« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 26, 2007

変わったゴミ箱、その理由は?

Img_5136b
私はオーストリアやウィーンは好きなのですが、「ひいきの引き倒し」がきらいなので、すべてが好きな訳ではありません。正直、今でも好きになれないところもあります。

その一つが、「喫煙マナー」です。私は、今はたばこを吸いませんから、他人の喫煙が、正直、気になります。とは言っても、親しい方などの前で、露骨に嫌な顔をするほど、子供ではありませんが(もちろん、相手もそれなりに配慮していただけますので)。

Continue reading "変わったゴミ箱、その理由は?"

| | Comments (0)

February 23, 2007

大駅展 お土産情報

Img_5636
リクエストに弱い「オペレッタにはまっている男」なので、メリーさまからのご要望にお応えして、「大駅展」に関連して、ウィーン・ムゼウム・カールスプラッツの売店で、販売しているおみやげ物の一部をご紹介します。

上が、「オーストリア鉄道初期の絵」のレプリカ(とっても小さいです)。折りたたむと下のような感じです。
下の左側が、切符型マグネット。これは、オススメです。お値段は、切符型マグネットが一個(一枚かな)3.9ユーロ、絵の方は特売だったので2.5ユーロでした。

ただ、いずれも在庫があるかどうかは、その時になってみないとわからないので、ご了承下さい。

| | Comments (3)

February 21, 2007

冬のプラター

Img_5184b
大観覧車で有名なプラターは、春から秋にかけては、多くのお客様でにぎわう施設です。今回、滞在中、たまたま天気が良かったので、ふらっと寄ってみました。

当たり前ですが、冬期間でも観覧車は営業中でしたが、実はその他のアミューズメント施設は、軒並み休業中でした。そのため、すばらしい快晴にもかかわらず、お客様がまばら… 観覧車以外で営業していたのは、室内の電気自動車など、ほんの数えるほどでした。

考えてみると、通常、ウィーンの冬はかなり寒い訳ですし、場合によっては雪も降ります。そんな中で、ジェットコースターに乗るような酔狂な人間は、あまりいないでしょう。

Continue reading "冬のプラター"

| | Comments (0)

February 20, 2007

フォルクスオパーの「魔弾の射手」

Img_5232b
ウェーバーのオペラ「魔弾の射手」は、日本では序曲が非常に有名ですが、実はオペラそのものは、意外と上演されることがありません。

この「魔弾の射手」が、フォルクスオパーで、久しぶりに上演されることになりました。最近、フォルクスオパーで新しく上演されるオペラは、様々な趣向を凝らしたものが多く、話題には事欠きません。

私は、まだ観たことはないのですが、「トゥーランドット」では、出演者一同が虫に扮しているそうです(どんな展開なのか、想像がつきません。虫の衣装で「誰も寝てはならぬ」を歌うのでしょうか?)。まぁ、中途半端な演出よりは、思い切った方が良いでしょう。

それにしても「魔弾の射手」は、オペラ、オペレッタのタイトルでは数少ない名和訳と言えるでしょう。何しろ原題を直訳すると「自由射撃」となりますから…

Continue reading "フォルクスオパーの「魔弾の射手」"

| | Comments (0)

February 19, 2007

番外編 バイエルン国立歌劇場「ロベルト・デヴェリュー」

Img_5301b
いつもはウィーンをホームグランドとしている私ですが、今回は「浮気」をして、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場を訪ねることにしました。
というのは、エディタ・グルベローヴァさんが、エリザベッタに扮する“ロベルト・デヴェリュー”が上演されているからです。“ロベルト・デヴェリュー”はウィーン国立歌劇場で、数回見ていますので、劇場の雰囲気、演出の違い、観客の反応など、見所は「満載」です。
ご存じの方も多いと思いますが、バイエルン国立歌劇場は、日本でも人気の歌劇場で、日本舞台芸術協会の招へいで、たびたび来日しています。

Continue reading "番外編 バイエルン国立歌劇場「ロベルト・デヴェリュー」"

| | Comments (0)

冬の風物詩 市庁舎前広場のスケートリンク

Img_5066b_1
オーストリアで冬のスポーツと言えば、なんと言ってもアルペンスキーでしょう(最近はワールドカップでも、不振が目立ちますが)。

逆にフィギュアも含めたスケートに関しては、オーストリア選手の目立った活躍は聴きません。

という訳でアイススケートはマイナーなスポーツと思われがちなのですが、冬のレジャーとしては定着しているようです。春夏秋冬、何かしらイベントを開催している市庁舎前広場ですが、毎年冬の時期になると、特設スケートリンクが開設されます(今年は1月19日から3月4日まで)。

