« 「ルイサ・フェルナンダ」 ドミンゴ見参 | Main | 宴の後は…EURO2008の足跡 »

July 10, 2008

創刊20年を迎えた「月刊ウィーン」

Img_5800_01

ウィーンで毎月発行されている日本語の情報誌「月刊ウィーン」が、このほど創刊20年を迎えました。日本からウィーンを訪れた観光客の皆さまは、恐らく一度はご覧になったことがあると思います。最近は、ウィーンに所蔵されている名画が表紙に掲載されている格調高い新聞形式の情報誌です

オペラやオペレッタはもちろん、教会音楽などウィーン市内で開催される各種の催しものが、細かく掲載されているので、大変便利な資料で、Feriも最初にウィーンを訪れた頃は、よくお世話になっていました。

もちろん、こういった情報意外にも、連載のエッセイなどもあり、読み物としても楽しめる内容になっています。以前は、インターネットを利用して各種情報を入手することなどは、考えられませんでしたから、様々な情報がまとめられている「月刊ウィーン」は便りになる存在でした。
実際、Feriも現地で、この記事からコンサート情報などを入手し、出かけていったことも多々あります。

また、編集者は現地にお住まいに福田さんという方で、単に情報の整理にとどまらず、実際にご自分が取材をされて、その模様も写真入りで掲載されています。そのため、普通では見落としてしまうような情報が掲載されている点も興味深いところでしょう。

Feriは、以前、たまたま他の方のご紹介で福田さんとお目に掛かったことがあり、オペレッタの話で盛り上がった記憶があります。最近は、インターネットが普及してきて、日本にいながらリルタイムで情報が入手できる時代になりましたが、インターネットが苦手な方もいらっしゃるわけですから、今後も末永いご活躍を期待したいと思います

なお、同誌は日本でも定期購読が可能です。詳しくは編集部 お問い合わせください。

|

« 「ルイサ・フェルナンダ」 ドミンゴ見参 | Main | 宴の後は…EURO2008の足跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「ルイサ・フェルナンダ」 ドミンゴ見参 | Main | 宴の後は…EURO2008の足跡 »