« 映像でよみがえる、すばらしい“こうもり” | Main | ヨハン・シュトラウス記念館にて »

February 13, 2006

“ズッキーニのコルドンブルー”はいかが?

img_1463b
日本では、明日、2月14日はチョコレート業界最大のイベント、「バレンタインデー」ですね(しかし、名前のご本人が日本の現状を見たら、何とおっしゃるでしょうか)。

さて、今日は、それとは全く関係のない、お料理シリーズです。

以前、“シュパーゲルのシュニッツェル”をご紹介しましたが、今回はシュニッツェル・シリーズ第二弾、“ズッキーニのコルドンブルー”の登場です。毎年、夏に訪れるザルツブルク州の小さな街があります。ここには、いわゆるオーストリア料理を提供するレストランは2軒ほどあります(ピザ屋などのイタリア料理店は別にありますが…)。そこで、今年の夏にお目にかかったのが“ズッキーニのコルドンブルー”です。“コルドンブルー”ですが、私の認識では、“ウィンナ・シュニッツェルにチーズを挟んだももの”です(正式には違うのかもしれませんが…)。

今回、挑戦した“ズッキーニのコルドンブルー”も、全く同じ「仕様」で、スライスしたズッキーニの中に、薄い豚肉とチーズを挟み、揚げてあるものでした。ズッキーニが入っているため、揚げ物にもかかわらず、さっぱりとしていて、気に入りました。日本風の名称なら「ズッキーニのはさみ揚げ」といったところでしょうか。雰囲気としては、日本の「ハムカツ」(これもすごい名称ですが)に近い食感がありました。

さて、気になるお値段は、写真のザラートもついて、6.5ユーロとお手頃なものでした。ただし、この料理、シュパイゼカルテの「今日のお奨め」に掲載されていたので、毎日、あるかどうかはわかりません。「シーズン商品」なのかもしれません。

このように「今日のお奨め」には、意外な珍品が出ていることもあり、見逃せません。ただし、なじみのない料理も多いので、当たりはずれがあるのも事実です。まぁ、これが旅の醍醐味でもあるのですが…

|

« 映像でよみがえる、すばらしい“こうもり” | Main | ヨハン・シュトラウス記念館にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “ズッキーニのコルドンブルー”はいかが?:

« 映像でよみがえる、すばらしい“こうもり” | Main | ヨハン・シュトラウス記念館にて »