« パンダの狂想曲 | Main | ウィーンの「お相撲さん」 »

March 09, 2008

ネトレプコ嬢、ウィーンを走る

Img_2588_1

先頃、ご懐妊が発表されて、話題になっているソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコですが、4月に上演されるウィーン国立歌劇場「マノン」(6日、9日、12日、15日)には登板するようですね(さすがに、この時期、Feriはウィーンに居るのは無理です)。

このご懐妊によって、オファーがあったザルツブルク音楽祭は欠席する旨が発表され、ファンをがっかりさせているとか(もっとも、ザルツブルク音楽祭は、出演料が安いので、ご本人も出たくないのが本音だとかいうウワサも出ていますが、真偽のほどは確かではありません)yen

さて、話題のネトレプコ嬢ですが、今、ウィーンの市内では、このネトレプコが走っています。もちろん、マラソンやジョギングをしているという訳ではありません(もしかしたら、本当に走っているかもしれませんが…)。路面電車のラッピング広告に登場し、ウィーン市内を走っているというお話です(冒頭の写真)。

この広告は、6月27日にシェーンブルン宮殿で、ローランド・ヴィラソン、プラチド・ドミンゴの合同で行われるコンサートのものです。こんなに広告に力を入れているところを見ると、チケットがあまり売れていないのでしょうかね。
ちょっと気になって、チケット販売サイトを見たら、カテゴリー1は、何と443ユーロもするではありませんかcrying

さすがに野外コンサートで、この値段はねぇ。ウィーン国立歌劇場の来日公演並みです。ちなみにお安いところでも、58ユーロだそうです。さすがにお安い席は売り切れているようですが、この料金に人数をかけ算したら…これは儲かりますなぁwobbly

ちなみにFeriはマイクを使う野外コンサートは、基本的には好きではありません。

ご興味のある方は、以下のサイトに詳細情報が出ています。

http://www.deag.de/de/classics.aspx?id=2314

ちなみに現在発表されている予定では、このコンサートを最後に、ネトレプコ嬢は産休に入るようです。

|

« パンダの狂想曲 | Main | ウィーンの「お相撲さん」 »

Comments

その「マノン」なんですが、スタンド・バイで入れているものが、現時点までで、全部アウト。
(そりゃ、安いチケットしかスタンド・バイしませんけど・・・・)
チケット・オフィスに聞いたら、プレミア付きで
一枚350~450ユーロ \(><)/
まぁ、昨年一回観ているけど・・・
例の「マノン」の口直しで、やっぱりネトレプコを聴きたかったなぁ・・・・
あと2回のチャンス。舞台見えない席でかまわないので取れたらラッキー。まぁ、無理でしょうけど(涙)

Posted by: はっぱ | March 10, 2008 at 09:25 AM

はっぱさん、深夜にもかかわらず(深夜だから)、コメントを頂き、ありがとうございます。

確かに,ネトレプコ嬢はすごい人気のようですね。Feriは残念ながら、ビデオでは見たことはありますが、本物はありません。こうなると、人気が人気を呼んで…みたいな感じになっているような気もします(負け惜しみかsad)。

最も最近、国立歌劇場の場合、「お手頃価格の席」は、まずスタンドバイでは出ないようですね。

Feriは、産休明けまでお預けです(もしネトレプコ嬢が出てくれれば…の話ですがweep)。

Posted by: Feri | March 10, 2008 at 10:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パンダの狂想曲 | Main | ウィーンの「お相撲さん」 »