« アドベントの季節 | Main | 地下鉄の話題 »

November 29, 2007

花屋さんの店頭を賑わすリース

Img_0097b

まだ、11月ですが、ウィーンの旧市街は、クリスマスの装飾が盛んになってきました。

さて、アドベントの時期、花屋さんの店頭で目を引くのが、ろうそくを四本立てたリースです。アドベントに入ると、毎週ろうそくに一本ずつ明かりをともしていきます。

今でも地方では、手作りのリースを使っているようですが、さすがにウィーンでは材料を入手するのも大変なのか、「完成品」を販売しています。一般家庭用のクリスマスツリーは、もう少し後から販売が始まりますが、リースの方が、使用期間が長いためか、早めに登場します(よく考えてみたら、アドベントの2週目当たりに買って、一挙にろうそく二本に明かりをともしたのでは、何となく雰囲気が出ませんからね。ろうそくの減り方が違うところに、趣があるものです)。

このように、アドベントならではのグッズが店頭に並ぶと、ウィーンの街もにぎやかになってきます。

|

« アドベントの季節 | Main | 地下鉄の話題 »

Comments

自己RESですが、夜、お休みになる時に、リースのろうそくを消さないと、火災になることがあるようです。

何せ、下は本物の枝ですし、この時期、ウィーンは結構乾燥していますから…

地下鉄駅のPR画像で、このような注意をみました。

Posted by: オペレッタにはまっている男 | December 05, 2007 01:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アドベントの季節 | Main | 地下鉄の話題 »