« ウィーンフィルも雨にはお手上げ? | Main | 島てるみさんのリサイタルにて »

June 12, 2006

携帯電話で市内交通に乗ろう

Img_2490
日本でも携帯電話の多機能化により、電子マネーが搭載されるようになりました。また、最近ではJR東日本の乗車券としても利用できる機種も出てきました。

さて、先日、ウィーンの路面電車に乗っていたところ、写真のような広告を見かけました。SMSという携帯電話の付加機能(Short Message Service:携帯電話同士で短い文字メッセージを送受信できるサービス、欧文で160文字程度まで送信できます)を利用して、市営交通の乗車券がオンラインで購入できるようです。
提供されているのは、90分間利用可能な片道チケットのようで、お値段は2.2ユーロとなっています。お値段から判断すると、最低区間ではないようです。

このSMSというシステムを使って、国立歌劇場やフォルクスオパーのチケットも予約可能なので、こちらでは結構普及しているシステムなのでしょう(日本では携帯電話でもメールサーバーを使うシステムの方が普及していますが、SMSもひっそりとサービスされています)。

日本と異なり、通常は改札口でのチェック(日本では自動改札になっていますが)が、ないので、比較的容易に導入できるのでしょう。仮に臨時改札を行った場合でも、携帯電話が受信したSMSに購入した日付等が入っていますから、すぐに判断できます。

考えてみると、地下鉄の駅や路面電車の車内以外には自動券売機がありません。しかも、路面電車の車内に設置されている券売機は、硬貨専用なので、この手のサービスは意外と便利かもしれません。ただ、どの位のうぃーン市民が、利用しているのかは、わかりません。

|

« ウィーンフィルも雨にはお手上げ? | Main | 島てるみさんのリサイタルにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯電話で市内交通に乗ろう:

« ウィーンフィルも雨にはお手上げ? | Main | 島てるみさんのリサイタルにて »