« あっと驚く洗面台 | Main | ウィーン≒沖縄? »

July 16, 2007

CLTURALLのサイトが変わりました

2007_07_culturall
さて、今日はWebサイトのお話です。

いつも国立歌劇場やフォルクスオパーのチケット入手でお世話になっているインターネットサイトのCLTURALLですが、最近、Webサイトが大きく変更されたようです。

実は、今の時期、9月分のチケットしか発売していないので、私は、あまりアクセスすることはありません。ところが、先日、スタンバイチケットで入手したチケットの控えをプリントアウトしようと思い、ブックマークに登録してあるアドレスにアクセスしたところ、大きく変わっていたので、びっくり仰天…という訳です。

幸い?ユーザ登録情報は、そのまま引き継がれているようだったので、安心しました。で、今回の変更ですが、実はWindows XPになってから、当サイトの「売り」である座席の配置図がうまく表示されないようでした。私事で恐縮ですが、私はデスクトップはXP、ノートは2000なので、環境による動作状況の違いを、自分自身で比較することができます。

Windows XPの場合、今までのサイトでは、ジャバ・スクリプトエラーが出てしまい、座席を確認しながらチケットを確保するのが、非常に面倒でした(一応、座席は表示されるのですが、簡易表示のため、わかりにくいものでした)。そんなこともあって、実はノートPCでチケットを確保していました(恐らくビスタの登場に合わせて改良したものと思われます)。

今回、試したところ、ジャバ・プログラムをダウンロードするように指示が出ますが、その後は、写真のような座席配置が出るようになりました。

まだ、サイトの細かいところまで、見ていませんが、細かい改良が加えられているようです。

なお、以下のアドレスから、トップ画面に入ることができます。

http://www.culturall.com

その後、チケットを確保する場合は、サイドバーの「Tickets Jetzt buchen」をクリックすると、公演検索の画面(今回、掲載している画面)になります。

ここから、プルダウン方式で劇場、公演種別(オペレッタ、オペラ、バレエなど)、検索範囲(公演日)、金額範囲等を選択した後、「Suchen」をクリックすると、公演一覧が表示されるようになっています。

2007_07_culturall_01

そこで、発売中の公演に関しては、残券が一覧表示されます(これは今までよりも見やすい)。チケットを入手する場合、「Vorverkauf」をクリックすると、写真のような「座席配置の画面」に移動するようになっています。

2007_07_culturall_02

ここから先は、従来と同じ仕掛けのようです。どうも国立歌劇場やフォルクスオパーのサイトから、アクセスした場合と共通仕様にしたような感じがします。

いずれにしても、希望の座席を探しながらオンライン予約ができるCLTURALLは、私にとっては、オペレッタ、オペラ鑑賞で欠かすことのできないシステムです。今後も使いやすくなってもらいたいものです。

なお、私はCLTURALLの回し者ではありません。

|

« あっと驚く洗面台 | Main | ウィーン≒沖縄? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あっと驚く洗面台 | Main | ウィーン≒沖縄? »