« 番外編 ドレスデン・ゼンパーオーパー(前編) | Main | フォルクスオーパー2008/2009シーズンの話題 続き »

May 18, 2008

番外編 ドレスデン・ゼンパーオーパー(後編)

Img_3917_01

さて、今日は番外編 「ドレスデン・ゼンパーオーパー」の後編です。
主に劇場内をご紹介しましょう。

○ちょっと変わった劇場の構造
座席数は1300席弱なので、実はフォルクスオーパーに近い規模の劇場ということになります。しかし、実際には、フォルクスオーパーよりかなり大きい印象を受けます。どちらかというと、ウィーン国立歌劇場に近い感じです。
これは、平土間部分が広い上に、バルコンが平土間と重なっていないためだと思われます。なお、ウィーン国立歌劇場のような個室(ロジェ)はなく、二階以上は全てオープン方式のバルコンです。

ただし、ウィーン国立歌劇場の「ミッテロジェ」にあたる区画だけは、ロジェという名称がついています(ただし、構造はウィーン国立歌劇場のミッテロジェと同じ)。ゼンパーオーパーでは、このロジェが最上級席に位置づけられています。
Img_3928_01_2

平土間については、中央に通路はなく、両側からしか入ることができません。そのため、自分の席が中央部の場合は、ちょっと大変です(何しろ40席以上ある列があります)。なお、前方の両翼は見にくいためか、料金カテゴリーが下になっています。このあたりの配慮はおもしろいですね。

Img_4238_02

実際、Feriは平土間を選んだのですが、実はウィーン国立歌劇場よりも後ろに行くに従って傾斜がきついようで、最後列当たりでも舞台が意外に見えました。バルコンについては実際に座っていないので、何とも言えませんが、かなり段差がついているようなので、意外と見やすそうです(少なくともウィーンのように「完全に舞台が見えない席」というのはなさそうです)。

ところで、ウィーンでは舞台袖のロジェも販売していますが、ゼンパーオーパーでは、現在、照明スペースに当てられています(ただし、作りを見ていると、以前は座席として使っていたかもしれません)。

Img_3930_01

おもしろいのは、空調システムです。
というのは写真のように平土間の座席では、背もたれにスリットがあり、ここから空気がでるようになっています。
実は、最初、このスリットが何だかわかりませんでした。ふと、手を当てたところ、風が出ていたので、空調の吹き出し口だとわかった次第です。

このシステムを考えたのは、恐らく、天井画があるため、天井に加工できないために考えたものだと思います。直接空気にあたることもありませんし、空気の循環もうまくいきそうです。さすが、ドイツ人

Img_4259_01

入り口を入ったところは、ロビーというよりは通路なので、狭い印象を受けます。歓談できる広い場所は、実は二階両翼にあるロビーです。ここには、イスなども置かれており、自由に過ごすことができます。この前、訪問した時は、ここからテラスに出ることもできました。

ところで、劇場内は 禁煙のようで、たばこを吸うときは、劇場の外(テアタープラッツ)へ出る必要があります。休憩時間に外へ出る際は、係員から「一時出場カード」を受け取るようになっていました(再入場時に、このカードがチケットの代わりになります)。

下の写真は、中央玄関を入ったところのロビーというか廊下です

Img_3919_01

○ビュフェは、どこに?
Feriは お酒に目がないものですから、オペラやオペレッタ鑑賞のときも、つい一杯やりたくなります。

で、ゼンパーオーパーのビュフェはどこにあるのかと探したところ、何と地下にありました。入り口を入った向かいはクローク(円形です)になっており、階段で下におりると、そこに レストランが現れます。

カウンターの向かいは立ち席ですが、奥にはウィーンと異なり、テーブルとイスがセットされたコーナー(かなり広い)があり、温かい軽食も提供されていました。レストランでのビアは、当然、生 (こだわりのドイツ)。

Img_4232_01


一方、二階のギャラリーには 飲み物を販売するワゴンが、左右に出店します。こちらも開演前と休憩時間に営業しているようです。ワゴンなので飲み物の種類は少なめですが、大きめのプレッェルも売っていました。正装したおじさんが、シャンペンと一緒にプレッツェルを食べている姿を目撃しましたが、ドイツでは、これが一般的なのでしょうかね(そういえば、バーデン・バーデン祝祭劇場でもプレッェルを売っていました)。

○チケット販売所とスーベニアショップ
劇場の正面玄関を入ったところにも 当日券売り場はあるのですが、これは、開演直前だけしか営業していません。通常、前売りおよび当日券は、テアタープラッツにある観光案内所の建物内のカウンターで販売しています。

