« 市内交通にご注意 | Main | 養生シートあれこれ »

June 13, 2008

劇的なドロー“プラターにふたたび夢が咲く”

Laz_0038_wien

Feriは、あまり フットボールには関心がないのですが、地元オーストリアが昨日、劇的な引き分けで、勝ち点1を上げましたね。後半、ロスタイムでのPKによる得点 …さぞや地元は盛り上がった(興味のない人は、大迷惑)だったことでしょう

ところで、PKを決めたバスティッチという選手は、以前、Jリーグの名古屋グランパスエイトに所属していたとか…

で、現地新聞の見出しがわかりました。

“ポロネーズからワルツに”
“プラターにふたたび夢が咲く”

ウィーンらしいセンスを感じますね。特に二つ目は、シュトルツ「プラターにふたたび花が咲く」をひねっている訳ですから、見事です。座布団一枚

しかも、このBグループでは1位通過が確実視されていたドイツが、クロアチアに敗れる大波乱。 B組は1試合を残し、クロアチアが勝ち点6で1位、ドイツが同3、オーストリアとポーランドが同1で続いているので、確率は低いもののオーストリアも「決勝リーグ進出の道」が残されています。ガンバレ、オーストリア

さて、冒頭の写真はオーストリア国防軍のWebサイトに掲載されていたウィーンのスタジアム上空をフライバイするユーロファイターです。なお、EURO2008では、会場の警備や設営などに国防軍も全面的に協力しているようですね。

下の写真を見て、びっくり仰天。何と、VIP輸送のために市内中心部、フォルクスガルテンに軍用ヘリコプターが着陸しているではありませんか  試合もさることながら、サポート体制も、やることが大胆ですね。

Mkw_8866

|

« 市内交通にご注意 | Main | 養生シートあれこれ »

Comments

The comments to this entry are closed.