« 街頭デジタルプリンタ | Main | 「大駅展」開催中 »

February 17, 2007

カーレンベルクの夜景

Img_5118b
先日、カーレンベルクの記事を掲載しましたが、オペレッタ以外では、珍しく複数の方からコメントを戴きました。皆様、どうもありがとうございます。

さて、私は今まで、昼間しかカーレンベルクに行ったことはありませんでした。というのは、秋から春にかけて、「夜のお楽しみ」は夜景よりもオペレッタ、オペラ鑑賞だからです。いずれも終演が23時前後で、かつ、その後、近くのカフェでワインを戴きながら、クールダウンするのが「私の定番」なので、タクシーを飛ばして、カーレンベルクまで行こうという気持ちが起こりません(お金もありません)。

そんな私ですが、ついに(大げさ)、カーレンベルクの夜景を征服しました。当日は、あいにくの小雨模様でしたが、比較的視界は良好で、プラターの観覧車が見えました(もちろん、電飾が見えただけですが)。

ドナウ川にかかる橋は電飾されているので、きれいですが、街の中は、予想どおり暗いので、「百万ドルの夜景」(古い表現ですね)という訳にはいきません。例えば、日本の函館では、函館山に登ると、夜は照明で半島の立ちがきれいに見えますが、それに比べると、カーレンベルクは、正直、かなり地味です。もっとも、それがウィーンらしいところで、それ故にプラターの観覧車といったランドマークがはっきりとわかる訳です(周りが暗いから)。

ブダペストの夜景も有名ですが、あちらは「ブダの丘」がドナウ川に隣接しているため、距離が近く、特をしている感じです。

なお、カーレンベルクの丘は、標高600メートルほどですが、以外と霧が出やすく、山頂まで行って夜景が見えなかったというケースも多いようです。という訳で、お出かけになる方は、その当たりも考えた方がよろしいでしょう。また、街路灯の照明が極端に少ないため、公共交通機関か、タクシーを利用した方が無難でしょう。少なくとも、自分は夜、レンタカーで山頂まで行く気にはなれませんでした。写真は深夜でも、何故辛いとアップされていた教会です。

Img_5119b

ところで、カーレンベルクに至る道路は、手頃なカーブが続くのですが、ローリング族のような皆さんは、いらっしゃいませんでした。

|

« 街頭デジタルプリンタ | Main | 「大駅展」開催中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 街頭デジタルプリンタ | Main | 「大駅展」開催中 »