« オペラ「エヴァンゲリマン」 | Main | 「ナクソス島のアリアドネ」再見 »

March 28, 2008

フォルクスオーパーの「スイス海軍」

Img_2817_01
タイトルだけ見ると、何の話題だかわからいですね。今日も、ちょっとディープなお話です。別にフォルクスオーパーで「スイス海軍」というオペレッタやオペラを上演している訳ではありません

フォルクスオーパーの1階ロビー売店では、CDやDVD、プログラムと一緒に、なぜか、お菓子を売っています。その中に「SWISS NAVY」(スイス海軍)という商品名ミントがあります。実は大人にも「隠れファン」が多いお菓子で、オペレッタのお供には最適です。

実際、カウンターの上にパッケージを並べて売っているので、フォルクスオーパー「一押し」商品なのでしょうか。
小さなミントのタブレットが70粒入っていて、お値段は3ユーロ(480円くらいでしょうか)。金属製のしゃれたケースに入っているとは言え、高い!! 日本だったら、販売価格200円くらいが適当なイメージです。最も、劇場だから高いのかもしれませんが…

興味があって、「SWISS NAVY」を作っているメーカーのWebサイトをのぞいてみました。写真は、そのトップページです。セーラー服を着た水兵さんが、商品を持ってニコリ…そのバックには、湖を疾走する哨戒艇らしき艦船が…(この写真は、明らかに合成ですよね。だって、湖畔にこんな形の良い山があることが信じられません)。そもそも、山岳国のスイスに海軍があるのでしょうか? それともお菓子屋さんのアイデアなのでしょうか?

Swissmints

で、本物の「スイス海軍」は、以下のようになっています。

スイスの軍隊は厳密には陸軍のみですが、航空隊(空軍、しっかりアクロバットチームも持っていますので、その筋では、意外と有名です)と船舶部隊(海軍と言うよりは、水軍のようなイメージですかね)も保有しています。

第二次大戦中、航空隊は中立義務を果たすため領空を侵犯する航空機を連合国、枢軸国問わず迎撃したというから、たいしたものです。 一方、「海軍」にあたる船舶部隊は、主に国境をなすレマン湖とコンスタンス湖(ボーデンゼー)に配置されているそうです

今回ご紹介したお菓子メーカーのWebサイトに載っているような哨戒艇が10から20隻配備されているそうです。

また、ご存じの方も多いと思いますが、ライン川の源流はスイスです。そのため、有事の際はライン川を遡行する大型商船を徴用し、武装する予定となっいるとか…実は、スイスは民間防衛も含めて、日本人が考えている「のどかで平和な国」ではなく、中立を守るための強固に武装している国家なのですよね。

しかし、なぜ、ミント菓子に「スイス海軍」という名前をつけたのか、その由来を聞きたいものです

|

« オペラ「エヴァンゲリマン」 | Main | 「ナクソス島のアリアドネ」再見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オペラ「エヴァンゲリマン」 | Main | 「ナクソス島のアリアドネ」再見 »