« オペレッタ番外編 ドレスデン・オペレッタ劇場(StaatsOperetteDRESDEN) その2 | Main | ナンバープレートにご注目 »

May 15, 2006

フォルスクオパー2006/2007シーズン・プログラム発表

Img_1482b_1
ルドフル・ベルガー氏の辞任発表などがあり、気になっていたフォルクスオパーの来シーズン・プログラムが、先日発表されました。

概要をご紹介しましょう。まず、外国人演出家の登用が目立つようになりました。また、従来は同じ演目が連日上演されるケースがほとんどなかったのですが、来シーズンは、このようなケースが散見されるようになりました。この他、休演日も若干増えているように感じます。プログラムの種類は37演目と、こちらも若干少なくなっているような気がします。

○オペレッタ
まず、オペレッタですが、新演出は“伯爵令嬢マリッツァ”があります。前回のリニューアルで「大ひんしゅく」を買ってしまったカールマンの名作ですが、今回、再リニューアルの運びとなりました。注目されるのは、ブダペスト・オペレッタ劇場から演出家等(Miklós-Gábor、 Kerényi Bühneの名が上がっています)を招聘するということです。これは、ある意味、画期的なことであると同時に、従来以上にハンガリー色を前面に打ち出すことの意志であると思っています。また、主演クラスもハンガリーから、ゲストとして招聘するようです(現時点ではTünde Frankóの名が上がっています)。私としては、ヨーロッパのオペレッタ劇場が良い意味で、協力し、オペレッタを盛り上げてもらいたいものです。さて、プルミエは12月17日。オペレッタファンは行く以外考えられません!!

また、“こうもり”のリニューアルも予定されているようです。ハインツ・ツェドニクを中心に、出演者を一新しての上演が計画されています。こちらは、12月29日がプルミエとなるようです。さて、妙な演出にならなければ良いのですが…

もう一つ、変わった演目が登場します。クルト・ヴァイル作曲の“Der Kuhhandel”です。残念ながら、こちらの方は知識がないので、あんだんてさんのような専門家に助言をいただきたいところです。なお、ブレゲンツ音楽祭との共同制作がうたわれています。プルミエは2007年5月5日の予定です。日本在住者としては、プルミエの日にちが「くせ者」ですね。

この他、オペレッタで来シーズン、継続上演される演目は、“メリーウィドウ”(こちらは上演回数が異常に多い)、“ジプシー男爵”、“ルクセンブルク伯”、“ボッカッチョ”となっています。ちょっと寂しいですね。

○オペラ
オペラ関係では、日本の人気にあやかったわけではないのでしょうが、“ツゥーランドット”が登場します(プルミエは10月27日)。こちらも、海外から演出家を招聘してのプログラムになるようです。

この他では、新演出としては、“Freischütz”、“Die Spanische Stunde” 、“Die Kluge”、“Nachtlager in Granada”などが上がっています。ちょっと、変わった演目が多いような印象を持っていますが、皆様はいかがですか。

継続上演される演目としては、“ニュルンベルクのマイスタージンガー”、“フィガロの結婚”、“ヘンゼルとグレーテル”、“魔笛”、“カルメン”、“Der Evangelimann”などが上がっています。


Img_1603b
○ミュージカル
“An einem Abend: DIE SPANISCHE STUNDE/DIE KLUGE” (プルミエは3月31日)、“DIE KLUGE von Carl Orff”などが、新しく登場します。

この他、継続上演される演目としては、“サウンド・オブ・ミュージック” “ラ・カージュ・オ・フォール(LA CAGE AUX FOLLES)”などが上がっています。

○バレエ
バレエの新演目としては、“アンナ・カレーニナ”(11月27日がプルミエ)、“THEY WILL ROCK YOU”(3月4日がプルミエ)などがリリースされています(関心が弱いので、簡単ですみません)。

継続上演される演目としては、“Nicht nur Mozart”(確か、今シーズン、中村さんが出演したと思います)、“Tschaikowski Impressionen”などがあがっています。

予算の関係で、そうとう厳しい状況におかれている、フォルクスオパーですが、ベルガーさんもお辞めになる前に、何とか、「起死回生の一発」を打ち上げてもらいたいものです。

|

« オペレッタ番外編 ドレスデン・オペレッタ劇場(StaatsOperetteDRESDEN) その2 | Main | ナンバープレートにご注目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フォルスクオパー2006/2007シーズン・プログラム発表:

« オペレッタ番外編 ドレスデン・オペレッタ劇場(StaatsOperetteDRESDEN) その2 | Main | ナンバープレートにご注目 »