« ヨハン・シュトラウス記念館にて | Main | ウィーン国立歌劇場再建50周年記念ガラ・コンサート放送決定 »

February 27, 2006

犬の運動場

IMG_0771B

トリノ冬季オリンピックでは、オーストリアはドーピング問題で揺れたようですが、今日は全く関係のない、お話です。

ヨーロッパでは犬を飼っている人が多いため、街の中には「犬専用の運動場」(ドッグ・ランと言うようですが)が、設けられているところがあります。

イギリスは、特に盛んなようで、以前、イギリスに留学していた姪を訪ねた際、公園の一角に、広いドッグ・ランがありました。一般的に、ドッグ・ランは犬からリートを外して運動させるため、万が一のことを考えて、周りをフェンスでかこっています。また、出入り口にも扉が設けられているようです。

さて、ウィーンでも犬を連れて、散歩をする人を多く見かけます。ウィーンでは郊外に出ないと庭付きの住宅がないので、“犬の運動はどうするのだろうか? 散歩だけで大丈夫なのかな?”と、いらぬ心配をしていました。

先日、ウィーンを訪問した際、ナッシュマルクト付近を散策していて、いわゆる「ドッグ・ラン」を見つけました。雪の残る寒い日だったのですが、愛犬家が、自慢の愛犬を遊ばせている姿を目にしました。私が以前見たイギリスの施設に比べると、さすがに狭いのですが、犬は楽しそうに走り回っていました。
ところで、この手の「犬の運動場」ですが、犬同士のケンカが気になりますが、そこは、躾が行き届いているウィーンの犬。皆さん、仲良く遊んでおりました。

きっと、ウィーンでもよく探せば、このような施設がたくさんあるのでしょう。

|

« ヨハン・シュトラウス記念館にて | Main | ウィーン国立歌劇場再建50周年記念ガラ・コンサート放送決定 »

Comments

18区の Tuerkenschanzpark にもあります。
Hasenauerstrasse と Max-Emanuel-Strasse の角から入ると、子供用の運動場の横に柵があって、そこが犬の運動場になっています。
次にいらした時には、ぜひ見て下さい。
公園そのものも、イギリス式庭園で、Semmering あたりを再現したものと言われています。

Posted by: はっぱ | February 28, 2006 05:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 犬の運動場:

« ヨハン・シュトラウス記念館にて | Main | ウィーン国立歌劇場再建50周年記念ガラ・コンサート放送決定 »