« 携帯電話で市内交通に乗ろう | Main | オペレッタ番外編 新国立劇場“こうもり” »

June 19, 2006

島てるみさんのリサイタルにて

Img_2638b
6月上旬、市内11区のFloridsdorfで、日本人ソプラノ歌手、島てるみさんのリサイタルがありました。以前、ウィーンでご紹介いただいた縁から、リサイタルをご案内いただき、鑑賞する機会がありました。
当日は、夕方から雨が降り出し、ちょっとお客様の出足が遠のいてしまいましたが、熱心なオーストリアのお客様で、会場は大いににぎわっていました。

今回のプログラムは、ピアノの伴奏で、モーツァルト関係の歌曲が中心です(ピアニストはハンガリー出身の男性でした)。私が初めて聞く曲も多かったのですが、いつも訪れる国立歌劇場やフォルクスオパーとは、ひと味違った楽しい一時を過ごすことができました。音楽的なコメントは別に、当日、自分自身が感じたことをご紹介しましょう。

<下に続きます>

○地域の方を対象とした無料のリサイタル
実は、今回のリサイタルは地区博物館という施設で行われました。当日、訪問すると、当月の予定が掲載されており、定期的に無料のリサイタルが行われているようです。

正直、質の高い音楽を、身近で楽しむことができるウィーンの人たちが、うらやましくなりました。実際、「自宅で夕食を終え、ご夫婦でちょっとやってきた」という感じのお客様も多数いらっしゃいました。

会場は、いわゆるコンサートホールではなく、地区博物館の一室(いわゆるロビーのような感じの場所)でしたが、しっかり、グランドピアノが設置されているところが、ウィーンらしいところでしょうか(簡単に搬入できないようなので、常設されていると思われます)。
Img_2614


○お客様は、温かい現地の皆さま
実は、会場に向かう前は、正直、「日本人の観客が多いのではないか」と予想していました。これは、私の偏見だと思うのですが、個人のリサイタルになると、日本の場合、いわゆる「動員」を欠けるケースが多いため、今回も現地に住む日本人の方が、たくさんいらっしゃると、勝手に想像していました。

しかし、実際にリサイタルが始まる時間が近づいても、会場にいらっしゃるお客様は、ほとんどオーストリアの方でした。日本人は、現地にお住まいの島さんのお友達と私の二人だけでした。実は、私が、今回、島さんのリサイタルを鑑賞したいと思った理由の一つに、現地の皆さんの反応がありました。大人数が出るオペラやオペレッタと異なり、観客との間も近く、かつ対象が絞り込まれているリサイタルでは、お客様の反応が良くわかります。

島さんは、見事なドイツ語で歌曲を歌っていましたが、私の周囲を見ると、皆さん、温かいまなざしを送っていました。また、歌い終わった後の拍手も、温かさが感じられるものでした。すばらしいリサイタルには国境はないということを、実感した一夜でした。

○手作りにおもてなし
途中、20分ほどの休憩がありました。いわゆる専門のコンサートホールではないので、観客の皆さんは、休憩時間中、同じフロアーにある博物館を見ていました。その一角で、地区の皆さんがワインやカナッペ、カフェなどを準備して、観客をおもてなししていたのです。当然、無料なのですが、テーブルの上には、「かご」があり、そこへ、自主的に寄付金を入れてもらう仕組みになっていました。

夏に地方の教会で、コンサートがあるのですが、この時も、このような「手作りのおもてなし」が行われることがあります(この場合、コンサートは有料のケースが多いですが)。何か、オーストリアらしい、ほのぼのとした温かさを感じました。日本の場合、色々な規制があって、このようなサービスは難しいようです。


アンコールはピアノ演奏も含めて、数曲行われましたが、最後は、島さん得意の“ほろ酔いの歌”でした。酔っぱらいの振りをして、お客様に絡みながら歌うのですが、ここで完全にお客様の心を掴んだように感じました。お話を伺うと、このような公開公演の他にも、いわゆる「貸し切り公演」を行っていらっしゃるとのことでした。

Img_2631

おそらく、ウィーンやオーストリアには、日本ではあまり紹介されることのない「隠れた名歌手や、名演奏家」がいらっしゃると思います。そういう皆さんと、現地でお会いすると、また充実した時間を過ごすことができます。
島さんは、実はウィンナーリートも勉強されているそうなので、次は、そちらも是非、現地で聴いてみたいと考えています。

|

« 携帯電話で市内交通に乗ろう | Main | オペレッタ番外編 新国立劇場“こうもり” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 島てるみさんのリサイタルにて:

« 携帯電話で市内交通に乗ろう | Main | オペレッタ番外編 新国立劇場“こうもり” »