また、 ゼンパーオーパーのオリジナルグッズについては、正面玄関を入ったところで販売しています(ただし、ここもワゴン)。
ただし、公演によっては、スーベニアショップが営業していないこともあります(商売気が少ないような…)。この場合は、同じフロアにあるプログラム販売所の係員にお願いすると、お土産物も売ってくれるようです。ちなみに「ランメルモールのルチア」の時は、さすがに売店もオープンしており、ゼンパーオーパーのオリジナルグッズ以外にも、劇場の絵はがきやCD、書籍(ゼンパーオーパーのガイドブックもありました)なども販売していました。

なお、営業しているところは見なかったのですが、劇場には行って左側奥に各種のスーベニアを集めた立派な売店がありました。何故、ここを使わないのでしょうね。もっとも、日によっては営業しているのかもしれません。

Img_3925_01

ゼンパーオーパーの詳細は、同劇場のWebサイトをご覧ください。

なかなか見所の多い歌劇場なので、機会があったら、皆様もぜひ一度訪問されることをお勧めします。エルベ川沿いの旧市街にあり、なかなか趣のあるエリアなので、お楽しみいただけると思います

|

« 番外編 ドレスデン・ゼンパーオーパー(前編) | Main | フォルクスオーパー2008/2009シーズンの話題 続き »

Comments

こんにちは
ゼンパーオーパーを調べていまして、ここに辿り着きました。
自身音楽で生きている身なのですが、オペラには本当に疎くて。。。
2月の演目トスカを見に行こうと思っています。チケットはまだ残っているのですが、
席が端の方ではどうなのだろう・・・と思いまして。。。
見えるといっても、舞台全体は望めないでしょうか・・・。
いきなりの質問で申し訳ありません。

Posted by: ぴあの | November 05, 2008 01:46

ぴあのさま、ご質問、ありがとうございます。
問題は、「端の方」がどこのブロックかにもよります。平土間の中央部くらいでしたらば、席が端でもほとんど問題はありません。

バルコンだと、厳しい場合もありますね。

私が見たときは、前から平土間の前から5列目くらいの端の方でしたが、舞台は十分見ることができました。

もう少し具体的な情報をいただけると、より詳しくご案内できると思います。

どうぞ、これからもお気軽にお立ち寄りください。

Posted by: feri | November 05, 2008 07:44

さっそくお返事ありがとうございました。
2RANGの左の水色の席あたりだと
やっぱりよくないですか?
とりあえず、残りの席が少なかったので
予約してしまいました。
PARKETTの席でも端の方しか
残っていなかったようだったので・・・。
別日で一番前の席がありましたが
一番前で聞くのはどうなんでしょうか?
オペラに全く疎く、大きな歌劇場でオペラを聴いたことがありません。
近々ウィーンでも聞いてみたいですね。
私の住む町のオペラは
大変ひどいんです(ドイツに住んでいます)。

Posted by: ぴあの | November 06, 2008 02:11

ぴあのさま、ドイツからお越し頂き、ありがとうございます。

ドレスデンでは2RANGで観たことはないので、はっきりしたことは申し上げられませんが、舞台が1/3くらい見えないかもしれません。

ところで、最前列ですが、舞台はよく見えますが、オーケストラの音はあまり良くないのが一般的です。オーケストラの音という点では、中央広報のミッテロジェが一番良いようです。その代わり、舞台が遠いので、歌手の表情などはオペラグラスを使わないとよく見えません。一長一短ありますね。

それからぴあのさまもご存じかと思いますが、ウィーン国立歌劇場では、「完全に舞台が見えない席」があります。ロジェの三列目あたりです(13番~11番は大丈夫ですが)。そのため、お値段も安いですが。

Posted by: feri | November 06, 2008 07:37

丁寧なご返事本当にありがとうございました。とっても参考になりました。
2月のトスカを見に行ってきます!
結局平土間の後部の真ん中の席が
空いていたので、それにしました。
(一緒に行くお友達の関係で、一番高い席はダメ。。と言うことで)
オペラグラス片手にステキな夜を過ごしたいと思います。
いつも、時間があれば、立ち見でも!
という簡単な距離のコンサートばかりだったので、今頃2月のチケットを取るなんて
私にはずいぶん慎重な感じなんです。。。
またちょくちょくブログに遊びに来ますね!

Posted by: ぴあの | November 07, 2008 03:16

ぴあのさま

どうぞ、これからもお気軽にお立ち寄り下さい。また、ドレスデンでご覧になった「トスカ」のご感想もお寄せいただければ幸いです。

Posted by: Feri | November 07, 2008 09:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 ドレスデン・ゼンパーオーパー(前編) | Main | フォルクスオーパー2008/2009シーズンの話題 続き »