« 隠れた世界シェアの工業製品は何か? | Main | 番外編 ユニークなバーデン祝祭劇場 »

January 29, 2008

メルビッシュのサイトに日本語版が登場!

2008_01_morbisch

このところ、日本のお客さまも増えているメルビッシュ・オペレッタ・フェスティバルですが、日本語サイトが登場しました。

http://www.seefestspiele-moerbisch.at/home/index-j.htm

今のところ、日本語版になっているのは、公演概要(今年、上演予定の「白馬亭にて」)だけですが、いよいよ本格的に日本のお客さまを誘致しようということでしょう(しかし、オンラインチケット購入のように、実は日本の個人旅行者がいちばん頼りにしているサイトが日本語版になっていないところが問題ですね。企画する側が、どの当たりをターゲットにしてサイトの日本語化を進めているのかが、はっきりしません)。

オンラインでのチケット購入に執念を燃やしているFeriに相談してくれれば、サイト日本語化のツボを、無料で教えてあげたのにねぇ。なお、公演概要の日本語訳は、なかなか良いですよ。ツボを押さえています。

ちなみに、毎年、メルビッシュのチケットは取りにくくなっており、現時点ではスタンド上部の安い席(カテゴリー8とか9)くらいしか、空席がないようです。

しかし、これには裏話があって、実は旅行会社が自社のツアーや問い合わせ用に押さえているらしいのです。そのため、現地の旅行代理店にあたると、個人申し込みでも意外と良い席を確保することができます。さらに、もう少し時間が立つと、旅行代理店からメルビッシュの事務局にチケットが戻ることがあるので、突然、良いカテゴリーの席がサイト上に出ることがあります(実は、私も、過去、それで良い席のチケットを確保したことがあります)。そのため、こまめにサイトを見ておく方が良いでしょう。

ちなみに、今年は、Feriが大好きなオペレッタの一つ「白馬亭にて」(しかも、このお話はウォルフガングゼーに面したホテルが舞台なので、メルビッシュにぴったり)なので、昨年9月の段階で、オーダーを入れておきました。11月に発売開始となり、チケットは、すでに手元に来ています。

ところで、日本語サイトの解説文、思い出せないのですが、どこかで見たような気がしてなりません(恐らく、何かの冊子だと思うのですが)。思い出したら、またお知らせします。

|

« 隠れた世界シェアの工業製品は何か? | Main | 番外編 ユニークなバーデン祝祭劇場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 隠れた世界シェアの工業製品は何か? | Main | 番外編 ユニークなバーデン祝祭劇場 »