として、ウィーンを訪れました(利用航空会社の関係で、フランスもちょっとだけ訪れています)。当時は今のような正確な記録をとっていなかったため、断片的な記憶しかありません。

ただし、この年はウィーンに宿泊し、「市内交通3日間チケット」を使って市内を巡っています。ちなみに「3日間チケット」(当時は72時間ではなく、日付で対応していました)のお値段は、当時、55シリング(付加価値税8%込み)でした。
この手のチケットを買うと、当然、「元を取らなくては」という「日本人根性」が芽生えて、リングを中心に、シェーンブルン宮殿、プラターなど、主要な名所を訪問しました。当然、「観光客必見のスポット」であるシュタットパークにある「ヨハン・シュトラウスの像」も見に行きました。写真が当時の「ヨハン・シュトラウス像」です。実は、当時は、普通の銅像だったのです。また、像の周囲も今よりは、簡素で、時代を感じさせます。観光客も、今ほどはいなかったような記憶があります。

さて、今では、誰でもご存じの黄金色に輝く像になっているので、「最初から金色だった」と思っている方も多いようです。
当時も夏は、クアハウスの前庭で夜になると、ウィンナワルツのコンサートをやっていました。席に着くと「飲み物代」がかかりましたが、周囲で立って見ている分には無料でした。すでに社会人にはなっていましたが、滞在費を節約するため、「立ち見」でコンサートを聴いていた記憶があります。

ところで、私が現在住んでいる日本の某所では、毎年、オーストリアから小編成のオーケストラを招聘して、「ニューイヤーコンサート」が行われています。その際、舞台装置として、黄金に輝く「ヨハン・シュトラウス像」が舞台に登場します。ほぼ実物大のようですが、当然、舞台装置なので、材料は違います。年に1回だけ、登場する「ヨハン・シュトラウス像」です。

img_0910b

しかし、ウィーンから9000キロも離れた日本の地方都市コンサートに、自分の像が登場することをしったら、ご当人はどんな感想をお持ちになるでしょうか。聴いてみたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 23, 2006

恐怖の“ダブル・ロータリー”

img_1513b
オーストリアでは、信号機の整備代金を浮かすためか、従来の信号機付き交差点を、信号機なしのロータリー方式に変更している州があります。シュタイヤマルク州は、ロータリー化を積極的に進めている州の一つのようです。

以前訪問したときは、通常の信号がある交差点だったものが、ある年に訪問すると工事中で、次の年にはロータリー化されている…という経験を何回かしたことがあります。このロータリーですが、以前にもお伝えしたように慣れてくると、信号機付きの交差点よりも便利なのです(何しろ、実質的には待ち時間なしで、交差点に入ることができますから)。しかし、慣れないうちは結構、気を遣います。私はロータリーに進入するか、譲るかという判断に迷うことがあります。というのは、ロータリー内の車が曲がるのか、そのままロータリー内を走行するのかの判断が問われるためです。皆、ちゃんと方向指示器を出してくれると良いのですが…

さて、シュタイヤマルク州の某所(といってもこの看板を見たら、どこだかわかってしまう人も多いと思いますが)で、発見したのが「ダブル・ロータリー」です。めがね上に二つのロータリーがつながっており、同時に三方向に進むことができるという「優れもの」です。ただし、ここのロータリーですが、看板では一つ目と二つ目が離れているような表示になっているのですが、実際は二つのロータリーが、ほぼつながっています。つまり、一つ目のロータリーを渡りきった段階で、すぐ二つ目のロータリーに入る仕組みなのです。そのため、あらかじめ行く方向を明確にしておかないと、自分の行きたい方向に車を進めることができません。まぁ、行き過ぎても、ちょっと先ですぐUターンできますので、別にあわてることはないのですが…

しかし、どこかのように「自己中心的なドライバー」が多い国で、ロータリー方式を導入したら、最初は事故だらけになってしまうでしょうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 16, 2006

自転車も運ぶPOSTBUS

img_1473b
オーストリアでは、地方にゆくと郵便バス(POSTBUS)を、よく見かけます。きめ細かい路線網が完備しており、地域住民にとっては貴重な足となっています。また、よく調べると旅行者にとっても、大変便利な交通機関です。路線網を考えると、ある意味、オーストリアでは「最大の交通機関」と言っても良いでしょう。