Continue reading "冬の風物詩 市庁舎前広場のスケートリンク"

| | Comments (0)

February 18, 2007

「大駅展」開催中

Img_5074b
現在、ウィーン・ムゼウム・カールスプラッツでGROSSER BAHAHOFなる特別展が開催されています(直訳すると「大駅展」ですが、要するにウィーンしないの拠点駅の歴史を取り上げたものです。博物館の性格上、ウィーン以外の駅は取り上げられていません)。この展示会は、ムゼウムの1階特設会場で開催されており、ウィーン市内の拠点となる鉄道駅の歴史を多角的に紹介しています。

Img_5098b

南駅、北駅、フランツヨーゼフ駅、西駅、東駅といった代表的な駅の、完成当時の写真や絵画、図面、模型、関連する旅行ポスター、切符、案内板、ダイヤなどが展示されており、鉄道ファンにとっては興味深い内容になっています。いずれの駅も完成当時は、宮殿を思わせる立派な駅舎だったことがわかります(鉄道駅の重要性がよくわかります)。

Continue reading "「大駅展」開催中"

| | Comments (2)

February 17, 2007

カーレンベルクの夜景

Img_5118b
先日、カーレンベルクの記事を掲載しましたが、オペレッタ以外では、珍しく複数の方からコメントを戴きました。皆様、どうもありがとうございます。

さて、私は今まで、昼間しかカーレンベルクに行ったことはありませんでした。というのは、秋から春にかけて、「夜のお楽しみ」は夜景よりもオペレッタ、オペラ鑑賞だからです。いずれも終演が23時前後で、かつ、その後、近くのカフェでワインを戴きながら、クールダウンするのが「私の定番」なので、タクシーを飛ばして、カーレンベルクまで行こうという気持ちが起こりません(お金もありません)。

そんな私ですが、ついに(大げさ)、カーレンベルクの夜景を征服しました。当日は、あいにくの小雨模様でしたが、比較的視界は良好で、プラターの観覧車が見えました(もちろん、電飾が見えただけですが)。

Continue reading "カーレンベルクの夜景"

| | Comments (0)

街頭デジタルプリンタ

Img_5099b
日本でも最近は、写真屋さんや家電量販店の店頭、さらにリゾート地のホテルなどにセルフサービス方式のデジタルプリンタを見かけるようになりました。

メモリーメディアを機械に挿入し、サイズや枚数を指定すると、自動的に印刷されるという便利グッズです。簡単に出先でプリントができるので、急ぐ時には助かります。

さて、ヨーロッパでも今ではデジタルカメラが全盛期ですが、ウィーンの地下鉄カールスプラッツ駅で写真のようなデジタルプリンタを見つけました。

Continue reading "街頭デジタルプリンタ"

| | Comments (0)

February 16, 2007

ルドルフ・ビーブル「こうもり」を振る

Img_5106b
国立歌劇場が舞踏会で盛り上がっている時、フォルクスオパーではウィンナ・オペレッタの定番「こうもり」が上演されました。

今回の「こうもり」ですが、フォルクスオパーでは久しぶりにルドルフ・ビーブル氏が指揮を行いました。ルドルフ・ビール氏は、最近ではメルビッシュでのオペレッタ指揮が有名で、フォルクスオパーへの登場は久しぶりだと思います。

出演者は、私が1月に観た時とは、がらりと変わりました。アイゼンシュタイン役がThomasSigwald、ロザリンデ役がEdithLienbacher、アデーレ役がBarbaraPayha、イーダ役がDanielSchmutzhard、オルロフスキー役がElisabethKulman(彼女だけが唯一、前回から継続出演でした)、アルフレード役がDanielBehle、フランク役がJosefLuftensteiner、フロッシュ役がGerhardErnst、ブリント役がChristianDerscherという陣容でした。
演出は、細かいアドリブを除けば、昨年12月に改訂されたものが踏襲されています。

Continue reading "ルドルフ・ビーブル「こうもり」を振る"

| | Comments (2)

February 15, 2007

国立歌劇場舞踏会あれこれ

Img_5059b
今年は2月15日に国立歌劇場舞踏会(Operenball)が開催されました。

13日から国立歌劇場の公演を休演にして、準備をするくらい、大がかりなものです。とくに平戸間とオーケストラピット、舞台が舞踏会の会場となるため、「舞台」の設営が大変です(そのため、翌16日は、舞踏会の設備を転用して、子供向けの「魔笛」が上演されます)。さらに舞踏会では、飲み物、食べ物が必須なので、朝からケータリング会社のデリバリーも盛んに行われています。さらに、カラヤン広場には、テントが設置されていました。

