« グルベローヴァ、ガランチャ、夢の共演が「ノルマ」で実現 | Main | クリスマストラム運転中 »

December 03, 2007

フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」

Img_0468_c

さて、12月2日は、国立歌劇場ではワーグナーの「ワルキューレ」プルミエが行われました。で、耳に入ってきた情報では、二幕で主役の一人が、声がでなくなってしまった(本人の名誉のために、名前は伏せますが)そうです。ホーレンダ氏が出てきて、お詫びがあったとか…で、その後は、ご本人は舞台の上で、歌わずに演技だけして、代役の方が下で歌っていたようです。

こんなこともあるんですねぇ。で、でこちらは、ほのぼのとした話題です。
「白馬亭にて」の作者で有名なベナツキーにちなむガラ・コンサートが、今シーズン、フォルクスオパーで行われています。
オペレッタの作品はたくさんありますが、複数の作品が広く上演されている作曲家は、シュトラウス、レハール、カールマンくらいで、後は、事実上、「一発屋」の様相を呈しています。実際には、複数の作品を世に送り出しているのですが、最近では代表作以外、上演される機会が少なく、実際にオペレッタ関係の書籍などを見ても、他の作品は紹介されていないケースが多いようです。

さて、失礼ながら、そんな一発屋の代表がラフル・ベナツキーでしょう。「白馬亭にて」(Im Weißen Rössel)は、非常に有名で、かつて、ドイツでは上演回数の上位を占めたロングセラーのオペレッタです。

今シーズン、このラルフ・ベナツキーの作品に的と当てたガラ・コンサートが、フォルクスオパー・スペシャルと題して登場しました。個人的には「白馬亭にて」は大好きなオペレッタなので、密かに注目していた公演です。

フォルクスオパーに行ってみて、最初に驚いたのは、通常のガラ・コンサートと異なり、平素、舞台になっているところにオーケストラが入り、手前に幕が下りている状況でした(国立歌劇場なのでは、ガラ・コンサートの時には幕を上げたままにしています)。そして、オペレッタのガラらしく、オーケストラピットを上げた部分にステージができていました。当然、多少の踊りや演技が期待できます。また、舞台の前部にはグランドピアノが置かれていたほか、、バイオリン、アコーディオン(一部はバンドネオン)、ギターというソロ奏者の席も舞台前面に別途用意されていました。フォルクスオパーらしい、ちょっと変わった舞台設定でしたね。

なお、指揮者はシュトラウスに似た雰囲気を持つAlfred Eschwéがつとめました。
出演者は、Johanna Arrouas、Natalie Karl、Birgid Steinberger、Edhith Lienbacher、Stefan Cerny、Mathias Hausmann、Peter Minich、Thomas Sigwaldです。
通常のガラ・コンサートと異なり、司会者が各オペレッタの特徴や、ベナツキーの関わり方などを紹介した上で、有名な曲を演技付きで上演するという趣向でした。
ベナツキーも「白馬亭にて」意外にもかなりのオペレッタを書いているのですが、お恥ずかしい話、私が初めて耳にする曲が大多数でした。

しかし、メロディーラインがきれいで、歌手同士の掛け合いも楽しく、全編を通して聴いてみたくなるようなオペレッタが多いように感じました。なお、演目はベナツキーが全面的に作品作りを行ったものばかりではなく、一部の曲を提供した作品なども含まれていました。如何せん、私のつたない語学力では、司会者の解説が完璧に理解できなかったので、選曲理由がよくわからなかったのが、惜しまれます(^^;)

ちなみに、今回上演されたオペレッタの作品は、「Liebe im Schnee」、「Wien Laacht Wieder」、「Alles aus Liebe」、「Morgen Geth’s aus gut」、「Die Drei Musketiere」、「Meine Schwester und ich」、「Das Kleine Café」、「Im Weißen Rössel」、「Die Drei Wunsche」、「Bezanberndes Fräulein」、「Axel an der Hemmelstür」、「Herzen im Schnee」、「Zu neuen Ufern」、「Adieu Mini」でした。休憩前と最後は、ベナツキーの代表作、「白馬亭にて」を全員で歌うという演出でした。

埋もれているオペレッタを掘り起こし、フォルクスオパーで再現する…まさにフォルクスオパーの面目躍如といった企画です。私の期待を裏切ることのない、楽しいコンサートでした。

なお、私が鑑賞した当日は、録音をしていたようで、舞台上には所狭しと、マイクがセッティングされていた。この他、歌手の多くが小型のワイヤレス・マイクを使用していました。これは、録音が理由なのかどうかは、不明です。
とくにお客様から人気が高かったのは、ご存じ、かつての名歌手Peter Minichが登場した場面です。都合、2曲をソロで歌いました(一曲はピアノ伴奏、もう一曲はオーケストラつき)。ご高齢なので、声量は落ちているものの、独特の「声のつや」は健在で、大きな拍手が送られました(カーテンコールでは、フォルクスオパーには珍しい「床鳴らし」も出ています)。

Img_0464_b

このような企画なので、いらっしゃっているお客様は、「オペレッタ・ファン」が多いようでした(ただし、国立歌劇場が「ワルキューレ」のプルミエで、あふれたお客様がこちらに流れている雰囲気が…そういったお客様は面白くなかったかもしれません)。

これからも、フォルクスオパーが、埋もれているオペレッタの名作に光を当ててくれることを期待しましょう!!

|

« グルベローヴァ、ガランチャ、夢の共演が「ノルマ」で実現 | Main | クリスマストラム運転中 »

Comments

こんばんは!
いつも愉しく拝見しております。
ベナツキーのオペレッタのコンサートなんて面白そう…と読んでいて、吃驚。
Peter Minichって、まだ歌ってるんですねぇ!
今年の1月に80歳のお祝いをしていたので、
さすがに、もう舞台で歌うことは殆んどないと思ってました。
ご覧になったなんて本当に羨ましいです。
また素敵な情報を聞かせていただくのを心待ちにしております。

Posted by: shanshan | December 03, 2007 23:07

コメントありがとうございます。
Peter Minichさんですが、さすがに、出てきた時は杖をついており、最初の一曲目では、ちょっと手が震えていて、大丈夫かなぁと心配になりました。

が、さすが、オペレッタの名優。歌い出すにしたがって、調子が出てきたようで、二曲目のオーケストラとの共演では、見事に歌っていました。たいしたものです。

Posted by: オペレッタにはまっている男 | December 04, 2007 00:32

ベナツキーで検索して初めて貴サイトを拝見いたしました。
>ご本人は舞台の上で、歌わずに演技だけして、代役の方が下で歌っていたようです
同様な経験をしたのでご紹介いたします。大分以前ですが1998年フォルクスオーパーでの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」で、ベックメッサー役が風邪?で声が出ないということで、最初から演技だけ、代役の歌手は舞台袖で譜面を見ながら歌いました。さらにおまけがあって、第2幕でザックス役が金槌を振り回している時?に自分の顔にあたって負傷退場(残りの部分は歌うところがなかったかもしれません)、結局第3幕は中止となってしまいました。残念ながら払い戻しはありませんでした(笑)。

Posted by: TG | September 10, 2014 22:44

TG様

コメント、ありがとうございます。この手のアクシデントは数多くありますね。まぁ、これが生の面白いところでもあるのですが‥

Posted by: Feri | September 11, 2014 08:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グルベローヴァ、ガランチャ、夢の共演が「ノルマ」で実現 | Main | クリスマストラム運転中 »