« フォルクスオーパー日本公演が終わって | Main | 劇的なドロー“プラターにふたたび夢が咲く” »

June 11, 2008

市内交通にご注意

Img_2613_01

いよいよEURO2008が始まりましたが、我がオーストリアは、案の定、初戦は負けてしまいましたね。

さて、試合の結果は別にして、決勝戦が行われるウィーンでもファンゾーン(Fan Zone)が設けられています。

ファンゾーンは、ラートハウスプラッツ (Rathauspark)と英雄広場(Heldenplatz)間を結ぶリンク・シュトラーセ(Ringstraße)に設置されており、試合中にスタジアムの外でも7万人が観戦できるように大型スクリーンが設置されています。

また、各種の催し物が開かれるため、6月1日から7月4日までの期間、リンクは一部で一般車両の通行止めとなり、路面電車も運行形態が変更されています。

まず、リンクを周回している1系統と2系統は、期間中は東半分だけの運行となり、1系統として運転されています。

また、リンクへ乗り入れるJ系統はバス代行となり、D系統はリング東側を迂回運転しています。その他にも、試合当日は、増発や終電の延長なども予定されていますが、この期間、オペレッタやオペラ鑑賞でウィーンを訪れる皆さまは、市内の移動にはご注意くださいね。

詳しくは、Wiener LinienのWebサイトをご覧ください。

|

« フォルクスオーパー日本公演が終わって | Main | 劇的なドロー“プラターにふたたび夢が咲く” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパー日本公演が終わって | Main | 劇的なドロー“プラターにふたたび夢が咲く” »