« オペレッタ番外編 日本オペレッタ協会の“こうもり” | Main | ビッグな誕生日プレゼント »

October 23, 2006

人気スポットのクアパーク

Img_2358b
日本の秋も深まって、温泉が恋しい季節になってきました。紅葉を愛でながら、温泉を楽しむというのは最高の贅沢でしょうか。

さて、ウィーンにも「温泉」がありますね。有名どころでは、「ウィーンの森」の東南端にあるバーデンとオバラ(Oberlaa)でしょうか。

先日、ウィーンを訪れた際、ちょっと時間が余ったので、オバラへ行ってみました。実は、温泉よりもガーデン・ショーなどが開催されるという広大な庭園が、どんなものなのかを見たかったからです。オバラですが、路面電車67系統の終点がクアパークです。この停留所に隣接して、保養センターがあります。

私は庭園を散策したかったため、68A系統バスで北門から入りました。というのは、北門からだと、保養センターのある区域まで、下り一方で、楽に散策ができるからです。

庭園内には、大きな池や芝生の広場などもあり、本当にのんびりと過ごすには最適の場所です。訪問した時は、あいにく天気が悪かったため、庭園を散策している人は少なかったのですが、天気が良ければ、多くの市民でにぎわうことでしょう。ウィーンらしく、庭園の管理も徹底しており、非常にきれいです。写真は、庭園の方から路面電車の停留所方向を見たところですが、これからも庭園の美しさがご理解いただけると思います。

私は、用意をしてこなかったため、保養センターは利用しませんでしたが、水力マッサージのある温泉プールや、サウナ、子供用プールなどが完備しているようです。実際、平日にもかかわらず、保養センターには、多くの人が来場していました。

また、保養センターには、これまた有名なコンデトライがあり、ここのお菓子を買うためにいらっしゃる方も多いようです。
しかし、面白いことに、これだけの施設でありながら、有名なコンデトライ以外、飲食店がほとんどありません。路面電車の停留所(終点ですから「駅」みたいなものですが)に隣接して、郵便局やお店が軒を連ねたショッピングセンターがあります。その中に小さなカフェやビュフェが営業している程度でした。

日本の温泉保養施設とは、一線を画すウィーンらしい施設だと感じた次第です。もし、このブログをご覧の方で、オバラのクアパークを利用した方がいらっしゃったら、ご感想をうかがいたいものです。

|

« オペレッタ番外編 日本オペレッタ協会の“こうもり” | Main | ビッグな誕生日プレゼント »

Comments

温泉フリークのはっぱです(笑)

車がなかった頃は毎週通っていました。
テルメには珍しく、サウナが男女に分かれています。
が・・・サウナ領域は狭いし、庭もほとんどありません。

市電の便が良いためか、中流~下流(失礼!)の家族の利用が多いようで、外国人労働者家族もよく見かけます。
(私も下流の外国人労働者です ^^;)
VAMED 経営になってから、FKK がなくなってしまいましたが
以前は FKK 時に、プール内でとんでもない事をしているカップルの水中からの写真がマスコミに流れてスキャンダルになった事があります(20年近く前の話)

今では健康的な温泉です。でも、やっぱりウィーン市内なので、領域としては田舎のテルメより狭いので、私には閉塞感があります。

今度、ご一緒しましょうか? え? やだ?! (笑)

Posted by: はっぱ | October 26, 2006 07:23

>はっぱさん、お久しぶりです。

国は違えど、温泉というのは、ある種、いかがわしいところがありますからね。オーストリアならば、いかにもありそう…

自分が経験しないと、コメントできないから、長期滞在の折、行ってみようかな(^^;)

Posted by: オペレッタにはまっている男 | October 26, 2006 12:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人気スポットのクアパーク:

« オペレッタ番外編 日本オペレッタ協会の“こうもり” | Main | ビッグな誕生日プレゼント »