« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 29, 2007

臨時更新 コンサート・エージェンシー・ムジカ倒産

今日は、臨時の更新です。

日本の話題なのですが、ブダペストオペレッタ劇場をはじめ、海外の名門オーケストラやバレエ団などを招へいしていた「コンサート・エージェンシー・ムジカ」が倒産したようです。

新聞報道によると、チェコフィルハーモニー室内管弦楽団などのコンサートが相次いで中止され、返金のめどが立っていないチケットもあるようです。負債総額は12億8700万円だそうで、チケットの事前購入者への払戻も難しいようです。

今年の、ブダペストオペレッタ劇場によるジルベスター・コンサートがリリースされていなかったので、心配していたのですが、こんな結果になって残念です。

これで、ブダペストオペレッタ劇場も、しばらく来日公演は難しくなるでしょう。写真は、ブダペストオペレッタ劇場の公演風景(ただし、現地)です。

Img_0764b_2

| | Comments (0)

June 25, 2007

ここまでやるの? ウィーンの花自動車

3202005_img
ウィーンの市庁舎前では、いつも何かしらのイベントを開催しています。これからは、夏のフィルム・フェスティバルでしょうか。
さて、今日は、ちょっと古い話題で恐縮ですが、2001年9月に訪問した際、市庁舎前広場でガーデン・フェスティバルを開催していました。

で、その会場で見つけたのが、写真のような「花自動車」です。母体となっているのは、ご存じフォルクスワーゲンの「新型カブトムシ」のようです。それにしても、よくやりますね。日本でも、秋には菊人形のように花でモデリングをすることがありますが、ヨーロッパでも、このような習慣があることは、この時初めて知りました。

Continue reading "ここまでやるの? ウィーンの花自動車"

| | Comments (0)

June 18, 2007

ウィーン流?点字の道路標識

Img_7367b

さて、今日は「街角の話題」です。

ウィーンの市内でも「目の不自由な方」に配慮して、「音の出る歩行者用信号機」の数が増えてきました(以前、ご紹介した話題ですが)。最近、交差点で信号機に取り付けられた箱(ここから「目の不自由な方」を誘導する音が出ているようです)に、「点字の道路標識」が設置されているのを見つけました(実は、ウィーン在住の方に教えてもらったのですが…)。

Continue reading "ウィーン流?点字の道路標識"

| | Comments (0)

June 11, 2007

番外編 日本オペレッタ協会30周年記念コンサート

2007_06_09a02
6月9日と10日の両日、日本オペレッタ協会創立30周年を記念したガラコンサート「夢をつむぐ 喜歌劇の祭典」が、東京都北区の赤羽会館で開催されました。たまたま時間が取れたので、同公演を鑑賞してきました。

なお、これに先立って5月21日には、「創立30周年記念パーティ」が開催され、こちらには小泉前総理大臣をはじめとする著名人もいらっしゃったようです(当日の模様を集録したDVDを販売していました)。

さて、「喜歌劇の祭典」の方ですが、「日本オペレッタ協会30年の歩み」という副題がついていたように、同協会創立時、初めて上演した“ハンガリー物語”(現在の“伯爵家令嬢マリッツア”)や、同協会が学校巡回公演を行っている“シューベルトの青春”、“春のパレード”の名曲が第一部では上演されました。

第二部では、“ヴェニスの一夜”、“こうもり”、“メリー・ウィドウ”などの名場面が再現されました。そして、第二部のハイライトは、2008年に上演が計画されている“チャールダーシュの女王”がミニ・オペレッタで上演されました。通常、オペレッタのガラコンサートでは、演奏だけの演目もありますが、今回はアンサンブル形式だったため、全て歌が入るという演出になっていました。

Continue reading "番外編 日本オペレッタ協会30周年記念コンサート"

| | Comments (0)

June 07, 2007

すったもんだの後任選び オーストリアの面目躍如?

Img_7402b

今日は、臨時の更新です。

2010年に任期が切れるウィーン国立歌劇場の総監督ホーレンダー氏と、音楽監督の小沢征爾氏の後任人事がやっと決まったようです。

オーストリアのシュミード教育科学文化相から発表された後任人事ですが、総監督は、パリのシャンゼリゼ劇場総監督ドミニク・マイヤー氏(51歳だそうです。お若いですね)、音楽監督には、チューリヒ歌劇場音楽監督を務める指揮者のフランツ・ウェルザー・メスト氏(46歳のオーストリア人だそうです。こちらもお若い)となりました。

Continue reading "すったもんだの後任選び オーストリアの面目躍如?"

| | Comments (3)

June 04, 2007

怪しげな三輪タクシー

Img_7390b

6月、第一回目の話題は、旧市街で見つけた「乗り物」のお話です。

以前、三輪式の人間タクシー(流線型のかっこいいヤツ)が、ウィーンの旧市街を走っているという話題を紹介しました。この「人間タクシー」、何と、その後、日本の愛知県で開催された万国博覧会にも登場したので、実物をご覧になった方も多いかもしれません(私は、行かなかったので写真でしか見ていませんが…)。

ところで、その後、ウィーンでは、この三輪タクシー、なぜか、見かけなくなってしまいました。「期間限定」だったのでしょうか? それとも、利用者が少なかったため、廃止になったのでしょうか?

Continue reading "怪しげな三輪タクシー"

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »