« 消防署祭り…その実態は… | Main | 美味しそうな「海苔巻き」ですが… »

July 24, 2006

エアコンと壁掛けテレビ

Img_2248b
日本では「梅雨の長雨」で、大きな被害が出ていますが、ヨーロッパでは猛暑で、お亡くなりになっている方が出ているようです。ヨーロッパの気象情報を聴いていると、日本人としては、「異常な暑さ」というほどではないように感じます。

まぁ、日本は、事実上、熱帯ですから、ある程度、暑さへの耐性が備わっているのかもしれません。また、熱帯故にエアコンが必需品になっていることも、影響しているのでしょう。正直、ヨーロッパの一般家庭には、強力な暖房装置はあっても、エアコンはほとんど普及していないと思います(昔の北海道が、同じような感じでした)。

さて、私がウィーンで定宿にしている某ホテルですが、今年の前半、大規模な改装工事が行われました。今回の改装を機に、全室エアコン完備となりました(今までは、半分はエアコンがありませんでした)。また、合わせてスチーム暖房システムが廃止されたようです。
<下に続きます>

この前、ウィーンを訪問した際、偶然にも改装工事が終わった、真新しい部屋を利用することになりました。室内のインテリアデザインが、従来とは全く変わってしまい、正直びっくりしました。何しろ、日本でも珍しい壁掛けテレビ完備ですから。
Img_2242b_1
で、例によって部屋の中を色々と見ていると、エアコンのコントロールパネルを発見しました。どこかで見たようなデザインなので、よく観察していると、日本の某電機メーカーのロゴがついているではありませんか。これには、びっくり仰天です。
以前、「日本車は良いが、部品が輸入なので高い」という話題を紹介しましたが、エアコンの保守部品も、日本から運んでいるのだとすると、結構なお値段になってしまうようで、心配です(これ以上、部屋代が上がったら困るので)。
なお、壁掛けの液晶テレビは、日本製ではありませんでした。

|

« 消防署祭り…その実態は… | Main | 美味しそうな「海苔巻き」ですが… »

Comments

オペレッタにはまっている男さま、

いえいえ、この暑さには、日本人が一番参っています。
今日は日陰で37℃まで上がったようで、昨日、地方に出張した時、レストランの外についていた温度計を見たら、40℃になっていました。
(というより、目盛が40までしかなくて、針がそれ以上、行かなかったような感じですが、昼食前は37℃で止まっていたので、間違いではないと思います。)

陽光が日本より強く、ジリジリと焼かれるような暑さですが、湿気が少ないのが救いでしょうか。
今日が一番暑い日・・・とは言っていますが、さて、どうなる事やら。月曜日から、また30℃以上の日が続く事が予想されています。

Posted by: はっぱ | July 29, 2006 02:05

はっぱさん、こんにちは。
先日、英国に行った知り合いの方から、猛暑の実態を伺いました。英国では100年ぶりとか…
大陸側も暑いようですね。確かに日差しは強いですよね。いい調子でビアを飲んでいると、すぐ水分が蒸発してしまいます。
さて、8月中旬にはメルビッシュにお伺いしますが、さて、今年は…

Posted by: オペレッタにはまっている男 | July 29, 2006 07:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エアコンと壁掛けテレビ:

« 消防署祭り…その実態は… | Main | 美味しそうな「海苔巻き」ですが… »