« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 29, 2007

侮れない狭軌鉄道

Img_8898c

日本では10月14日が「鉄道の日」なので、10月最後の更新は「鉄道の話題」にしました。

日本では、狭軌鉄道のことを、「軽便鉄道」と表現する場合が多いようです。ところが、こちらオーストリアで、「軽便鉄道」といったイメージで狭軌鉄道を利用すると、びっくりすることが多々あります。

日本の鉄道ファンにもおなじみのムールタールバーンは、現在、シュタイヤマルク州営鉄道に所属しています。旅客輸送は、ディーゼルカーとバス(道路を走ります)の両方で行っており、お世辞にも健全経営には見えません。

しかし、貨物列車なども運転されているようで、立派な貨車(日本のJR並)が多数配置されています。

Continue reading "侮れない狭軌鉄道"

| | Comments (0)

October 28, 2007

フォルクスオパー日本公演続報

Img_0474b

来年、5月、9年ぶりに来日するウィーン・フォルクスオパーの公演概要が発表されました(主催元の日本経済新聞10月28日付け朝刊で、大々的にPRされていました)。

会場は、いずれも東京文化会館(上野)です。出演者は以下のようになっています。

Continue reading "フォルクスオパー日本公演続報"

| | Comments (0)

October 22, 2007

消えたウィーン・フィルハーモニカ

Img_5026b

「消えたウィーン・フィルハーモニカ」といっても、「本物の楽団」の話ではありません。また、ミステリー小説の話でもありません。

一時期注目を集めたオーストリア航空の「ウィーン・フィルハーモニカ号」ですが、最近見かけないと思ったら、実は、退役して、他国に売却されていたことがわかりました。

Continue reading "消えたウィーン・フィルハーモニカ"

| | Comments (0)

October 21, 2007

番外編 日本スペシャル 「やまこし ありがとう まつり」

2007_10_21b

いつも音楽もの以外は、オーストリアの話題を中心にご照会していますが、今日は特別に日本の話題をお届けします。

当ブログを開設した年、中越地震が発生しました。実は、私の親しい方も、震源地に近い旧山古志村(現在は、市町村合併で長岡市の一部になっています)で、ご家族が被災しています。幸い、私の親しい方ご一家は人的な被害はありませんでしたが、ご自宅は、放棄せざるを得ない状況だったと聴きました。

それから3年、「熱しやすく冷めやすい」日本のマスコミでは、最近取り上げられることもなくなりましたが、復興は着実に進んでいるようです。先日、山古志地区の皆さんから、はがきが届きました。

「10月21日に、震災復興3年の感謝を込めた住民主催のお祭りを開きますので、お越し下さい」というご案内でした。幸い、仕事の谷間に当たったので、出かけてきました。

Continue reading "番外編 日本スペシャル 「やまこし ありがとう まつり」"

| | Comments (0)

October 18, 2007

番外編 ベルリン国立歌劇場「トリスタンとイゾルデ」(来日公演)

2007_10_17b_2


このところ、当ブログのアクセス数が増加する傾向にあります。ご来場頂き、本当にありがとうございます。というわけで、今日は、オマケです。

今年、数少ない本格的なオペラの来日公演が、ベルリン国立歌劇場でしょう(招へい元は、本物志向のNBS:日本舞台芸術振興会)。今回は「ドン・ジョバンニ」、「トリスタンとイゾルデ」、「モーゼとアロン」の三演目が上演されました。この中で「オペラ通」が注目しているのは、日本では上演される機会が少ない「モーゼとアロン」でしょうね(しかも、ドイツお得意の近代演出です)。

私は、無難なところで「トリスタンとイゾルデ」を観てきました(しかし、自分で言うのも何ですが、オペレッタを観たり、来日オペラを観たり、忙しい男ですな)。本当は「モーゼとアロン」も観たかったのですが、資金不足で…

まず、公演時間ですが、平日にもかかわらず15時開演、20時30分終演という、働いている人には、「辛い」時間帯でした。にもかかわらず、客席はほぼ満席。皆さん、会社を休んでいらっしゃったのでしょうね。いやはや日本ではオペラ鑑賞も、大仕事です。ワーグナーの大作ですから、休憩時間も40分が2回でした。

Continue reading "番外編 ベルリン国立歌劇場「トリスタンとイゾルデ」(来日公演)"

| | Comments (0)

October 16, 2007

ウィーン美術史博物館コレクション さて、現物は

Img_0345b

先日、当ブログで紹介したカプセルトイ「ミニチュアアートコレクション第4弾、ウィーン美術史博物館コレクション」ですが、「現物」を手に入れました(自分で言うのも何ですが、好きですねぇ)。

販売方法(本来は同じ大きさのカプセルに入れて販売する)の制約からか、現物の絵の大きさにかかわらず、絵は立て4センチ、横3センチに統一されています(ただし、横型の絵画は縦横が逆になります)。

小さいのですが、「写真印刷技術の賜」なのか、意外と見栄えがします(紙に印刷されているようです)。逆に、この大きさだと、あまりあらが目立ちません。絶妙なサイズという感じがします。額はプラスチック製(PVC 非フタル酸系可塑剤)ですが、適度な古さを表現しており、こちらも思ったよりもセンスがよいと感じました(専門家の評価は異なるかもしれませんが…)。

Continue reading "ウィーン美術史博物館コレクション さて、現物は"

| | Comments (0)

