« オペレッタ番外編 ブダペスト・オペレッタ劇場(その1) | Main | ヘッドライト点灯中! »

April 04, 2006

オペレッタ番外編 ブダペスト・オペレッタ劇場(その2)

Img_0764b
今日は、昨日に引き続き、ブダペスト・オペレッタ劇場の公演概要と私の感想をご紹介しましょう。

私は“チャールダーシュの女王”を観たのですが、最近ではハンガリーにゆかりの深い作曲家の作品を中心に、上演されているようです(“サヴォイの舞踏会”など、日本では、まず観ることのできないオペレッタも上演されています。これが結構、おもしろいんですねぇ)。

演出もハンガリー風で、例えば“チャールダーシュの女王”の第2幕、ウィーンにあるエドウィンの実家リッペルト侯爵邸では、突然バレエ団による “チャールダーシュの女王”と“ハンガリー万歳”のメドレーが披露されました。本来、ウィーンのリッペルト侯爵邸で、ハンガリーのダンスが披露されるのも変な話なのですが、お客様を盛り上げるには最高のタイミングです。当然、お客様は手拍子の連続となります。ブダペスト・オペレッタ劇場の特徴は、観客と舞台の一体感なのですが、とにかく演奏の途中から手拍子が始まります。これは、アンコールを期待しての手拍子のようです(共産党政権下のマスゲームの影響というご意見もあるようですが…)。

ウィーンフォルクスオパーでも、第3幕の“ヨイ・ママン”はアンコールを含めて、3回歌われます。しかし、こちらは、盛り上がっているにもかかわらず、2回でおしまい。公演全体の盛り上がりからすると、ちょっと物足りない感じがしたのですが、…実は、グランドフィナーレの仕掛けが待っていたのです。なお、舞台に上がっていた楽団メンバーは演奏が終わったら、裏からオーケストラピットに戻ってくるのが見えました。とにかく掛け持ちだから、大変です。
さて、フィナーレです。私が今まで見たウィーンフォルクスオパー版では、“踊りたい”の曲が流れて、主要な出演者がダンスをしながら、お開きとなります。しかし、ブダペスト・オペレッタ劇場では、その後、“元チャールダーシュの女王”であるリッペルト侯爵婦人が再度登場し、シルヴィアとデュエットを披露するシーンがありました。また、その後も演奏が続き、客席もだんだん盛り上がってきます。いわゆる“ブラヴォー”のかけ声もあるのですが、“ウォー”という歓声や、“ヒュー、ヒュー”という口笛が出るのには、正直驚きました。

一度、幕が下りてから、主要な歌手が登場します。その後、再び幕が開き、お客様の手拍子に応えてカーテンコールの演奏とコーラス、ダンスが始まりました。カーテンコールのアンコールは、結局3回くらいやっていでしょうか。最後は指揮者が舞台に上がって、舞台の上から指揮をしていました。
とにかく、グランドフィナーレは「異様な盛り上がり」となります(その後、数回訪問していますが、プログラムの違いはあってもグランドフィナーレの盛り上がりは一緒です)。

実は手拍子のリズムは途中から変わっているのですが、瞬時にお客様の手拍子のテンポが見事に合うところに頭が下がります(これも共産党政権下の影響でしょうか?)。

日本でオペレッタの普及に尽力をしている寺崎裕則氏(日本オペレッタ協会)も、常々おっしゃっていますが、世界のオペレッタは変革期(というか転換期)を迎えています。とくに現代風の新演出には、否定的な意見の方が多いようです。

一方、ブダペスト・オペレッタ劇場のオペレッタ公演ですが、音楽評論家の皆様から見ると、芸術性などの面で、厳しい指摘があるのかもしれません。確かに音楽の素人である私が観ても、リストの中には、歌唱力に疑問がある方もいらっしゃいます。また、楽団の演奏も今ひとつとった場面もあります。

ウィーンフォルクスオパーが、演奏・歌・バレエ・コーラス・お芝居のバランスを重視し、芸術性の高いオペレッタを上演しているのに対し、この劇場のコンセプトははっきりしています。それは、「日常を忘れ、明日から活力が出るような、楽しい舞台を提供すること」です(と私は解釈しています)。楽しそうな笑顔で劇場を後にするお客様の表情を見ると、それを実感します。とにかく、「理屈はけっこう、とにかく思いっきり楽しい一時を過ごしてください」…そんなメッセージが感じられます。

そんな「夢の一時」を提供してくれる「ブダペスト・オペレッタ劇場」なのですが、総裁が替わってからは、ご多分に漏れず、オペレッタの上演回数が減り、ミュージカルにシフトしていると東京のハンガリー観光局スタッフの方から教えていただきました。これも「時代の流れ」なのでしょうか。

|

« オペレッタ番外編 ブダペスト・オペレッタ劇場(その1) | Main | ヘッドライト点灯中! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オペレッタ番外編 ブダペスト・オペレッタ劇場(その2):

« オペレッタ番外編 ブダペスト・オペレッタ劇場(その1) | Main | ヘッドライト点灯中! »