« プラターの観覧車 | Main | おいしそうなブルスト、実は… »

January 02, 2006

戌年にちなんで…犬のお世話はしっかりと…

img_1389b
日本では、今年は「戌年」です。お正月から、どこでも犬が注目の的。
でも、ウィーンでは、いつも犬は良き友達です。

時々ご紹介しているようにウィーンに限らず、オーストリアでは犬を連れている人を、数多く見かけます。通常のお買い物に同伴するのはもちろんのこと、仕事場へも連れて行っている人もいるようです。また、犬を連れた旅行も一般的で、高速道路などでも犬の乗った自家用車を、よく見かけます。毎回感心するのは、日本以上に「犬の躾」がしっかりしていることです。たとえば、町中でほかの犬と出会っても、大きな声で吠える犬はほとんど見かけません(当然、例外はありますが…)。また、人をおびえさせるような行動をとる犬も、普通は見かけません。ある意味、本当に良いパートナーとして日常生活を送っていると感じます。

さて、2005年の夏にサンクト・ポルテンへ行った際、町の中で写真のような「もの」を見つけました。イラストをご覧になれば、「何に使うものなのか」といった説明は不要でしょう。犬の「下の世話用」の袋が、標識と一緒に町の中に準備されているのです。自分自身は街歩きが好きですが、町中で犬の○○○を見かけることは、ほとんどありません。しかし、このようなものが整備されているところを見ると、困った飼い主も少なからず、存在しそうです。
しかし、この設備、落ちがあって、肝心の「袋」が品切れ中でした。いかにも、詰めが甘い、オーストリアらしい光景で、ちょっとほほえましくなってしまいました。

個人的には、このように「詰めの甘い」ところが、「オーストリアの魅力」だと感じています。

|

« プラターの観覧車 | Main | おいしそうなブルスト、実は… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戌年にちなんで…犬のお世話はしっかりと…:

« プラターの観覧車 | Main | おいしそうなブルスト、実は… »