“郵便局が、なぜバスの運行をしているのか?”。日本では、ピンとこないのですが、ご存じの方も多いように、ご先祖様は「郵便を運ぶ馬車」です。しかし、現在では、多くの郵便バスが、「郵便」を運んでいないようです。しかし、もっと大きなものを運んでいます。

それは、自転車(夏季)やスキー(冬季)です。オーストリアに限らず、ヨーロッパではサイクリングが盛んです。夏にドライブをしていると、リゾート地では、必ず本格的な自転車でサイクリングを楽しむ人を見かけます。サイクリングというと「若い人のレジャー」と考えがちですが、オーストリアでは、家族で楽しむ方も多いようです。

しかし、往復となるとちょっと…と考える人も多いようで、片道だけサイクリング(当然、楽な方かな?)というケースもあります。では、どうやって自転車を運ぶのか。このとき便利な交通機関が郵便バスなのです。きめ細かい路線網により、サイクリングのコースとも重なっていることが多いようです。自転車はバスの後部にキャリアがあり、そこへ搭載するようになっています。当然、別料金が発生すると思うのですが、残念ながら、自分は利用しないので、料金体系は不明です。

なお、サイクリング用の自転車を運んでいるケースが多いのですが、時々、地元の方が「生活用自転車」を預けて、お仕事やお買い物に出かける…といったシーンを目にすることもあります。
なお、走行中にバスから自転車が落下すると、大事故につながるので、搭載はバスの運転手さんが行っています(写真の左側の方が運転手さん。右側は自転車を預けたお客様)。そのため、自転車を搭載する場合は、停留所での停車時間が若干長くなるようです。のんびりしている国なので、皆さん、多少の停車時間延長は、何とも思わないのでしょう。ペンションが近くにある停留所では、自転車をおろしている光景をよく見かけます。

なお、今頃の季節では、スキーを搭載し、スキー場へ直行…というシーンも見かけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

ウィーン国立歌劇場再建50周年記念ガラ・コンサートDVD発売中

IMG_0914B
昨年11月5日にウィーン国立歌劇場再建50周年記念のガラ・コンサートが行われましたが、早くもその模様を集録したDVDが現地で発売されています(CDも同時発売されています)。当日の模様は、ORFがWebラジオで生中継したのですが、あいにく聴くチャンスを逃してしまっただけに、私も待っていました。

オペラファンの皆様のサイトでも、すでに紹介されいますが、私も先般訪問した折、DVDを入手しました。
何事ものんびりしているオーストリアにしては、公演終了後、2ヶ月あまりでの発売は「速攻」の部類にはいるでしょう(最近は、ニューイャーコンサートのCDも速攻で店頭に並びますが)。

さて、その内容ですが、DVD2枚に合計4時間にわたるコンサートの模様が網羅されています。最近批判の矢面に立っている我が国のNHKが集録に協力しているようで、オリジナルはハイビジョンで録画されています(いずれ、NHKお得意のBSハイビジョンあたりで、放送しそうです)。

プログラムはすでにご存じに方も多いと思いますが、1955年11月5日の再開初日に上演された“フィデリオ”をはじめ、その後、オペラ・フェスティバルとして上演された“ドン・ジョヴァンニ”、“ローゼンカバリエ”、“アイーダ”、“陰のない女”、“ニュルンベルクのマイスタージンガー”等のハイライトです。

オープニングは、小澤征爾氏指揮の“フィデリオ”序曲で始まります。コンサートそのものは、まさに「フェストコンツェルト」という名の通り、お祭りで、通常の国立歌劇場公演では考えられない歌手、指揮者の組み合わせで、会場も「熱狂の嵐」です。さすがにDVDだけあって、その雰囲気が良く伝わってきます。

会場で最も拍手を浴びていたのは、第二部の“アイーダ”で、ワンパートだけ歌ったプラシド・ドミンゴでした(お相手はアグネス・バルツァ)。ウィーンの方は、ドミンゴがお好きなんですね。
また、当代きってのコロラトゥーラ・ソプラノ、エディタ・グルベローヴァは第一部の“ドン・ジョヴァンニ”で登場し、こちらも多くの喝采を浴びていました。