October 15, 2007

番外編 日本オペレッタ協会公演「微笑みの国」

2007_10_14b
今年、創立30周年を迎えた日本オペレッタ協会が、10月13日・14日の両日、東京都内(北区の北とぴあ)で「微笑みの国」を上演しました。

たまたま、休みがとれたので、観てきましたので、この模様をお知らせしましょう。

2日間限りの公演でしたが、なるべく多くの歌手に公演を経験させたいという主催者側の配慮だと思いますが、主要な役はダブルキャストでした。

私は、14日に鑑賞しましたが、主要なキャストは、リーザ役は山口道子(13日は佐々木典子)、スー・ホン皇太子役は田代 誠(13日はイー・ヒョン)、ミー王女は森 美代子(13日は針生美智子)、竜騎兵中尉グスタフ役は飯田裕之(13日は坂本秀明)、陸軍元帥フェルディナンド役は平野忠彦でした。いずれも日本オペレッタ協会の公演ではおなじみの皆さんです。

音楽監督と指揮は、ヴァーラデイ・カタリンでした。ご存じの方も多いと思いますが、ブダペスト・オペレッタ劇場を率いて、何回か来日しているハンガリーを代表する女性指揮者です(現在は、オペレッタ劇場を離れて、ハンガリー国立ミシュコルツ歌劇場音楽監督、主任指揮者に就任しているそうです)。

Continue reading "番外編 日本オペレッタ協会公演「微笑みの国」"

| | Comments (0)

October 10, 2007

すてきなお城での「秘密の出来事」

Img_9882

その昔、10月10日は、東京オリンピック開催を記念して、「体育の日」というお休みでした。が、最近は「体育の日」は移動休日になり、今年は10月8日になってしまいました。というわけで、昔の「体育の日」にちなんだ臨時更新です(しかし、内容は全然関係がありません)。

先日、ウィーン在住の方から、近郊のドライブに連れて行ってもらいました。夏はレンタカーでオーストリアを回っている私ですが、オペレッタ、オペラシーズン中は、ウィーンに滞在するため、レンタカーは使用しません。これは、ウィーン市内では自動車が不便なことと、市内は一方通行が多く、ナビゲーターなしでは、運転に自信がないためです。

で、特に見たいところもなかったので、運転を買って出ていただいたYさんに、行き先はお任せしました。旧市街を抜け、メルク方面へ向かいました。メルクといっても、例の「謎のピクトグラム」の検証は、今回パスして、付近のお城に向かいました。

ドナウ川沿いの山上にお城があることは有名ですが、実はちょっと離れたところにも、当時、その付近を治めていた貴族のお城があります。

Continue reading "すてきなお城での「秘密の出来事」"

| | Comments (0)

October 08, 2007

アッと驚く「ウィーン美術史博物館コレクション」

Vie_2007_09b

今日は、面白いものを見つけたので、ウィーン在住の皆様への情報提供を兼ねた更新です。

日本では、「独自の文化」として食玩なるものが、発売されています。一見、子供向けの「おもちゃ付きお菓子」(実際は、お菓子付きおもちゃ)なのですが、実はコレクションしているのは、大人です。制作するメーカー側も、大人を意識したラインナップを展開しています。

値段も手頃なので、大人の場合、一気にワンセットを買ってしまいます(これを、「大人買い」というそうです)。自動車や飛行機、鉄道といった乗り物系から、各種兵器、食品見本やフィギュア、建造物などなど、まぁ、本当にいろいろな商品が出ています。

さて、先日、ネットを見ていたら、「ミニチュア・アート・コレクションシリーズ ウィーン美術史美術館」という商品を見つけました。

Continue reading "アッと驚く「ウィーン美術史博物館コレクション」"

| | Comments (0)

October 07, 2007

いずこも同じ「広告電車」

Img_0204
さて、日本は三連休のところも多いようなので、オマケです。

日本でも最近は「ラッピングバス」やら「ラッピング電車」が、首都圏を中心に走っています。しかし、どうも日本のやつはセンスがなく、個人的に好きになれません。

ウィーンでも、一時、消えていた路面電車の全面広告が始まるようになりました。こちらも、最近の広告については、あまりセンスがよいとは思いませんが(あくまでも私見です)…

Continue reading "いずこも同じ「広告電車」"

| | Comments (0)

October 02, 2007

道路の話題

Img_9547b_2
今日は、道路の話題を二つお伝えしましょう。なお、この次からは、原則として週一回の更新とさせていただきます。

○高速道路の制限速度が100km/hに
昨年の夏は、オーストリアの警察から、スピード違反で「ビッグな誕生日プレゼント」をいただいてしまいましたが、実は高速道路の最高速度が、従来の130km/hから100km/hに下げられている州があります。

私が、今夏、ドライブした地域ではザルツブルク州、オーバーエスターライヒ州、シュタイヤマルク州などでした。
逆にニーダーエスターライヒ州は、高速道路で130km/hの標識を数多く見かけました。理由は、やはり交通事故の削減なのでしょうかね。

しかし、州によって高速道路の最高速度に違いがあるというのは、ドライバーにとっては、結構、気を遣うものです。

Continue reading "道路の話題"

| | Comments (0)

October 01, 2007

消えた「金の玉」

Img_9962

まず、5万ヒット、お礼申し上げます。最近、多くの方にご覧いただいているようで、嬉しい限りです。
今後も、様々な話題を提供していきたいと思っております。

さて、今日は「街角の話題」です。

アム・ホーフ広場に面したところにウィーン市消防本部(中央消防署)があります。消防本部ですが、消防車も配置されており、火災の際には真っ先に出動します。以前、消防署祭りの記事でご紹介したこともあるところです。今では併設して消防博物館もあります。

消防本部の建物は歴史的なもので、屋上の「金の玉」が目印になっています。

Continue reading "消えた「金の玉」"

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »