« フォルクスオパー満席の「快」 | Main | フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 »

December 02, 2007

グルベローヴァ、ガランチャ、夢の共演が「ノルマ」で実現

Img_0396b_2

お待ちかねコンサート形式で上演された「ノルマ」のお話です。私が観たのは12月1日の公演です。

今日の面子は豪華絢爛。ノルマ役はグルベローヴァ、相手役のローマ総督ポリオーネがホセ・クーラ、若い巫女アダルジーザがガランチャという配役です。いずれも、タイトルロールを張ることができる歌手だけに、コンサート形式とは言え、たいしたものです。

当初、「コンサート形式」と聞いて、正直がっかりしたのですが、この面子だと、俄然、興味が沸いてきます。。ホーレンダ氏の思惑通り…と言ったところでしょうね。実際、コンサート形式だと、上演回数を増やせる上に、この面子だと、お値段も正規のオペラ並み(カテゴリーA)に設定しても、満席間違いなし。商売上手の面目躍如です。

19時30分、開演となります。一幕の山場は、ノルマが歌う「清らかな女神よ」ですが、さすがグルベローヴァ、暗譜で見事に歌い上げました。ご存じのようにコンサート形式の場合、歌手の前には譜面台が置かれ、譜面を時々確認しながら歌うのが一般的です。これも歌い込んでいるためなのでしょうか。

グルベローヴァは、相変わらず音域が広く、声量の使い分けなど、「すばらしい」の一言に尽きます。当然、歌い終わった後は、ブラヴァの嵐…さらに、恒例「床鳴らし」も行われました。

実は、ガランチャ扮するアダルジーザが登場するのは、その後です。恐らく、ものすごいプレッシャーを感じながら、ガランチャが登場。ガランチャは、メゾソプラノである上に、声の質が違う(スタイルが抜群なのに、声が太い感じがします)ため、アダルジーザのパートを見事に歌いきりました。こちらも、ブラヴァの嵐。また、声の質に特徴があるため、オーケストラの中に埋もれない点でも、特をしているように思いました。

一幕の後半、ノルマとアダルジーザの二重唱があるのですが、二人の息がぴったり合って、鳥肌が立つほどでした。とくにオーケストラの伴奏なしで、歌う場面は、言葉では言い尽くせないほど、本当にすばらしものでした。
そのため、ポリオーネ役のホセ・クーラが沈んでしまった感じがします(極端に悪い訳ではないのですが、準備不足のような感じを受けました)。コンサート形式ながら、グルベローヴァは、通常のオペラと同じように演技をしており、完全に役に入っていました(表情に、ノルマの心模様がよく現れていました)。

一方、ガランチャも、それに負けじと、役作りに励んだようで、アダルジーザの雰囲気をよく出していました。良い意味で「女の戦い」でしたね。

休憩後、二幕になりますが、二幕の前半にもアダルジーザとノルマの二重唱「お聞きなさい。ノルマ」があります。ここはアダルジーザ最後の出番なので、ガランチャの気合いの入り方は、半端ではありませんでした(実際、アダルジーザの方が歌うパートが多い二重唱です)。この後は、またまたブラヴァの嵐。グルベローヴァもガランチャの検討をたたえていたのが印象的でした。

Img_0348b

二幕の後半は、ノルマの父オロヴェーゾとポリオーネ、ノルマの三人が中心となります。とくにグルベローヴァが得意とする感情の起伏が多い場面です。さながら、グルベローヴァの独壇場といった感じになりました。
本当は衣装を身にまとって、もっと動けるスペースがあれば、ドラマチックな舞台が実現できたのだと思うだけに、ちょっと残念(贅沢なヤツ)。

ところで、ポリオーネは、自分の子供まで産んだノルマに飽きてしまって、若い巫女のアダルジーザに鞍替えするという「とんでもない男」。ホセ・クーラも気の毒ですが、逆に「浮気男」の情けない雰囲気をよく出していたように思います(あまり目立っちゃいけないんでしょうね)。
実は、今週、「トスカ」でもホセ・クーラが登場するので、そちらは、どんな感じか、楽しみです。ところで、ホセ・クーラが老眼鏡?をかけて、譜面を見ていたのには、正直、驚きました(人のことは言えませんが)。若手と言われた、ホセ・クーラも、それなりのお歳ということで…

お開きの後も、怒濤のカーテンコールです。実際、コンサート形式なので、緞帳が下がらないので、舞台の袖から、出てくるだけですが、お客様がなかなか帰ろうとしないのが印象的でした。また、通常のオペラと異なり、舞台下まで行けるので、大勢のファンが、集まっていました。

今日は、「アドベントの週末」ということもあって、「出待ち」の人数も50人以上いました。ガランチャは、着替えただけで出てきましたが、近くで見ると本当にきれいな人です。

ガランチャも大人気で、表に出てからも、しばらくファンに捕まっていました。皆さん、お目当てのグルベローヴァは、今日は予定があるようで、いつものように守衛室でのサイン会は行われませんでした。そのため、楽屋口は大混乱の様相を呈していましたが、皆さん、殺気立っているような雰囲気はありませんでした。これも、すばらしい公演で気持ちが豊かになっているせいなのでしょうか。皆さん図々しく、我先にサインや写真をお願いするのですが、怒鳴りあうような光景が見られないのが、面白いところです。

ところで、なぜか、グルベローヴァが出演する時に「出待ち」で会う男性がいらっしゃいます(ウィーンの方ではないかと思われますが)。この方のすごいところは、前の公演で撮影した出待ちのスナップや公演チケットを張ったアルバムを作っており、これを持参して、サインをもらう…というものです。これだけは、ある程度、設備がないと難しいのですが、なかなか気合いの入ったファンのようです(ご年配の方ですが)。

さて、帰りがけに楽屋口で、私のブログをご覧戴いている方から、声をかけて頂きました。ここでお会いしたのも何かのご縁でしょうか。よろしかったら、コメント欄にご意見やご感想をお寄せ頂ければ幸いです。

|

« フォルクスオパー満席の「快」 | Main | フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオパー満席の「快」 | Main | フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 »