« アン・ディア・ウィーン劇場 四方山話 | Main | ただいま広告塔を搬入中 »

July 24, 2008

番外編 その名は「11番線」

Img_5135_01

今日は「番外編」です 。以前、ウィーンの模型店事情を当ブログでご紹介しましたが、「玩具店や模型店の本場」と言えば、何と言ってもドイツでしょうね。模型やおもちゃの「伝統的メーカー」が多数存在しますので…

さて、先日、グルベローヴァとガランチャ出演の「ノルマ」を観るため、ミュンヘンに行ったときのことです。「オペラは夜」なので、昼間はお暇…で、例によって市内を散策していました。今から20年以上前、実は「ある仕事」の関係でミュンヘン中央駅によく出入りしていました。懐かしかったので、中央駅も散策しましたが、発着する列車は、20年前とは一変しており、時代の流れを痛感しました(当たり前ですよね)

プラットホーム(ドイツ語では、Bahnsteigだったかな)で発着する列車を眺めていたところ、ホーム越しに鉄道模型メーカーのロゴが見えました。よく見ると、鉄道模型店のようです。
Img_5205_01

つまり、駅の構内に鉄道模型店ができていたのです。どうやら駅の再開発の一環として建てられたビルの1階に鉄道模型専門店が入ったようです。ちょっと時間があったので、のぞいてみたのですが、見事な品揃えでした(専門店なのだから、当たり前ですが)。

鉄道模型と同じ縮尺の自動車などは扱っていましたが、鉄道模型専門店でした。この模型店に行く一番便利な方法は、11番線のホームを歩いていくことです。幸い、ドイツでは、長距離列車が発着する駅のホームには自由に入ることができます。そのため、お店に行くのに切符を買う必要はありません。鉄道ファンは駅に集まるケースが多いので、駅構内に鉄道模型専門店があれば、確かに便利ですね(そういえば、空港には航空ファン向けのグッズを売っているお店が入っているケースがありますね。これと同じでしょう)。

で、気になる鉄道模型専門店の「屋号」ですが、ずばり「11番線 Gleis11」という訳です。直球勝負のところはドイツらしい気もします

Img_5204_01

|

« アン・ディア・ウィーン劇場 四方山話 | Main | ただいま広告塔を搬入中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アン・ディア・ウィーン劇場 四方山話 | Main | ただいま広告塔を搬入中 »