« 道路標識だらけの某所 これでもか! | Main | その後の“メリーウィドウ”は… »

March 08, 2006

シュタインホーフ教会、修復完了のハズが…

IMG_0992
IMG_0980

オットー・ワーグナーが設計したすばらしい建築物のひとつであるシュタインホーフ教会は、2003年11月から修復工事を行っていました。以前、訪問した際、2005年12月のクリスマスに合わせて完成させるという表示があったので、2006年3月、天気も良かったので訪問してみました。

シュタインホーフ教会は、ウィーン郊外の「とある病院」の敷地内にあります。教会は小高い丘の上に立っているため、病院の正門から入り、坂道を登っていきます。
そうすると独特のデザインが特徴的な、教会のドームが見えてきます。さて、教会に近づくにつれて、様子が変なことに気づきました。教会の周りに柵があり、工事用とおぼしき車両がたくさん止まっているのです。

教会の前まで来て、びっくり仰天。実は、まだ工事が完了していなかったのです。ただ、外側に関しては入り口付近を除き、修復工事は終わっており、足場も撤去されています。創建当時の写真が看板になっているのですが、これを見ると、見事な修復状況であることがわかります。お天気が良かったため、黄金の像が太陽にきらめき、それは美しいこと…
柵に掲出されている看板を見ると、完成予定は2006年6月30日となっています。つまり、半年ほど、工期が遅れているようです。さすがオーストリア。日本でしたら、納期までには、何が何でも完成(ただし、後で手を入れるという、姑息な手段を使う場合がありますが)させるでしょうが、この感覚がオーストリアらしいところです。

おそらく、内部の修復に手間取っているようで、外から見ても内部には、まだ足場が組んでありました。きっと内部もすばらしい状態に修復されることでしょう。
さすがに、これ以上、工事が遅れることはないと思います。今秋、ウィーンを訪問した際には、今度は完成したシュタインホーフ教会を見学したいと思っています。

|

« 道路標識だらけの某所 これでもか! | Main | その後の“メリーウィドウ”は… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シュタインホーフ教会、修復完了のハズが…:

« 道路標識だらけの某所 これでもか! | Main | その後の“メリーウィドウ”は… »