« 2006メーデーこぼれ話 | Main | 乗り物の話題 »

May 02, 2006

今年も来ました シュパーゲルの季節

Img_1489b
5月のウィーン名物といえば、なんと言ってもシュパーゲルでしょう。いわゆる「ホワイトアスパラガス」というやつですね。

日本人が大好きな季節限定メニューで、レストランやカフェでも、シュパイゼカルテに仰々しく紹介されているケースもあります。

先日、フォルクスオパーでミュージカルを見た帰りに、近くのカフェに寄ったところ、シュパーゲルの文字が…
さっそくオーダーしました。写真は、そのときのお料理です。豪勢にも三本のシュパーゲルが乗っています。また、中央の一本が、太いですね。シュパーゲルは、茹でて食べるわけですが、ソースをかけて頂くのが一般的なようです。最もポピュラーなのがオランダソースですが、このときは、バターソースが付いてきました。また、シュパーゲルの上には、焼いたシンケンが乗っています。観劇の後にしては、ちょっと重い感じがしましたが、シュパーゲルそのものはさっぱりしているので、おいしく頂くことができました。

まさに「野菜の王様」という表現がぴったりですが、季節を感じる一品と言えるでしょう。最近では、需要が旺盛で、地元、オーストリア以外からも輸入されているとか…(写真は、露天に並んだ、おいしそうなシュパーゲルです)。
Img_1571b

また、この季節の団体旅行などでも、パンフレットに「シュパーゲルをいただきます」といった記述が見られるようになりました。ただ、食材のお値段がどうしても高いので、余りやすいところだと、「貧相なシュパーゲルとの出会い」になりますので、注意が必要です。
Img_1596b

|

« 2006メーデーこぼれ話 | Main | 乗り物の話題 »

Comments

昨年の記事の時も書いていらっしゃていて、今回又話題にされているので書きこみます。
私は、ここのところ、このゴールデンウイークに毎年ウイーン旅行してウイーン料理をいろいろ食べましたが、変な料理を食べるよりこの時期、シュパーゲル料理を食したほうが良いかも知れませんね、スーパーを覗いてみても、ナッシュマルクトでもありましたし・・・・(この時期しか行っていないのではっきりは解りませんが)
12時間近く飛行機に揺られてくたくたになった
胃袋にも抵抗無く流しこめる本当にウイーン料理でおいしいと言えるものと確信しています。

追伸。ドレスデンオペレッタの事をお書きですが
ほかの事を知らないので教えて頂きたいのですが
ミュンヘンのゲルトナープラッツが東京に来たときに、ベニスの一夜をみたのですが、ここもコミカルなもの等を出し物にしているのではないのでしょうか、(オペレッタとは限ってないようですが)
これからもいろいろな話題よろしくお願いします
楽しみにしていますので

Posted by: | May 08, 2006 at 08:00 PM

コメント、ありがとうございます。
シュパーゲルは本当においしいですね。
さて、ご指摘のように、ヨーロッパの他の歌劇場でもオペレッタを上演しているようです。
ただし、オペレッタ主体の劇場は少ないようです(最も、上記の三劇場も少なくなっていますが)。
また、他の劇場で鑑賞しましたら、お知らせします。

Posted by: オペレッタにはまっている男 | May 08, 2006 at 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52873/9864680

Listed below are links to weblogs that reference 今年も来ました シュパーゲルの季節:

« 2006メーデーこぼれ話 | Main | 乗り物の話題 »