« 趣味のホテル経営 | Main | オペレッタ・シーズン開幕 »

August 28, 2006

屋外カフェの強い味方!?

Img_0805
まもなくオペレッタ、オペラの2006/2007シーズンが始まりますが、「オペレッタの話題」はもう少しお待ちください。

今日も「夏の話題」です。
オーストリアに限らず、ヨーロッパでは、夏の時期、カフェのテラス席は大人気ですね。私は甘いものではなく、ビアやワインなどを頂きますが、リゾート地のカフェでの一時は、また格別です。

また、アイスクリームが好きな方が多いようで、カフェで、大人も、子供も仲良くパフェを食べている姿を見かけることがあります。「夏の風物詩」といった感じなのですが、一つ困ることがあります。それは、蜂君の襲来です。あちらも、夏の間は稼ぎ時なのでしょうが、どうしてもリゾート地のカフェの場合、甘い香りにつられて、蜂君がやってきます。

実際、今年の夏も、あるカフェで、隣のテーブルでアイスクリームを召し上がっていた女性グループに蜂君が目をつけて、ちょっとした騒ぎになったこともありました。

さて、ルストのカフェで見つけたのが、写真のような「道具」です。最初は何かわからなかったのですが、よく見ると、実は「蜂地獄」のようなものです。プラスチック製のタンクの中に、蜂君を誘引するような蜜が入っているのだと思います。そして、上にある口から、蜂君が入ってくると…後はご想像にお任せします。


私が見た「道具」には、結構、蜂君が捕まっていました。この装置、上から吊すこともできるようですが、私が見たカフェでは、パーテーションの上に置いてありました。

それにしても、色々なものを考えるものですね。

|

« 趣味のホテル経営 | Main | オペレッタ・シーズン開幕 »

Comments

 今はシーズンオフですから「オペレッタの話題」が少ない事を気になさらないでください。
 私は1979年フォルクスオーパー初来日の時オペレッタに開眼。以来「我が夢の都ウイーン」に惹かれて時々出向いております。(と言っても年平均、約1回のペースですから”はまっている男さん”の足元にも及びませんが・・・) 従ってオペレッタ、オペラに限らず現地の情報には何かと興味を持っております。私、もともと野次の馬さんですし。
 こんな事がありました。カーレンベルクにバスで上った時、道路の感じからして昔ここには登山鉄道があったのではないかと何となく想像したのですが、今春ウイーンの友人(日本女性)の義母様(ウイーンっ子・80歳)にお会いした時、その事を尋ねたら何処からだったか詳しい場所は記憶に無いが確かに登山鉄道があったとの事。私の勘は当たっていました。そして私が帰国して数日後「オーストリアこぼれ話」になんと「ウイーンの登山鉄道」の事が詳しく載っていたのです。嬉しかったですね。
 ・・・と言う次第で「オーストリアこぼれ話」は私の一番のお気に入りのブログです。  

Posted by: Unicorn (ユニコーン) | August 28, 2006 16:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 屋外カフェの強い味方!?:

« 趣味のホテル経営 | Main | オペレッタ・シーズン開幕 »