« 郵便局がホテルに変身 | Main | メルビッシュの「ウィーン気質」 »

August 21, 2007

悠々自適の生活

Img_8300b

ウォルフガングゼーの湖畔にサンクト・ギルゲンという町があります。小さな町ですが、モーツァルトの母が生まれた町として人気があり、いつも、観光客でにぎわっています。

そんなギルゲンのとある民家…花で飾られた窓から、観光客を見下ろしている猫が居ました。もちろん、本物です。リッチな生活をしているのか、体格がよろしいようですが、お昼寝の最中…といった感じでした。

しかし、この存在感。カイザー・フランツヨーゼフ(雄なら)を思わせるものがありますね。

オーストリアでは、犬を連れて旅行をする人が多いのですが、猫の場合、つないでおく訳にはいかないので、旅行者がつれているケースは、あまり見ませんね。

この猫にとっては、各国からやってくる観光客のにぎやかなおしゃべりも「子守歌」なのでしょうか。今日も、猫にとっては静かな時間が流れているサンクト・ギルゲンでした。

|

« 郵便局がホテルに変身 | Main | メルビッシュの「ウィーン気質」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 郵便局がホテルに変身 | Main | メルビッシュの「ウィーン気質」 »