音楽に詳しい方がすでに、ご自分のサイトでコメントを掲載していらっしゃいますが、私が興味深かったのは、DVDの演出です。
まず、途中、再建当時の出演者リストなどが、映像として紹介されるのですが、人気のある歌手が歌っている場合には、別映像の挿入はありません。別映像が入らない歌手が誰かは、見てのお楽しみです(まぁ、想像はつくと思いますが)。

このほか、エンディングのタイトルロールがで終わった後、カーテンコールのシーンがあるのですが、これが非常に長い。おそらく、日本の放送でしたら、途中でフェードアウトしてしまうであろう部分まで、収録されています。
実は、私にとっては、ここが非常に興味深いのです。というのは、会場の拍手喝采が、歌手によって明らかに違うのです。日本ですと、このような「お祝い系コンサート」では、ほぼ同じような拍手になりますが、ウィーンのお客様は厳しいですね。

ですから、カーテンコールで出てきても、さっさと引っ込んでしまう歌手の方もいらっしゃいました。なお、会場から花が投げ込まれた歌手が、3名確認できました。
ドミンゴは当たり前として、あと2名は女性歌手です。まぁ、おわかりになるとは思いますが。
このような貴重な映像が、臨場感のあるDVDで楽しめるようになったのは、ありがたいことです。なお、日本国内では、まだ発売されていないようですが、Webサイトで現地から取り寄せることも可能です。

そして、同時に発売されて、オペラファンの話題になっているのが、1955年当時の音源を使って制作されたオペラ・フェスティバルのCD(こちらは7公演すべてのハイライトを収録した3枚組)です。今まで、聴くことができなかった貴重な公演が、よみがえったと言うことで、話題になっているようです(こちらは、日本でも発売中ですね)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

その名は“PrinzOrlofsky”

IMG_0829B
経営上の苦戦が続くフォルクスオパーですが、昨年あたりから、オリジナルのCDやDVDを発売するなど、周辺事業の拡大にも本格的に乗り出すようになりました。

少しでも事業収益につながり、よりよい公演が維持できれば、ファンとしてもありがたいことです。さて、先般、フォルクスオパーに“ウィーン気質”を見に行ったときのことです。クローク近くに壁にワインの宣伝が張ってあるのを目にしました。

よく見ると、フォルクスオパーオリジナルワインの販売を始めたようです。ポスターにはワインの銘柄について、詳しい紹介がなされていました。私はワインを飲むのは好きですが、いわゆる「ワイン通」ではないので、残念ながら醸造所のレベルは判断できません。しかし、比較的高品質のワイン(発売元の表現ですと)のようです。
お値段は1本8.9ユーロとなっており、フォルクスオパーの売店で販売しています。また、ビュフェでも飲むことができるようです。

さて、その名前ですが、タイトルのように“PrinzOrlofsky”となっています。オペレッタファンの皆さんなら、すぐにわかりますよね。そう、ヨハン・シュトラウスの名作“こうもり”で夜会を主催するロシア貴族のお名前です。あの夜会、結構飲んで騒いで…という展開なので、ぴったりの名前かもしれません。ただし、オペレッタの中では、ワインを飲んでいるシーンよりは、ウォッカでアイゼンシュタインを攻めるシーンの方が、印象的ですが…

ところで、このワイン、第三幕のフランツやアイゼンシュタインのように、「悪酔い」をするのでは、ないでしょうね。
私も一本欲しかったのですが、荷物の関係で今回は断念しました。オペレッタファン必須のアイテムなので、次回訪問した際には、是非、一本購入し、フォルクスオパーの業績に少しは貢献したいものです。

さて、「お正月シリーズ」は、ひとまずこれでおしまいです。次回からは通常モードでの、記事更新を予定しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2006

国立歌劇場博物館を見ました

IMG_0807B
昨年11月にオープンした国立歌劇場博物館を見てきました。
場所は以前、ご案内したように旧国立劇場連盟グッキングオフィスの事務所(現在のブッキングオフィス事務所の裏側になります)です。