Img_5062b

ところで、国立歌劇場舞踏会ですが、毎年ORFが生中継をするほどの大イベントで、某大金持ちが各国の有名人を招待することでも話題になっています(毎年、誰を呼ぶかが中もの的になっているようです)。何しろ、10分足らずの「ORF朝のニュース」の中でも、取り上げられるほどですから…何でも、今年は、ゲストに対抗して総裁のホーレンダー氏が、本物の馬が引いた馬車で登場したようで、これもまた注目を集めています(やりすぎかな)。

Continue reading "国立歌劇場舞踏会あれこれ"

| | Comments (0)

February 14, 2007

オーストリア航空に新鋭機 ボーイング777-200ERが登場

070131f_lg
今日は、ちょっと雰囲気を変えて、飛行機のお話です。

オーストリア航空は、現在、エアバス社製の航空機を使っていますが、1月末、オーストリア航空に、ボーイング777-200ERジェット旅客機が引き渡されました(2005年9月に発注されたものです)。

同社は、ルフトハンザなどの協力を得て経営再建をするプロセスで、機材をエアバス系に統一したため、久しぶりのボーイング機になります(それまではDC-9などを多様していました)。

実は、オーストリアでは、ラウダ・エアが機材をボーイング機で統一しており、同社はB777-200ERも3機使用していました。しかし、オーストリア航空との経営統合に伴って、同社の機材がオーストリア航空便でも使用されるようになりました。その関係で、オーストリア航空が追加発注をしたようです。

今後、今ホットなエリアであるニューデリー線に投入されるとのことです。

| | Comments (1)

February 12, 2007

オペレッタ番外編 日本オペレッタ協会「ルクセンブルク伯爵」公演

Luxem07
今日はオペレッタ番外編です。2月9日から11日にかけて、今年、創立30周年を迎える日本オペレッタ協会による「ルクセンブルク伯爵」(平成18年度文化庁芸術創造活動重点支援事業)が、東京都(北とぴあ・つつじホール)で上演されました。今回、鑑賞する機会がありましたので、その模様をご紹介しましょう。

「ルクセンブルク伯爵」は、昨年、メルビッシュやフォルクスオパーでも上演され、ちょっとしたブームになっているのですかね。

スタッフですが、芸術監督・台本・演出は寺崎 裕則、音楽監督・指揮は上垣 聡の両氏です。また、出演者は、タイトルロールのルネ・ルクセンブル伯爵は田代 誠、アンジェール・ディディエは宇佐美瑠璃(9日昼と10日)と柳澤涼子(9日夜と11日)、アルマン・ブリサールは坂本秀明(9日と10日)と平田孝二(9日夜と11日)、ジュリエット・ヴェルモンが針生美智子(9日と10日)と森 美代子(9日夜と11日)、 バジール・バジロヴィチ侯爵が小栗純一、メンチコフが村田芳高、スターシャ・ココゾフが西尾祥恵、マダム・カンベールが木月京子、ベレグラン/パラソルが阿部六郎という、おなじみのメンバーでした(ある種の安心感があります)。また、同協会公演の定番である、歌も含めた完全日本語上演でした。

Continue reading "オペレッタ番外編 日本オペレッタ協会「ルクセンブルク伯爵」公演"

| | Comments (4)

February 05, 2007

「カーレンベルク」プロジェクト進行中

Img_3859b

2月に入りましたが、ウィーンの様子は同でしょうか。今年は、日本も含めて異常気象で、いつもとは違うようですが…

さて、今日はカーレンベルクの話題です。

ウィーンの観光名所の一つに「カーレンベルクの丘」があります。グリッツィンの先にある小高い丘(というか低い山)ですが、このあたりまで来ると、本当のウィーン近郊は緑が多いことがよくわかります。

山頂には放送中継施設もあり、雰囲気としては札幌の藻岩山(いきなりローカルな話題ですが)のような雰囲気かもしれません。藻岩山と違ってスキー場はありませんが、ハイキングコースがあり、冬でもハイキングを楽しんでいる人を見かけることがあります。

さて、先日、久しぶりにカーレンベルクの丘まで行ってみました。グリッツィンから38A系統のバスに乗って、20分ほどでしょうか。

山頂についてびっくり仰天。というのは、山頂地区の再開発事業が進んでいるのです。今まで営業していたレストランは、改装工事が終わった部分は営業していましたが、かつてテラスのあった場所は、閉鎖され、引き続き改装工事が行われています。

Continue reading "「カーレンベルク」プロジェクト進行中"

| | Comments (8)

« January 2007 | Main | March 2007 »