« メルビッシュ、大噴水のヒミツ | Main | 臨時:中越沖地震募金のお願い »

August 31, 2007

謎のピクトグラム さて、その答は?

Img_9541b

さて、今日は、「ピクトグラムの話題」です。本当は9月に入ってからご紹介しようかと思いましたが、ご質問のあった内容なので、早めにご紹介することにします。

先日、当ブログをご覧の方から、駅で見かけたピクトグラムについて、ご質問がありました。実は、私も初めて見たピクトグラムで、当初、見当もつきませんでした。さっそく、ウィーン在住の方にも当たってみましが、「そもそも見たことがない」とのお返事…

で、この手のものを放置しておくのは、自分の性分に合わないので、謎解きにドナウ川沿いの町Kremsまで行ってきました。確かに、ありましたねぇ。不思議なピクトグラムが…ちなみに上の写真が、Krems駅の表示で、問題のピクトグラムは、一番右側に描かれている「唇と+ride」というヤツです。

結論を先に出してしまうと、おもしろさが半減するので、まずは、調査プロセスのご紹介です。

まず、ピクトグラムのあった場所は、駅の出口側でした(プラットホームから駅舎に入るところと、コンコースの二箇所で発見しました)。写真はプラットホーム側から駅舎に入るところに掲げられているピクトグラムです。

当然、その他のピクトグラムもあるので、これらをすべて、現物でチェックし、残っている駅関連の施設を探しました(ちなみに標識で駅の施設に無関係なものは、左側から二つ目の二重丸・市中心方面の記号のみ)。

また、駐車場と駐輪場に関しては、別にピクトグラムが設定されていました。

Img_9538b

その結果、駅入り口にある「喫煙コーナー」(要するに灰皿)のみ、該当するピクトグラムがないことを発見しました。

しかも、新築した駅、改装した駅は構内が全面禁煙になっています。そのため、駅舎に入る前にたばこを消す必要があります。さらに、待っている時間、たばこを吸いたくなれば、このコーナーまで出向く必要があります。

実は、この話をしたウィーン在住の方が、たまたま訪れたリンツ中央駅でも、同じ記号を発見したという報告がありました。実は、リンツ中央駅も改装されています。

改装なった駅というキーワードから見て、まず、間違いないと思います。ただし、私が検証したのは、Krems駅だけなので、もう一箇所、確認すれば間違いないと思います(ただ、他の解釈も十分考えられます)。

ちなみに、最近の傾向として、喫煙を上長するようなことは排除するようになっています。単純に考えれば、昔の喫煙車(喫煙室)のピクトグラムで良さそうなのですが、恐らく、これだとたばこを奨励していることになるので、あえて、こんなピクトグラムを作ったのではないかと思います。

たしかにたばこは、唇でくわえますし、「「列車に乗る方用の喫煙所」ですから、「Ride」も、何となくわかる気がします。

Img_9543b

ただし、OBBに確認した訳ではないので、真相は不明です。ちなみに、オーストリア政府観光局に問い合わせても、「わからない」という答だったとか…

写真は、ピクトグラムの対象となったと思われるKrems駅前広場にあった喫煙コーナーです。ただ、あっと驚くような「どんでん返し」があるかもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« メルビッシュ、大噴水のヒミツ | Main | 臨時:中越沖地震募金のお願い »

Comments

わざわざクレムスまで……っ!
本当にありがとうございました。
なるほど! 喫煙所ですか。
禁煙が広がっている地域だからこそ、煙草が吸える場所のマークは大切ですよね。

私も知り合いなどにあの写真をみせて回っていたのですが、昨日、アメリカ帰りの同僚がこんなことをいっていました。

「Kiss and rideの印じゃないの?」

家族を駅まで送ってきた「送迎車」の止まるエリアのことだそうです。
「あー、なるほど」と思ったのですが、オーストリアにはそんなマークってあるんでしょうか?

Posted by: マキ | August 31, 2007 22:45

こんにちは、お待たせしました。

確かに、近くには送迎車の駐車スペースがあるので、「Kiss and rideの印じゃないの?」の可能性は残っています。

ただ、実際には一時駐車場のマークは別にあります(実際、そこにレンタカーを止めて、調べたのですが…)。

ヒストグラムは「Pと時計」でした。ただ、単なる駐車場のマークの可能性はありますね(実際、Krems駅前には地下駐車場があったような記憶があります)。他にも「PとOBB」というのもあります。こちらは、OBB利用者専用の駐車場だと思います。

少なくとも駐車の場合は、Pがつくと思うのですが、「送迎車の一時停車」の場合は、Pがつきにくいので「Kiss and ride」の可能性も否定できません。

もうしばらく追跡調査をしてみましょう。まぁ、OBBに聴けばわかるんでしょうけれども…

Posted by: オペレッタにはまっている男 | August 31, 2007 23:21

なるほど……。
たかがマーク、されどマーク。奥深いです。
でも、ぱっと見てすぐにわからなかったら意味無いような……(笑)。新しく改装した駅にあるようですから、新しいマークなのかもしれませんね。
また何かわかったら、是非こちらで紹介してください(^^)。

Posted by: マキ | September 03, 2007 22:37

マキさま、コメント、ありがとうございます。

そうなんですよ。実際、駅の人に聴いても、「知らないね」といった答が返ってきたとか…

意味のわからないヒストグラムを堂々と出しているところが、オーストリアらしいところです。

オーストリア人からしてみれば、どうでもいい話かもしれませんが、しつこい私は、また調べます(^^;)

Posted by: オペレッタにはまっている男 | September 04, 2007 07:40

いつも楽しく拝見させていただいてます。ウイーンも好き、こういうネタも大好きなオバハンです。

私的には「Kiss and ride」に1票なんですけど。

根拠は2002年のリンツ駅改装計画
http://www.drehscheibe-linz.at/pressemeldungen/texte/pi_oebb_20020226.pdf
の中にTaxis und Kiss & Ride-Zoneの設置について書かれているように見受けられるから・・

というのと喫煙場所だったら『タバコのマーク』でしょ!って考えです。

「Kiss and ride」と一時駐車場との違い・・『ドライバーは降車しない』≒タクシーと同じ・・ってとこでしょうかね。

でも、違うかも・・

日本の駅にこのマークがあったどうなるしらね?

最近はウイーンに足が届かないので、ここで楽しませていただいてます。

Posted by: kおばちゃん | September 06, 2007 11:34

kおばちゃん様、コメント、ありがとうございます。

「2002年のリンツ駅改装計画」の情報、ありがとうございます。

また、真相(大げさですが)がわかったら、お知らせします。

ところで、OBBは9月1日から全面禁煙になったようで、たばこを吸わない私にはうれしいのですが、当ブログにもコメントをお寄せいただける愛煙家の○○○さんは、大変だと思います。

Posted by: オペレッタにはまっている男 | September 06, 2007 12:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メルビッシュ、大噴水のヒミツ | Main | 臨時:中越沖地震募金のお願い »