« オペレッタのようなカフェ | Main | 芝生自動車現る »

March 26, 2008

50周年を迎えるオーストリア航空

Img_2794_01
今日は、オーストリア航空のお話ですairplane

今年、オーストリア航空は50周年を迎えることになりました。1958年3月31日、ウィーン-ロンドン間に、ビッカース・バイカウントというターボプロップ機で運行が始まったそうです。日本と同じく、第二次世界大戦の敗戦国なので、自国のエアライン再開が遅かったことがわかります。

オーストリア航空の機内誌Skylinesでは50周年記念の特集が組まれており、昔の機材や客室乗務員の制服などが紹介されています。また、今はオーストリア航空グループになっているラウダ・エア、チロリアン航空の変遷も紹介されています。

さて、そんなオーストリア航空ですが、またまた妙な塗装をした飛行機が登場しました。

EURO2008関連の塗装なのですが、同大会のスポンサーであるマクドナルドfastfoodが一枚噛んでいるようで、早い話がマクドナルドの広告飛行機です。子供達がサッカーを応援している姿が描かれています。広告ですから、機体前部には巨大な「M」のロゴが…happy02

たまたま、私が乗った飛行機が、このマック特別機だったのですが、機内はごく普通のエアバスA321です(私が何度も乗ったことのある機材です)。機内食にマックのハンバーガーでも出てきたら、笑えるのですが、機内食は普通のものでしたcoldsweats02

さて、そのマクドナルド塗装A321の勇姿をご覧ください。ところで、この写真はフランクフルト・アム・マイン空港で撮影したのですが、3月だというように吹雪…
Img_2773_01


|

« オペレッタのようなカフェ | Main | 芝生自動車現る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オペレッタのようなカフェ | Main | 芝生自動車現る »