当初、入場無料と伝えられていましたが、しっかり有料になっていました。入場料は大人3ユーロです。入り口のホールには、今まで国立歌劇場で歌った主要な歌手の写真が掲示されています。
展示ホールはひとつで、あまり広くありません。展示ホールは円形で、現在は1955年の再建時から、今日に至るまでの主要なオペラ公演の写真や出演者リスト、衣装や楽譜などが展示されています。

興味深いところでは、楽団員のシフト表や裏方さんの組織図なども展示されています。
特に出演者リストは、注意深く見ると、どのような指揮者が振っている時に、どのような歌手が出演していたのかがわかり、オペラファンには興味が尽きません。

オペラに全く興味関心のない方は、3ユーロの入場料は高いかもしれません。しかし、オペラファンにとってみると、自分が見ることのできなかったすばらしい公演の一端をかいま見ることができる、貴重な場所と言えるでしょう。

なお、商売上手のホーレンダ氏らしく(これは良い意味で)、売店が非常に充実しています。販売品目はいずれも、国立歌劇場に関連したもので、DVD、CD、書籍、各種グッズなどが並んでいます。
開館時間が10時から18時(月曜日は休館)というのもにくい演出です。つまり、オペラ鑑賞前にちょっと寄ってみる…といったことが可能です。

オペラファンは一度たずねてみても損はないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2006

お役目を終えたクリスマスツリーはこちらへ

IMG_0802B
IMG_0845B

日本では、12月26日になると街(特に商店)は、一挙に「お正月モード」に切り替えるため、クリスマスツリーの寿命も「25日まで」となります。26日からは、クリスマスツリーに変わって、門松が主役になりますね。

さて、オーストリアでは、12月25日以降も、クリスマスの電飾はなくなりますが、クリスマスツリーは町中で見ることができます(厳密には電飾の装置は残っているものの、点灯されなくなります)。概ね1月6日の「三聖王の日」がクリスマスツリーやクリスマス飾り撤去の目安になっているようです。

以前もご紹介しましたが、オーストリアでは、今でも「生のもみの木」をクリスマスツリーに使うのが一般的です。ウィーン当たりでは、根のない木を使っているので、「使い捨て」となります。しかし、環境問題に関心の高い国らしく、お役目の終わったクリスマスツリーは、燃料などに変身して、最後のお勤めを果たします。

そのため、1月4日くらいになると写真のように「クリスマスツリーの集積所」が、町中に設けられます。教会の敷地に集積所が設けられることが多いようです。しかし、旧市街のように教会の敷地に余裕がないところでは、道路に集積所が設けられるようです。写真はグラーベンのペスト記念塔前に設けられていたクリスマスツリーの集積所です。すでに、付近の商店で役目を終えたクリスマスツリーが集まっています。

オーストリアでは当たり前の光景かもしれませんが、旅行者にとっては興味深い、季節の行事でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2006

TOFFUを発見

IMG_0774C
最近はウィーンでも、「日本の食材」(というか日系の食材)を多く見かけるようになりました。街の中にも、ウィーンの市民を対象とした日本食系レストランも増えているように感じます。また、ポピュラーなスーパーマーケットBILLAでも、醤油や寿司海苔などは普通に売っていますね。

さて、ウィーンの「錦町市場」こと、ナッシュマルクトを散策していた時、ある八百屋の店頭でTOFFUを発見しました。
しかも、パッケージに入ったものではなく、最近は日本でもあまり見かけることのなくなった「水に入れた状態」で販売しているのです(日本では、専門の豆腐屋さん以外では、パックに入れて販売していますよね)。さすがに豆腐専門店ではありませんから、水槽ではなく、バットでしたが…
しかし、八百屋の店頭…というのが最初は不思議な気がしたのですが、よく考えてみると、豆腐が大豆の加工品。つまり「野菜の親戚」ということなのでしょうか。そういえば、近くにはサラダがあったような気がします。
ちなみに、このお店では、一丁○ユーロという表示はありませんでした(100グラム1.4ユーロでした)が、実際には、グラム単位で切るのではなく、一丁単位での販売でしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

