« 60000ヒット、御礼プラス おまけ情報 | Main | 番外編 森野由みさんのサロン・リサイタル »

December 15, 2007

「舞台が見えない席」の意外なメリットとは?

Img_0893_b

この前、「トスカの思い出話」で、舞台が見えない席のことを書きましたが、実は、この席、意外なメリットがあるのです。

「安い!!」というのは、最大のメリット(何しろ、あの「ノルマ」だって10ユーロ、現在のレートでも1700円でおつりが来ます 信じられない!! すでに日本の相場に染まっている証拠です)です。それに加えて、音楽ファンにとって、「舞台が見えない故に、音楽に集中できる」というメリットがあるのです。

当たり前ですが、視覚から様々な情報が入ると、お耳の方がおろそかに(というか、相乗効果というか)なってしまいます。ところが、舞台や歌手が見えなければ、音楽に対する集中度はぐんと増します(寝てしまっては困るのですが)。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは実験を通じて、コミュニケーションを構成する、1.言葉(なにを言うか)、2.話し方(声の調子、高低、音色等)、3.ボディランゲージ(態度、姿勢、身ぶり、手ぶり、顔つき、外見、視線、服装など)という三つの要素の中で、ボディランゲージが55%の役割を果たすことを明らかにしています(ちなみに言葉は8%、話し方は37%)。

このことから考えても、舞台が見えないと、残りの「言葉」、「話し方」(この場合は、歌い方)に意識が集中することがわかります。

つまり、歌手の歌い方や音程の取り方、二重唱や三重唱の場合、それぞれのパートの受け持ち方など、そのすばらしさや問題点が、明確に浮き彫りになるようです。

このように考えると、舞台が見えない観客というのは、「ボディランゲージでごまかす(語弊がありますね。カバーするの方が良いかな)こと」ができない訳で、歌手にとっては、気になる存在といえるでしょう。

ちなみに国立歌劇場の場合、通常のオペラでは、ロジェ(個室)の1号室から7号室くらいまでは三列目だと、舞台はまず見えませんね。一応、11号室から13号室の場合は、見えるのですが、一列目や三列目に背の高い方、体格のよろしい方が鎮座していると、アウトです(^^;) これだけは、当日にならないとわかりませんね。

ちなみに写真は「ノルマ」の時の劇場風景ですが、通常では、ロジェの1号室では、舞台は見えないのですが、この時は、通常はオーケストラピットになっている場所がせり上がって臨時「舞台」になったため、ここの2列目でも歌手が良く見えたそうです。

|

« 60000ヒット、御礼プラス おまけ情報 | Main | 番外編 森野由みさんのサロン・リサイタル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 60000ヒット、御礼プラス おまけ情報 | Main | 番外編 森野由みさんのサロン・リサイタル »