« フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 | Main | クリスマス屋台 四方山話 »

December 03, 2007

クリスマストラム運転中

Img_0432b

今日は、二本立てです。

アドベントの時期、ウィーン市内をクリスマストラムが走っています。夏期の間、市内遊覧電車として活躍しているオールドタイマーの市電に「特別な装飾」を施しているものです。

運転区間はカールスプラッツを出発して、リンクを一周するものです。途中、Schwedenplatz、Schottentor、Rathausplatzに停車します。

このクリスマス電車ですが、某ベッカライ・チェーンがスポンサーになっており、事実上のPR電車です。そのため、おやつ付きで、乗車料金は3ユーロと、お安くなっています。また、乗務員もクリスマスらしい扮装で乗務しています(でも、この乗務員、カールスプラッツで出発を待つ間、聖人の扮装でたばこをすっていたので、子供が見たらイメージダウンでしょうねぇ。詰めの甘さがオーストリア)。

運行は12月1日の土曜日から、23日までの土曜、日曜で、1日7便運行されています(13時から運転開始です)。子供連れの利用が多いようですが、カップルや観光客の利用も目立ちます。

もし、アドベントの時期、ウィーンにいらっしゃったら、一度乗ってみてはいかがでしょうか。一応始発駅になっているカールスプラッツから乗るのが一般的ですが、クリスマス市でにぎわうRathausplatzから乗る人も結構います(運行時間帯には、係員が停留所に待機しており、放送で乗車のPRをしています)。

ただし、オールドタイマーなので、乗り心地は、余り良くありません。この点は、ご了承ください。でも、注目度は抜群なので、必ず、誰かが写真に撮ってくれます(ということは、撮られては困る人は、乗らない方がいいのかな)。

|

« フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 | Main | クリスマス屋台 四方山話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオパーの「ベナツキーの夕べ」 | Main | クリスマス屋台 四方山話 »