« お勧めの山岳道路 | Main | 悠々自適の生活 »

August 20, 2007

郵便局がホテルに変身

Img_9097b

日本よりも一足お先に、郵便事業が民営化したオーストリアですが、色々と変化が起こっています。

私が夏に訪れるザルツブルク州のある町では、以前は集配局だったため、立派な庁舎がありました(2番目の写真)。しかし、民営化後しばらくして、旧庁舎はテレコム(日本のNTT)が占有するようになりました。

しかし、テレコムが利用するといっても、営業拠点ですから、二階や三階のフロアは使用することがないようで、空き家になっているような雰囲気です(表から見た感じですが)。

Img_9095b


そして、郵便局は、町の中心にあるショッピングセンターの向かいに、本当に小さい窓口局(日本だと特定郵便局の佇まいです)が新設されました。ここでも、当然のことながら、携帯電話なども販売しています(トップの写真が、新しい郵便局です)。

さて、一番驚いたのは、旧郵便局が、建物の外観はそのまま、ホテルに変身した例でしょう。写真が、その郵便局を改装したホテルです。今回は、利用する機会はありませんでしたが、内部がどのようになっているのか、興味があります。

Img_8759b
日本の場合、古い建物は使いにくいということで、壊してしまい、その跡地にホテルや商業施設を建てるケースが多いだけに、そのまま転用しているのは、建物を長く使うオーストリアならではのアイデアと言えるでしょう。

|

« お勧めの山岳道路 | Main | 悠々自適の生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お勧めの山岳道路 | Main | 悠々自適の生活 »