おいしそうなブルスト、実は…

IMG_0752B
オーストリアを代表する「軽食」は、やはりブルストでしょう。私も好きなので、簡単に食事を済ませたい時や、あまりお腹が空いていない時、愛用しています。

さて、先日、写真のような「ブルスト」を発見しました。熱々のブルストで、おいしそうですね。でも、ちょっとディスプレイが変ですね。

この「ブルスト」どこで見つけたかと言うと、ウィーンの某コンデトライのショーウィンドウです。良くできているのですが、実は「お菓子のブルスト」なのです。ごていねいにゼンメルやゼンフまで、お菓子で作ってあります。ブルストも代表的なフランクフルターとブラートブルストの2種類用意してあるところが、にくいですね。ブラートブルストなどは、断面がそれなりに作ってあるところから、作り手の「こだわり」が感じられます。大きさは、お菓子なので、本物のブルストよりも、小振りになっています。

そういえば、日本でも、このように料理を模したお菓子がありますが、どこの国でも考えることは一緒なのでしょうか。
また、この時期、縁起物の豚をかたどったお菓子もたくさん、コンデトライの店頭に並びます。正統派のトルテなどはもちろん、こんな楽しいお菓子が並ぶウィーンのコンデトライは侮れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

戌年にちなんで…犬のお世話はしっかりと…

img_1389b
日本では、今年は「戌年」です。お正月から、どこでも犬が注目の的。
でも、ウィーンでは、いつも犬は良き友達です。

時々ご紹介しているようにウィーンに限らず、オーストリアでは犬を連れている人を、数多く見かけます。通常のお買い物に同伴するのはもちろんのこと、仕事場へも連れて行っている人もいるようです。また、犬を連れた旅行も一般的で、高速道路などでも犬の乗った自家用車を、よく見かけます。毎回感心するのは、日本以上に「犬の躾」がしっかりしていることです。たとえば、町中でほかの犬と出会っても、大きな声で吠える犬はほとんど見かけません(当然、例外はありますが…)。また、人をおびえさせるような行動をとる犬も、普通は見かけません。ある意味、本当に良いパートナーとして日常生活を送っていると感じます。

さて、2005年の夏にサンクト・ポルテンへ行った際、町の中で写真のような「もの」を見つけました。イラストをご覧になれば、「何に使うものなのか」といった説明は不要でしょう。犬の「下の世話用」の袋が、標識と一緒に町の中に準備されているのです。自分自身は街歩きが好きですが、町中で犬の○○○を見かけることは、ほとんどありません。しかし、このようなものが整備されているところを見ると、困った飼い主も少なからず、存在しそうです。
しかし、この設備、落ちがあって、肝心の「袋」が品切れ中でした。いかにも、詰めが甘い、オーストリアらしい光景で、ちょっとほほえましくなってしまいました。

個人的には、このように「詰めの甘い」ところが、「オーストリアの魅力」だと感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

プラターの観覧車

80_07_04_wien04
皆さん、明けまして、おめでとうございます。
昨年は、私のブログをご覧頂き、ありがとうございました。とくにコメントを頂いた皆様、今年も昨年同様、よろしくお願い致します。

さて、新年最初の話題は、「プラターの観覧車」です。
言わずとしれた「ウィーンの名所」ですが、写真は今から25年前の1980年7月のものです。
この夏、ヨーロッパ取材旅行の途中、ウィーンを訪れた私は、友人と一緒にプラターを訪れました。以前ご紹介した「リリプトバーン」を見たかったこともあります。
せっかくプラターまで来た、ということで、大観覧車にも乗りました。その後、家族を連れてウィーンに行った際、2回ほど、観覧車に乗りましたが、木製のゴンドラは今も健在です。また、乗降時に観覧車が一旦停止するのも、今も同じです。

ただし、当時と今で一番変わったのは、観覧車の乗り場付近でしょう。当時は、写真のように普通の観覧車乗り場だったのですが、今では立派な建物が建ち、中はミニ博物館のようになっています。そうそう、下に止まっているバスも時代を感じさせますね。

ウィーンは積雪15センチだそうですが、今日もプラターの観覧車は、「プラターの春」を夢見ながら、静かに回っていることでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »