« 「大駅展」開催中 | Main | 番外編 バイエルン国立歌劇場「ロベルト・デヴェリュー」 »

February 19, 2007

冬の風物詩 市庁舎前広場のスケートリンク

Img_5066b_1
オーストリアで冬のスポーツと言えば、なんと言ってもアルペンスキーでしょう(最近はワールドカップでも、不振が目立ちますが)。

逆にフィギュアも含めたスケートに関しては、オーストリア選手の目立った活躍は聴きません。

という訳でアイススケートはマイナーなスポーツと思われがちなのですが、冬のレジャーとしては定着しているようです。春夏秋冬、何かしらイベントを開催している市庁舎前広場ですが、毎年冬の時期になると、特設スケートリンクが開設されます(今年は1月19日から3月4日まで)。

Img_5159b

平日の昼間は、学校の生徒さんがやってきて、楽しそうに滑っています。また、夕方から夜にかけては、大人も多くやってくるようです。夜間は照明も工夫されており、なかなか幻想的な風景が繰り広げられます。リンクは、毎年工夫が凝らされており、今シーズンは三つのオーバルリンクにくわえ、回廊式のリンクが登場しました。

また、休日ともなると、老若男女、様々な人が自分のペースでスケートを楽しんでいます。また、土地柄、観光客の皆さんが、滑っていることもあります。

Img_5162b

スケートリンクといっても、いわゆるスポーツ施設ではなく、レジャー施設なので、ビュフェや売店、ロッカールーム、貸し靴なども充実しており、冬の一時を楽しむことができます。
ところで、今年は、まれに見る「暖冬」(2月の中旬なのに、3月並の温かさかな)なので、スケートリンクの維持も大変だと思います。

|

« 「大駅展」開催中 | Main | 番外編 バイエルン国立歌劇場「ロベルト・デヴェリュー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「大駅展」開催中 | Main | 番外編 バイエルン国立歌劇場「ロベルト・デヴェリュー」 »